*

小保方晴子の現在!研究は正しかった?自宅、家族や旦那の存在とあの日をチャネる!

      2016/05/27

小保方晴子

出展:girlschannel.

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人はSTAP細胞の騒動の小保方晴子さん♪

2016年に入ってから、小保方晴子さんも自身の手記「あの日」が話題になったり、
警察に事情聴取をうけたりと、ニュースの表舞台に出ることが
多くなってきました!

「あの日」を2016年1月28日に発売されていてベストセラーになっています!

そして・・・小保さんは、2016年5月24日発売の「婦人公論」(6月14日号)で作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)と対談され

2年間の心情を明かし、涙をぬぐう写真も掲載されたようです!
以前と比べて頬のあたりがかなり痩せてコケています・・・。

⇒【画像】激ヤセした足がガリガリの小保方晴子さん①

⇒【画像】激ヤセした小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さん②

⇒【画像】小保方晴子さん瀬戸内寂聴さんとの笑顔UP③

⇒【画像】やつれた小保方晴子さん涙を流す④

一体小保方さんに何があったのか?真相をチャネる!

仕事を失ってしまった今、結婚して家庭に入るという選択も?
そんな小保方晴子さんに、現在、夫や旦那はいるのでしょうか?

星座占い✖タロット✖チャネリングを勝手にチャネプロファイリング致します~☆

スポンサーリンク

小保方晴子さんのプロフをチャネる!Wikiチャネプロファイリング

【名前】小保方晴子(おぼかた・はるこ)

【生年月日】1983年9月25日 (32歳 2016年執筆時)

【星座】天秤(てんびん)座

【タロットカード】

【出身地】千葉県松戸市

【中学校】松戸市立第六中学校

【高校】東邦大学付属東邦高等学校

【大学】 早稲田大学理工学部卒業応用化学科

【大学院】早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了

【研究分野】生物学、化学、組織工学

【研究機関】 早稲田大学東京女子医科大学
ブリガム&ウィメンズ病院
(ハーバード大学医学大学院)
理化学研究所CDB

【指導教員】常田聡、大和雅之、岡野光夫、C.A.Vacanti、小島宏司

【主な業績 】細胞シートの研究

STAP研究(STAP、STAP細胞、STAP幹細胞、FI幹細胞)

【影響を受けた人物】 笹井芳樹

【主な受賞歴】 日本再生医療学会総会・ベストポスター賞

【家族】父・母・2人の姉(1人は双子)の5人家族

父・小保方一夫(おぼかた・かずお)さん/元三菱商事のやり手商社マン
2009年からは「千代田化工建設」取締役常務執行役員として働いています。

母・小保方稔子(おぼかた としこ)さん/帝京平成大学臨床心理学専攻の教授。
お茶の水女子大学大学院で修士も取得した経歴も持っています。

姉・小保方晶子(おぼかた・あきこ)さん/白梅学園大学の准教授を務める、

最初に結論から言ってしますと、
やはり、結婚したという情報はまだ出てないようです!

恋愛してそうなイメージはあるんですが、これまで彼氏の噂や、
好みのタイプなどの報道はあったのでしょうか?

小保方晴子さんは、理研では、上司であるおじさまたちと関係が?
なんて下世話な取り沙汰がされていたようです・・・

以前、会見のときには、
ヴィヴィアンウエストウッドの金色の指輪をしていたことで、話題になりました。

小保方さんは、研究でも
「おばあちゃんのことを思い出せる」と割烹着を着るくらいですから、

なにか”願掛け”っぽいことが好きそうですよね。
そういう意味で、誰か大切な人からの特別な指環だった可能性は高いんじゃないかとチャネる!

また、唯一、彼氏?の噂といっていいのは、早稲田大学時代の友人の談。
小保方さんの当時のエピソードとして、
あるA君という男性にストーカーまがいのことをしていたと証言しています。

私はA君の彼女なの。一緒に帰って、こないだは家にも行った。
A君の部屋は階段を上がった2階にあって…

と小保方さんが話していたので、後でA君に確認してみたところ、
一緒に帰ったこともないし、家や部屋に来たこともなかったそう。

ちょっと、虚言癖なところがあるんでしょうか?
妄想癖というか・・・どこまで本当なんでしょうか??

原因となったSTAP細胞事件とは?チャネる!

小保方晴子さんが「研究者」として注目を浴びたのは2014年1月28日のこと。
あらゆる細胞に分化することができる万能細胞「STAP細胞作製に成功した」と科学誌「ネイチャー」にて論文を発表したからです。

ネイチャー

出展:http://neta7.com/

一時は世界的から注目され、「STAP細胞はある」と信じられていました。
それが論文が発表されてすぐ「不正」「改ざん」があったと指摘があり、2014年7月には論文を正式に取り下げる手続きが行われました。

STAP細胞は簡単に言うと、「何にでも変身できる万能細胞」。
人間の体の細胞は、決まった細胞にしか分裂できません。

筋肉の細胞なら筋肉の、そして皮膚の細胞なら皮膚の細胞にしか分裂できないということです。
しかし、STAP細胞があればどの細胞にも分化できるため、医療分野で新たな治療法開発ができる可能性があります。

人類にとって画期的な発見になるため、世界が注目して多くの期待がかけられるのも当然です。

論文で小保方晴子さんは「STAP細胞作製に成功した」として検証実験結果などを載せています。
しかし、証明となる写真が別のところからとってきた写真を切り貼りしたものだったり・・・

論文の一部がまるっきりコピペだったりと次々と不正が発覚してしまったのです。

それでも「STAP細胞はあります」「実験には200回以上成功しています」などと反論していましたが・・・

結局、他の研究者が論文通りに作製しようとしてもできなかったということで、「小保方晴子さんの不正」という結論になり、論文が撤回されてしまいました。

さらに早稲田大学時代に取得していた「博士号」も2015年11月2日に取り消すことが正式に決定しています。

これについては、早大側が「約1年の猶予期間のうちに論文を再提出すれば学位を維持できる」と言っていたにも関わらず、再提出できなかったことが原因ですね。

STAP騒動で卒論も見直されたとのことなので、実際には約9か月くらいの猶予だったということでしょうか?

小保方晴子さんは正しかった?STAP細胞は存在する?チャネる!

小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載されました!

それは、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見したと論文で発表されたようです!

題名は『損傷誘導性の筋肉由来幹様細胞』で英文の頭文字「injury induced muscle-derived stem cell-like cells」からiMuSCsと名付けられ、それを証明したものはヴォイニッツ論文と呼ばれている。
キンガ博士は同論文の要旨をこうまとめているのです・・・

「我々は最近、損傷を受けたマウスの骨格筋のなかに、新しい幹細胞の集団を発見しました。このiMuSCsは、分化した筋原性細胞が部分的に初期化されたものであり、多能性によく似た状態を示しました。」

同論文では、マウスの骨格筋肉の細胞が怪我の外的刺激によって初期化の変化が見られ、それを単離して培養したところ、細胞が多能性を示し、幹細胞状態(ES細胞様)になった成果を報告している。

iMuSCsでのキメラマウス実験では、皮膚、筋肉、心臓、肺、腎臓、脾臓、および脳などの組織をつくったことが証明された。しかし、生殖機能の臓器をつくる能力はまだ証明できておらず、今後の研究の発展が期待される。

同論文には、小保方氏がストレス刺激で細胞の初期化を報告した「STAP細胞論文」の実験結果とよく似た部分があり、いくつかの共通点が確認できる。

それは、「外的刺激で体細胞が初期化し、分化が可能な多能性を示した」という部分だ。

つまり、STAP現象が確認されたということになる。

スポンサーリンク

STAP現象が証明された?小保方晴子氏を正しかったとする記事はデマ?

では、そもそも STAP現象とはなんだろうか・・・??

それは2014年1月30日に「マイナビニュース」に掲載された記事
理研など、動物の体細胞を万能細胞(多能性細胞)へと初期化する新手法を開発』に詳しく書かれているのでチェックされてください。

概略すると、同記事では細胞外刺激による体細胞からの多能性細胞への初期化現象をSTAP現象、それから作製された新たな細胞をSTAP細胞と呼ぶ、としています。

つまり、キンガ博士は損傷したマウスの骨格筋からSTAP現象を確認し、それを取り出して培養し、多能性を持たせた細胞をiMuSCsと名付けたのだ。

発見と作製方法は違っていても、理研が定義したSTAP現象と同じ原理だといえよう。

こちらに興味深い文章がある・・

小保方氏は理研から研究不正の認定を受けた。それは実験部分ではなく、論文構成上のミスである。データの切り貼りなどは論文に付記されるデータ画像を見やすくするためのもので、実験結果のねつ造ではなかった。

画像の不正引用とされるものは本人の学位論文からの引用で、他人のデータを論文に持ち込んだのではない。

早大の学位論文は「コピペ、盗用を多用」と報道されたが、それは誤って提出した論文の下書き、草稿のことであり、本稿への評価ではなかった。早大は草稿の評価を「調査報告書」で公開したのだ。

 STAP細胞問題は、どこかで、小保方さんの論文構成上のミスを「実験ねつ造」や「研究不正の常習犯」として論点のすり替えが行われたような気がしてならない。

大切なのは発見であり、その可能性へのチャレンジだ。メディアを含めた世間は、細かな書類上のミスにこだわり、発見や可能性への出発点を握り潰していたのではないだろうか。

iMuSCs発見により、「体細胞の刺激による初期化」への小保方氏のチャレンジは正しかったことが証明された。

この研究の進歩より、万能細胞で再生医療の新たな領域が開かれるかもしれない。いつでも再生医療が受けられるように、自分の細胞を特殊なカプセルに入れて持ち歩く時代が来るかもしれないのだ。

現代では当たり前になっている「血液型」は、1900年にオーストリアのウィーン大学の病理学者カール・ラントシュタイナー博士によって発見された。

博士が発見したのは今日で言うABO型までだったが、その発見より前に「血液には4種類のタイプがあり、輸血で混ぜると最悪の場合は死んでしまう」と言っても誰も信じてくれなかっただろう。

今回のキンガ博士の報告を受けて、我々はもう一度、このSTAP細胞問題を立ち止まって考えることが必要なのではないだろうか。

(文=上田眞実/ジャーナリスト)

記事の内容は2015年11月27日の論文の話で、なぜ今更取り上げたのかわかりませんが、かなり反響は大きかったようです。ネット上では記事を誤解する人も見受けられました。

前も同じ騒ぎになったiMuSCsに関する論文をチャネる!

記事は長いが要約すると

ネイチャーの姉妹誌「Nature.com SCIENTIFIC REPORTS」に、
「STAP細胞」と同じではないが、「STAP現象」という
細胞の初期化が存在したことを示す論文が掲載された、
小保方晴子さんの研究結果は正しかったのだ。

という内容。

これが真実なら大変だが、実際に書かれていることは違った???

アフィブログやまとめサイトでは拡散されていないようですが、とりあえずツイッターでは拡散されている様子。これの流れについてはやまもといちろう氏も一言。

木星通信=上田眞実さんとはチャネる!

ジャーナリストの上田眞実さんはツイッターもやっているようです。

この記事でも「文=上田眞実/ジャーナリスト」となっていますので、@irakusaのアカウントがご本人で間違いないようですね。直接リプライで訪ねている方も居て、編集部が内容を確認していると思われるようなツイートもありました。

小保方晴子さん星座占いで性格チャネリング!

天秤(てんびん)座(9月23日~10月23日)

7.てんびん座

出展:getnews.jp

小保方晴子さんの太陽星座のてんびん座です!

★本質をチャネる!
12星座の中で一番オシャレな星座だとチャネる!
ルックス重視でちょっとはそっとの我慢を惜しまないところがあり、やせ我慢もするとチャネる!
相手を気持ちよくする振る舞いに長けている人!人脈を広げることが得意な面もあります!

★天秤座さんの天使なところをチャネる!
髪型、服のセンスが良かったりする!
会話と振る舞いで人を心地よくさせるプロ!
交渉が得意である!

★天秤座さんの悪魔なところをチャネる!
中身より外見に走ってしまうところがあるとチャネる!
すぐに比べて優越を付けたくなるところがある
些細な事でもカッコを付ける!

”天体は美しいこと、楽しいこと。心地よさが大好きな”金星です!

てんびん座はとくに見た目の美しさが大切にするようです!
ホスピタリティー、つまりサービス精神旺盛なんですね!
芸能活動にも向いているとチャネる!

7の奇数タイプは能動

自分から積極的に動くことが出来るタイプで能動タイプです!
人から言われてよりも、自ら気づき動いていく人!
誰かの指図で動くのは苦手だとチャネる!

12サインの3つに分けると活動

新しい物を追い求めて常に動きまくる、無駄な動きも多いですが、止まっていられない、同じことをしていられない火付け役の活動グループなんです!

人には火をつける人が1割、火を灯し続けられる人は8割、日を消してしまう人は1割問います。
この活動は、創業者として起業する人も多いとチャネる!

12のサインを4つに分けるとのエレメンツ!

いろんな情報や人とのコミュニケーションをメインに考えて、風通し良く横にコミュニティが広がっていく人です!ベタベタした関係は苦手です!サッパリ自由がきく関係を好みます。
SNSなども駆使することも得意だとチャネる! 

2016年現在はどこにいるのか?自宅をチャネる!

2014年3月頃に不正が発覚し、論文が撤回されてから公の場に姿を現さなくなった小保方晴子さん。
2016年現在はどこにいるのでしょうか?

小保方晴子さんが理研にいた時に住んでいたのは、神戸市三宮駅近くのマンションだと言われています。

2014年に不正が発覚してからはしばらく三宮の自宅にいたとのこと。
精神的にやられていて、家からは一歩も出ることができず、母親が迎えに来てくれたそうです。

迎えに来てくれた、ということはその時点で神戸から離れて、千葉県松戸市にある実家へ移動したとも考えられます。

しかし、2014年12月下旬頃の情報によると、千葉の実家は雨戸が閉め切られていて人の気配がなくなっていたとのこと。

何度か出かける姿を目撃されていた父親も、この頃から見かけなくなったという情報がありました。

そして2016年現在、どこにいるのか明確な情報はありませんでした。
噂では三宮のマンションに戻り、母親と2人で暮らしていると言われています。

となると、父親は別で単身赴任している状態なのかもしれません。

スポンサーリンク

両親・家族(姉)とは離散?チャネる!

STAP騒動の後、両親・家族と離散したといわれている小保方晴子さん。
小保方晴子さんのご家族は父・母・2人の姉(1人は双子)の5人家族です。

小保方晴子さんと双子だという情報と、晴子さんを除く2人が双子だという情報がありました。
どちらが本当かは残念ながら分かりませんでした・・・。

父の小保方一夫(おぼかた かずお)さんは元三菱商事のやり手商社マンで、2009年からは「千代田化工建設」取締役常務執行役員として働いています。

そして母の小保方稔子(おぼかた としこ)さんは帝京平成大学臨床心理学専攻の教授。
お茶の水女子大学大学院で修士も取得した経歴も持っています。

さらにお姉さんの1人は白梅学園大学の准教授を務める、小保方晶子(おぼかた あきこ)さん。
エリート家族ですね・・・!

2016年現在、神戸市で母親と2人で暮らしているのであれば、父親は別の場所で1人暮らしをしていると考えられますよね。

家族が離散したというよりは小保方晴子さんのサポートのために母・稔子さんが移動しただけのように思います。

教授を務める帝京大学の講義にもSTAP騒動以後姿を見せなくなったという情報がありました。

帝京平成大学のHPには教員として掲載されていますので、休業している可能性があるとチャネる!

ただ、父・一夫さんのお勤め先「千代田化工建設」は神奈川県にある会社です。

千代田化工建設株式会社

横浜市西区みなとみらい四丁目 6番2号
みなとみらいグランドセントラルタワー
TEL:045-225-7777(音声案内)

両親共に仕事を休むことはできないでしょうし、仕事の都合で会社近くに住むことにしたのかもしれません。

千葉の実家には記者が押し寄せそうですもんね・・・。

そして姉2人は何歳離れているかは分かりませんが、2014年当時小保方晴子さんが29歳。
お姉さん2人はSTAP騒動の時には既に実家から出ている状態だと思われます。

「家族離散」というと暗いイメージがありますが、STAP騒動で家族離散になってしまったわけではなさそうですね。

とは言え・・・真実は本人たちにしかわかりません。
家族関係が辛いものになっていないことを願います・・・

手記「あの日」でSTAP騒動の真相が明らかに?チャネる!

STAP騒動についても、家族離散の真相についても知っているのは当事者だけです。
その当事者である小保方晴子さんが、2016年1月28日に手記「あの日」と出版しました。

「あの日に戻れるよと神様に言われたら、私は、これまでのどの日を選ぶだろうか」

冒頭がこの1文で始まる手記・・・
手記の前書きには、これまでになかった謝罪の言葉も綴られています。

STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きくお騒がせしたことを心よりお詫び申し上げます。
このようなお詫びを申し上げる手段を見出すことができず、これまで心からの反省や謝罪を社会に向けて行えてこなかったことを、本当に情けなく申し訳なく思っております。

重い責任が自分にあるにもかかわらず、自分でその責任を取りきることさえできず、このような自分が生きてしまっていることに苦しみながら日々を過ごしてきました。

手記を書いた動機として小保方さんはこう言っています。
「このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さらなる卑怯な逃げ。真実を書く。」

「真実を書く」という手記で書かれている内容を一部紹介すると・・・

・共著者である若山照彦(山梨大教授)がいなければSTAP細胞の作製成功、存在証明はなしえなかった。
若山照彦教授が自分で作った細胞(STAP細胞)を「おかしい」というのは異常事態だと語る。・STAP細胞がES細胞ではないかという疑いに対して
「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれていると感じた。私の上司たちによって仕掛けられた罠だ」
と理研への不信感を暴露する。

・STAP細胞再現実験が失敗したことについて
「STAP現象は確認された。若山照彦教授の実験で成功しなかったため、STAP細胞の存在は確認されなかったと結論づけられた」
と反論する。

小保方晴子さんの手記「あの日」では、STAP騒動は「誰かの罠だ」というスタンスで語られています。
その罠の仕掛け人として有力となるのは、共著者である「若山照彦教授」。
手記の中では、若山教授の不振な行動、日ごろの研究室での様子なども書かれています。

若山教授は、STAP細胞論文の撤回をいち早くメディアに向けて発信した人物です。
しかし、STAP細胞発表時には、テレビで「細胞が光っているのを見て感動した」ともコメントしていました。

実際にSTAP細胞を見たはずの人物が、論文の不正だけで「STAP細胞はなかった」というのはおかしい、とネットでも言われていたようです。

手記を読むとSTAP騒動は実は小保方さんのせいではなかったのではないか?と思えます。

ただ2年かけて「小保方さんが悪い」というイメージが固まってしまい、なかなか素直に受け取ることができないかもしれません。

騒動の当事者が語る真実、信じるかどうかは読み手次第??
本当に情報操作は怖いですね・・・汗

STAP騒動の行方が気になる方は、読んでみてはいかがでしょうか?

ES細胞窃盗の疑いで参考人聴取を受けていた

2016年2月17日、兵庫県警が小保方晴子さんに任意で事情聴取していたと発表しました。
容疑は「窃盗」。

小保方晴子さんの「STAP細胞」とされる実験サンプルの中から、「ES細胞」とみられる細胞が見つかったとのこと。

理研の元研究員が『見つかった「ES細胞」は別の研究員が作ったもので、何者かが盗んだものだ』としたことで2015年1月に告発状が兵庫県警に出され、5月には受理されていました。

手記「あの日」を出版してから警察が動き出した感じですね。

「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた」

と手記の中では書かれています。

小保方さんは、ES細胞が混じっていたのは「罠に思える」と手記の中で語っていました。
そのあたりの真偽について聞かれたのでしょうか・・・。

タロットチャネリングで小保方晴子さんの人物像と今後をチャネる!


小保方晴子さんは
ソードの9」逆位置です!

ソードの9

カードの意味をチャネリング!

★情報を得ることにより閉塞感はなくなります。新しい風があなたの中に吹き込みます。
情報を得るための行動を起こしましょう。有意義な情報が風になり、あなたを新しいところに連れて行きます。

★今は耐える時かもしれませんが、星の動きにあわせてゆっくりとでも、状況は好転していきます。

★希望と新しい信念と時間が質問者の過酷な状態いあら救います!

小保方晴子さんへのタロットチャネリングメッセージ

一体自分の身に何が起きたのか??小保方さんは理解し難い状況でした・・・
心神喪失状態で思考力も低下し、化学者をしての道を奪われたのです。
この問題には私達にも見えていない大きな力が働いているとチャネる!

真実は明るみに出る・・必ずそうなるでしょう。

マッジはこの件に関してはコメントは正確にはできません。
しかしどちらにしても、この問題で誰が得をしているのか?真相は何であるのか?
もっと見極める必要があるとチャネる!

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

起業家の関連記事です♪

⇒TENGA社長・松本光一wikiプロフ・経歴と年収!グッツ誕生の感動秘話をチャネる!

⇒前澤友作の経歴と年収が凄い!子供3人は全て腹違いの母親!豪華過ぎる自宅・車をチャネる!

⇒リーフラス社長・伊藤清隆・経歴プロフと年収は?子供スポーツ教室日本一の商才をチャネる!【カンブリア宮殿】

⇒ファクトリエ山田敏夫の経歴と収入・世界に通用する日本製の一流ブランドをつくる挑戦!

スポンサーリンク

 - 波乱万丈 ,