*

小山珠美(看護師)wikiプロフ経歴や家族、病院はどこ?摂食嚥下のプロ!NPO法人と著書・講演をチャネる!【プロフェッショナル仕事の流儀】

   

小山珠美

出展:www.kango-roo.com

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は看護師のNPO口から食べる幸せを守る会の小山珠美さん(看護師)♪

【プロフェッショナル仕事の流儀】に出演されるのです♪

看護師としてだけでなく、医療セミナーの講師としても活躍していて、その経歴は華々しいものです!

最期まで口から食べる支援、摂食嚥下リハビリテーションの領域では、小山さん抜きでは語れない方です!

タロット✖チャネリングで勝手にチャネプロファイリング致します~☆

スポンサーリンク

小山珠美さんのプロフをチャネる!Wikiチャネプロファイリング

【名前】小山珠美(こやま・たまみ)

【生年月日】不明(59歳 2016年執筆時)

【星座】不明

【タロットカード】ペンタクルスの6

【学歴】国立病院機構熊本医療センター付属看護学校(1978)
神奈川県立保健福祉大学実践教育センター教員養成課程看護教員コース(1986)
放送大学大学院文化科学研究科環境システム科学群卒業(2005)

【経歴】

1978年 神奈川リハビリテーション病院で働き始める

1987年 厚木看護専門学校 看護第一科教員に就任

1995年 七沢リハビリテーション病院血管センター看護師長に就任

2001年 神奈川リハビリテーション病院 看護師長に就任

2005年 愛知県看護協会 認定看護師教育課程「摂食・嚥下障害看護」
主任教員に着任

【職業】看護師/医療セミナー講師(NPO法人口から食べる幸せを守る会理事長)

いつまでも、自分の口でおいしく食べたい・・・誰もが願いますが・・
医療経済研究機構が先進8か国を対象に行った比較調査によると、日本は食べる機能が衰えた人に経管栄養(胃ろうなど)を施す傾向がとりわけ強いことがわかっているのです。
正直言いますと・・・その方が介護側が楽だったりするとも聞いたことがあります。

もちろん現実的に、脳卒中や肺炎にかかったことをきっかけに、医師から「食べることあきらめるように」と指示される高齢者は少なくないのです。

そんな中、「食べる機能を回復させる技術」を磨き上げてきたプロフェッショナルが小山珠美さんなんですね!

神奈川の病院の看護師に勤務されて、これまで小山さんが担当した急性期脳卒中の患者およそ二千人の9割が、再び食べることができるようになったと言われています。

実績の背景にあるのは、小山の徹底した「観察眼」。
何が出来るか、どうすれば食べられるか、を突き詰める。食べる喜びを守るため、患者たちの願いに寄り添う、医療現場の日々に密着しています。

摂食嚥下のプロである小山珠美看護師ですが、忙しい中でご結婚されたり、家族との時間はあるのでしょうか?

結婚や旦那様、お子さんのことを調べてみましたが、情報はありませんでした。
プライベートのことなので、公表はされていません。

看護学校で後続の看護師を育てながら、自分自身も勉強を続け、さらに職場では病気で食べるのをあきらめた人たちに寄り添ってもう一度食べる喜びを取り戻すべく奮闘されているとチャネる!

スポンサーリンク

摂食嚥下とは?チャネる!

摂食……食べること

嚥下……飲み込むこと

この二つの能力はうまく機能しない限り、意識する人はほぼ皆無だと思います。

しかし、病気や加齢のせいで、この二つの機能がうまく働かなくなると、口から食べ物を入れて食べるという当たり前のようなことができなくなってしまうのです。

おいしいものを食べて幸せだと感じる、人間にとって欠かせない幸せの一つだと思います。

それができなくなってしまった患者さんのための治療法がこの摂食嚥下療法だといいます。

小山さんは、声のかけかた・座り方・食器の使い方などあらゆる角度から食事介助し、患者に寄り添ってくれる素晴らしい看護師さんなのだそうです!

摂食嚥下の治療法とは?チャネる!

高齢化先進国といわれるわが国では、総人口に占める65歳以上の割合が23.1%に達しています。中でも深刻なのが、75歳以上の後期高齢者の急増です。

こうした現象は、社会のさまざまな側面に多大な影響を及ぼし始めていますが、深刻な課題の1つが、療養病床の入院患者や特別養護老人ホーム・老人保健施設の入所者の4割以上が抱えている摂食・嚥下障がいへの対応なんです。

摂食・嚥下とは、口に入れた食べ物を歯や舌で咀嚼し、飲み込みやすい塊(食塊)を形成した後、舌の運動によって咽頭へ送り込み、嚥下反射で食道へ、食道のぜん動により胃へと送る5段階の過程を指します。

これらの一連の動きは、一瞬(1秒以内)のうちに起こるものですが、このいずれかの段階もしくは複数の段階で何らかの問題が発生する状態が摂食・嚥下機能障がいです。

摂食・嚥下機能

出展:http://www.engesyoku.com/

食・嚥下障がいによって引き起こされる主な問題として、下記の3つが挙げられます。

①QOLの低下   ②低栄養・脱水症   ③誤嚥・窒息

当事者である患者さんや高齢者に大きな苦痛をもたらすばかりでなく、病院の効率的な医療活動や経営を阻害する深刻な要因になっています。

これらの問題の防止・改善を図る有効な手段として、最近関係者の強い関心を集めているのが、科学的な基準にもとづく適切な嚥下食の提供です。以下にそのポイントを紹介します。

①「口から食べる」ことでQOLの低下を抑制

 私たちは、日々の食事からさまざまな栄養成分を吸収し、必要なエネルギーを創造し続けるとともに、おいしさや香ばしさ、みずみずしさなどを味わうことで、「生きる喜び」を実感し、新たな気力を産み出す力にしています。

そうした食事のもつ精神面の作用は、「口から食べる」ことによって初めて機能します。
さらに、脳や口腔、咽頭、さらには食道、胃、大腸をはじめとする各消化器官の機能を動かすことで、人間がもつ複雑な活動を正常にバランス良く維持することができます。

このように「人間が人間らしく生きる」うえで、「口から食べる」ことは、欠かすことのできない大切な条件と言えます。

したがって、摂食・嚥下機能の低下した高齢者の方々にとっては、残されている「口から食べる」能力を使って栄養摂取を図りながら、機能回復のためのリハビリテーションへと導く嚥下食は、QOLの低下を防ぎ、生きる喜びと意欲をもたらす重要な働きをもつものなのです。

② 低栄養の予防・改善に貢献

 わが国では、病院に入院したり、介護施設に入居している高齢者の約40%が、低栄養状態であるといわれており、その大きな原因の1つとして摂食・嚥下障がいが挙げられています。
  • ◉ 低栄養に陥る主な原因
  •  摂食・嚥下機能の低下により、十分な食事がとれない。
  •  認知症やうつ病などの影響で食べる意欲が低下。
  •  身体上の障がいがあり、食事をとりにくい。
  •  食事内容に対する誤った認識や極端なこだわり。
  •  間食のとり過ぎ。
 低栄養は、以下のようなさまざまな問題と深い関わりをもつことから、適切な嚥下食の提供をはじめ、経腸栄養剤や輸液の使用など、医師や本人・家族と相談しながらさまざまな対策を講じる必要があります。
  • ◉ 低栄養に伴う主な問題
  •  免疫が低下し感染症などの病気にかかりやすい。
  •  病気になると回復しにくい。
  •  褥創ができやすく治りにくい。
  •  ADLが低下する。
  •  QOLが低下する。
③ 誤嚥事故を防止
誤嚥の構造図
誤嚥

出展:http://www.engesyoku.com/

 誤嚥とは、食道に入るべき食べ物や唾液が気道に入ってしまう状態を意味し、誤嚥物に付着した菌によって肺炎を発症するなど、深刻なリスクにつながります。

健常者の場合は、気道に食べ物などが入るとむせを起こし、咳とともに戻すことができます。
ところが、嚥下機能が低下した人の多くが、むせる力すなわち吐き出す力が弱いため、食べ物や唾液が気管や肺の中まで入ってしまう危険性が高く、窒息を引き起こす場合もあります。

後期高齢者の増加に伴って、誤嚥事故も増加の傾向にあることから、摂食・嚥下機能の正確な診断・評価の方法と対応する食事の形態や物性に関する基準の確立が強く求められています。

看護師・小山珠美、どこの病院に勤務されているの?チャネる!

小山珠美さんが勤務しているのは社会医療法人三思会です!

社会医療法人三思会

出展:http://kimamana-topic.com/

そこでは摂食嚥下サポート担当の看護師として活躍していて、ほかにも、厚木クリニックの摂食嚥下外来に1日1~4名ほどの患者さんを担当しているそうです。

・社会医療法人三思会 東名厚木病院

住所:神奈川県厚木市船子232

電話番号:0462291771

・社会医療法人三思会 東名厚木クリニック

住所:神奈川県厚木市船子237

電話番号:0462293377(代表)

NPO法人「口から食べる幸せを守る会」とは?チャネる!

小山珠美さんは2012年にはNPO法人「口から食べる幸せを守る会」設立し、直接的な医療活動だけでなく,口から食べることの大切さについての普及・啓発活動も行い,よりクオリティーの高い食支援ができる人材育成を図っています。
これからはますます後進の教育にも力を入れていかれるとチャネる!

事業概要としては、

講演・講座、実技セミナー、研修などさまざまな事業を通して、口から食べることの重要性や技術のスキルアップを目的とした普及・啓発活動を行います。当事者・家族、保健・医療・福祉関係者、行政、一般企業などと協力しあい、口から食べ続けることで幸せ感じられ、笑顔溢れる社会が実現できるよう活動の輪を広げていきます。

     引用:NPO法人「口から食べる幸せを守る会」

口から食べる事は、毎日の楽しみで幸せです。
それが色々な要因によって出来なくなると、生活に楽しみがなくなりとても辛いです。。
相談できるところがあるだけでも、かなり救われる方もいらっしゃいます。
現在「口から食べる幸せを守る会」では食べることに関した相談が殺到していて
対応が困難な状況らしいです。
そのくらい悩んで困っている人が居るとチャネる!

こちらのサイトに全国摂食嚥下相談医療機関があります。
のでチェックして困っているご親類の方や友人に教えてあげるだけでも、貢献活動になるとチャネる!
⇒NPO法人「口から食べる幸せを守る会」

小山珠美看護師の著書や講演会も気になる!

看護師の勉強用にもなりますし、在宅で使用できるように書かれた著書もあるので参考になりますね。

そして講演会についてですが、NPOの活動として2016年7月2日(土)に横浜で開催されるようです。全国大会と書いてありますが、活動の事例等が聞けるのかもしれませんね。詳しくはNPO法人のホームページで確認してみてください。会員になっていなくても参加できるようですが、参加費が変わってくるようです。

小山珠美

出展:http://fulloflovemy99.com/

そのほかにも、小さい規模で勉強会のようなものも行っていると過去の情報がありましたので、今後も開催されると嬉しいですね。

タロットチャネリングで小山珠美さんの人物像と今後をチャネる!


小山珠美さんは
ペンタクルスの6」正位置です!

ペンタクルスの6

カードの意味をチャネリング!

★社会貢献しましょう。今手にしている富は個人のがんばりだけで手に入れたものではありません。

★助けてもらった時のことを思い出しましょう。今度はあなたが助ける番です。
正当な評価を求めましょう。いずれ社会のために自分を提供すべき人になります。

★あなたが得るべき報酬はあなた個人のためだけの分ではありません。将来に活動する時のための資金も、今あなたが得るべき報酬なのです。

★ウソ、偽りを見抜きましょう。本当に必要としている人に与えるべきです。

★あなたを本当に必要としている人は、あなたとは別の場所にいます。あなたは彼らを救うためにその場所に近づかなくてはなりません。

小山珠美さんへのタロットチャネリングメッセージ

小山珠美さんの草の根活動は医療現場の在り方も変えています。
今後もいつまでも、自分の口でおいしく食べたいという人間らしい要求を叶えていく看護師さんとして活動されていくことでしょう。

小山さんのような活動ができる医療現場の方々も増やしていき
日本は日本は食べる機能が衰えた人に経管栄養(胃ろうなど)を施す傾向がとりわけ強いので
そういう流れを新しい方向に変えられるとチャネる!

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

関連記事です♪

⇒スガシカオ本名、結婚と嫁、子供は?離婚と独立のストレス?耳の病気をチャネる!

⇒TENGA社長・松本光一wikiプロフ・経歴と年収!グッツ誕生の感動秘話をチャネる!

⇒リーフラス社長・伊藤清隆・経歴プロフと年収は?子供スポーツ教室日本一の商才をチャネる!【カンブリア宮殿】

⇒ファクトリエ山田敏夫の経歴と収入・世界に通用する日本製の一流ブランドをつくる挑戦!

スポンサーリンク

 - 医療, 病気