*

寺尾聰のルビーの指環ヒット秘話!嫁・星野真弓と娘、元妻・范文雀の結婚・離婚をチャネる!

   

寺尾聰

出展:mantan-web.

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は寺尾 聰さん♪

2016年7月15日(金) A−Studioに出演されています。

1981年第23回日本レコード大賞を受賞した寺尾聰の『ルビーの指輪』があまりにも有名ですが、俳優としても成功を収めています。
実は・・日本レコード大賞並びに日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の両方を獲得しているのは2016年現在、寺尾 聰さんだけの快挙になっています!

星座占い✖タロット✖チャネリングを勝手にをチャネプロファイリング致します~☆

スポンサーリンク

寺尾 聰さんのプロフをチャネる!Wikiチャネプロファイリング

【名前】寺尾 聰(てらお・あきら)

【生年月日】1947年5月18日(69歳 2016年執筆時)

【星座】牡牛座

【タロットカード】

【身長】176cm

【血液型】A型

【出身地】神奈川県横浜市保土ヶ谷区

【中学】目黒区立第十中学校・和光学園

【高校】法政大学第二高等学校

【大学】文化学院卒業

【職業】ベーシスト・シンガーソングライター・俳優

【ジャンル】 映画・テレビドラマ・演劇

【配偶者】范文雀(1973年 – 1974年)
     星野真弓

【著名な家族】父親・俳優の宇野重吉(うの・じゅうきち)

【子供】3人・息子と娘といる
鈴木杏に長女は似ているとか・・

2008年4月、春の褒章伝達者発表において、紫綬褒章を受章することが発表された。父の宇野重吉も紫綬褒章を受章しており、父子2代での受章となった。

【事務所】 ホリプロダクション→石原プロモーション→寺尾音楽事務所(自らの個人事務所)

【略歴】

学生の頃から洋楽に憧れ、エレキギターを入手して独学で練習。その当時影響を受けたミュージシャンの一人にリッキー・ネルソンを挙げているそうです!

⇒【動画】リッキー・ネルソン

1950年代にロックンロールが登場した頃、世の親たちはそれを不良の音楽と見なし、自分の子供たちにロックンロールを聴くことを禁じました。

そんな中で、親たちにも安心して聴くことができるロックンロールを提供し、ロックンロールがお茶の間に浸透するのに大いに貢献したのがリッキー・ネルソンだったようです!

リッキー・ネルソン

出展:http://the-king.jp/

寺尾 聰さんは・・

高校時代はエレキギターに心酔し、バンド活動が度を越して、停学や退学を繰り返す問題児だったのだとか・・??

警察にもお世話になったことがあるようです・・

今の寺尾聰さんからは想像できません。

当時不良の代名詞だったエレキギターについて

父親の宇野重吉さんは「周囲にどう見えようが自分を信じてまっすぐ進め」と息子を鼓舞したようですよ!

1964年に奥島吉雄らとカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」を結成し、ベースギターを担当しています。

寺尾 聰

出展:tateichi-baro

新興の芸能事務所・ホリプロダクションに所属し、1966年に「いつまでもいつまでも」でレコードデビュー、大ヒットするが、すぐにグループを脱退されています。

1968年、三保敬太郎を中心としてザ・ホワイト・キックスというグループ・サウンズに参加、シングルを1枚出して解散しています。

寺尾 聰の俳優デビュー!

1968年には、石原裕次郎製作・主演の映画『黒部の太陽』で俳優デビューしています!

この作品では父親の宇野重吉さんと親子共演を果たしています!

これを機に裕次郎の門下となり、石原軍団の若手有望株として、主にテレビドラマに出演、青春ものドラマなどで二枚目半的な役柄を演じることが多かったようです。

また、『大都会』では新聞記者、『大都会 PARTIII』(日本テレビ)、『西部警察』(テレビ朝日)など、石原プロモーション制作のアクションドラマでは刑事役で活躍した。

このころはサングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマークだった。

父・宇野重吉さんとは?チャネる!

寺尾聰さんの父親は、往年の名俳優・宇野重吉(うの・じゅうきち)さんです!

宇野重吉

出展:http://news16sq.com/

本名は寺尾信夫さんと言い、滝沢修さんらと劇団民藝を創設したことでも知られます。

劇団民藝は、あの大滝秀治さんやルパン三世で知られる山田康雄さん、水戸黄門で知られる佐野浅夫さんなどを輩出した名門劇団です。

宇野重吉さんは、プロレタリアや左翼運動に関心があり、芸名もプロレタリア文学の第一人者・中野重治氏にちなんで名づけられたようですよ!

ロシアの文豪・チェーホフをはじめ、ヨーロッパ各国の激を演じ、日本の新劇界をけん引する第一人者として活躍!

舞台のみならず、新藤兼人監督作品をはじめとする数多くの映画や、大河ドラマ「赤穂浪士」など数多くのドラマに出演するなど多方面で活躍されました!

ルビーの指環のヒット秘話とは?チャネる!

スポンサーリンク

大ヒットした「ルビーの指環」は、石原プロの関係者に聴かせたところ・・

「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と専務の小林正彦が難色を示した経緯があります!

社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定したという逸話があるのです!

1981年第23回日本レコード大賞を受賞した寺尾聰の『ルビーの指輪』ですが、その時代ならではの独特な制作で誕生しました。

まずは、ラジカセに思いついたメロディを片っ端から吹き込み、それを流しながら、ギターを弾いて音を拾っていきます。

歌詞ができて、ボーカルとギターが合ったところで、缶を叩きながらリズムを入れて曲を仕上げたのだとか。

当時、曲のヒットに端を発して、全国でルビーの指輪がバカ売れ!

宝石店からルビーの指輪が姿を消してしまったという仰天エピソードもありました。

TBS『ザ・ベストテン』では、「ルビーの指環」「シャドー・シティ」「出航 SASURAI」が3曲同時にベストテンにランクインされ、「ルビーの指環」12週連続1位の栄誉を讃えた真紅の記念シートも設置されたくらいでした!

これを含め、全曲を自らが作曲したアルバム『Reflections』は、当時のアルバムセールスを更新されています。

「ルビーの指輪」は134万枚を売り上げる大ヒット曲となり、寺尾聰さんは一躍時の人なりました。

名曲ですね~今聴いても何故か?古くないのは何故??

寺尾 聰さんは俳優としても才能が凄い!!チャネる!

1980年代後半から黒澤明が監督した『乱』『夢』『まあだだよ』に続けて出演されています。

2001年、黒澤の遺稿を映画化した『雨あがる』に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞されています。

日本レコード大賞並びに日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の両方を獲得しているのは2016年現在、寺尾 聰さんだけの快挙になっています!

2005年にも『半落ち』での演技で同賞の2度目の受賞を果たされています。

尾聰の元嫁・女優の范文雀(故人)との結婚・離婚の真相は?

よき父親のイメージの強い寺尾聰ですが、今の妻と結婚する前、26歳の時に女優の范文雀(はん・ぶんじゃく)と結婚・離婚しています。

寺尾聰さんは1973年、女優の范文雀さんと結婚します。

ドラマ「2丁目3番地」での共演がきっかけだったそうです。

范文雀さんは女優の余貴美子さんの従姉としても知られています。

范文雀台湾人の父親を持ち、国籍も台湾ですが、両親とも日本育ちのため、中国語は話せなかったのだそうです。

范文雀さんは、結婚後、女優業を引退しますが、よく1974年に離婚後は、再び芸能界に復帰しました。

范文雀さんは「Gメン’75」など多くの人気ドラマに出演するなど、高名な女優でしたが、1998年に悪性リンパ腫の診断を受け、2002年に54歳の若さで亡くなっています。

出展:nontan7000

出展:nontan7000

元嫁・范文雀との結婚生活は一年と短いものでしたが・・

寺尾聰さんの初婚の相手である范文雀さんには、一男一女がいたそうです。

しかも、范文雀さんは、寺尾聰さん以外の人と結婚したことはないようなので、この一男一女は寺尾聰さんとの間の子供ということになります。

その結婚の前に何と!ジュディ・オングと交際していたという事実も発覚しています。

ジュディ・オング

出展:matome.naver.jp

 

寺尾聰がジュディ・オングに「結婚後は家庭に入って欲しい」と強く望んだことが破局の原因だったそうですが・・

奇しくもその後結婚相手に選んだのが同じ台湾出身の范文雀!
こちらの離婚の原因も元嫁・范文雀が家庭よりも仕事を選んだからかも知れませんね。

寺尾 聰さん星座占いで性格チャネリング!

寺尾 聰さんは牡牛座です!

⇒【星座占い】おうし座さんの本質のまとめチャネる!

天性の職人タイプで感性の赴くままに一つの作業をコツコツとこなします。
五感全体で完成形を想像しながら作業を進めていくので非常に良い物を創りだすとチャネる!

あくまでマイペースで集団や人に合わせる事はしない。自分のペースや自分にとって快適な空間が乱されることが大の苦手です!

寺尾聰の父、宇野重吉は劇団民芸創設者!現在の嫁・息子や娘は?

寺尾聰の父親である宇野重吉は劇団民芸創設者!親子で紫綬褒賞受賞!

寺尾聰の父親は、俳優座・文化座と並んで日本を代表する劇団『劇団民藝』の創立者である宇野重吉です。

1981年には長年に渡る演劇界への貢献から紫綬褒賞を受賞している宇野重吉さん。

そんな偉大な父を持つ寺尾聰は、俳優として活動を始めた頃に、周囲から「あの宇野重吉の息子か」という目で見られていました。

よくある偉大な父を持った二世タレント的な見方をされたのだと思いますが、

寺尾聰さんは「自分が道を踏み外さなかったのは、オヤジのおかげ」と後に語ったように、宇野重吉に対して反発するどころか相当のリスペクトがあったとチャネる!

寺尾聰の現在の嫁・息子や娘は?

寺尾聰の現在の嫁は、1979年に資生堂のCM『微笑みの法則』に出演した元モデルの星野真弓です。

ドラマ『西部警察』で共演したことがきっかけだったようですが、知り合った当時は19歳ぐらいでした?まゆみさんはまだ未成年ですね!

結婚した時は、まゆみさんは20歳の時!!寺尾 聰さんは33歳でした・・
年の差婚でかなり話題になったとチャネる!

出展:yahoo.co.jp

出展:yahoo.co.jp

このお顔は・・前妻の文雀(はん・ぶんじゃく)さんと雰囲気が似ているとチャネる!

凄く綺麗な人ですね~!!

寺尾聰は『ルビーの指輪』が大ヒットした後、ファンに対する感謝ツアーを全国で行った際に、コンサートチケットの件でマスコミとトラブルがあり、不信感があるのか、自らの私生活について余り公表していません。

子供3人に関して、息子に関する発言はしたことのない寺尾聰さんですが、

三年前に出演したNHKのスペシャルドラマ『永遠の泉』の会見で「杏ちゃんはウチの娘とよく似ているんだ」とコメントしたことから、寺尾聰には、女優の鈴木杏さん似の娘さんがいるようです。

寺尾聰の俳優としての神髄!
父・宇野重吉から遺された「自分の生き様に対する責任感」だった!

寺尾聰について、タレントでサックス奏者の武田真治が、上沼恵美子が司会を務める人気バラエティ番組『快傑えみちゃんねる「度肝を抜かれた芸能人」』というコーナーで、次のような内容の話をしていました。

武田真治が寺尾聰とドラマで共演した折に・・・

「武田くん、演出家と反りが合わなかったら自分の考えを曲げる必要はないんだよ。

本当に自分らしく生きていたら、その生き様に共感してくれる演出家に必ず出会えるから」

とアドバイスしてくれたそうなのですが・・

それがよりによってドラマの演出家との顔合わせの日!

演出家を目の前にした余りに露骨な発言に、武田真治はどう答えてよいのか分からず困惑してしまったのだとか・・・

一見穏やかな雰囲気の寺尾聰ですが、心に秘めたる情熱は相当なものがあるとチャネる!

それは「自分の生き様に対しての責任感」という言葉に置き換えることができるかも知れません。

一人息子だった寺尾聰は、若い頃からやんちゃを繰り返す相当な問題児でした。

しかし、父親の宇野重吉は「息子の信じた道ならば」と黙って見守り続けました。

親子の間には、語らずとも信頼という強い絆で結ばれていたのだと思います。

宇野重吉が遺したこの言葉こそが、今の寺尾聰の俳優としての神髄となっているとチャネる!

タロットチャネリングで寺尾 聰さんの人物像と今後をチャネる!


寺尾 聰さんは
ソードのキング」正位置です!

ソードのキング

カードの意味チャネリング!

⇒★タロットカードの意味★「ソードのキング」

周囲に対して知恵、技術力を授けます。しかし周囲の能力に満足しなければ、一人で理想に向かいます。

専門家、技術系、研究家など特殊な才能を要する職業で能力を発揮します。

寺尾 聰さんへのタロットチャネリングメッセージ

寺尾 聰さんは才能も溢れていますが、自分を信念を曲げない強い精神力をお持ちの方です。どんな分野にいても成功します!

晩年期になり、いろいろとこれまでの人生を振り返る機会があり、今後も何か新しい自分の表現方法を考えているようです。

常に新しいことに挑戦する姿は、年令を重ねても、変わらないでしょう。

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

ミュージシャンの関連記事です!

⇒坂本龍一の浮気で矢野顕子と泥沼劇!離婚理由は宗教?娘・隠し子の存在と現在と過去をチャネる!

⇒スガシカオ本名、結婚と嫁、子供は?離婚と独立のストレス?耳の病気をチャネる!

⇒【コーネリアス】小山田圭吾の最低な 障害者イジメ・虐待の過去!性格をチャネる!

⇒コムアイ(水曜日のカンパネラ)がウザいと嫌われる理由とは?プロフ!本名・大学は?個性的な私服をチャネる!

スポンサーリンク

 - アーティスト, 俳優, 有名人の子供たち, 熱愛・結婚