*

【最新】台風9号2016・台風10号2016・台風11号米軍進路予報をチャネる!

      2016/09/08

台風

出展:www.jyukobo.co.jp

米軍合同台風警報センター(JTWC)とヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想では、台風11号のたまごが発生したとの報告がありました!

台風9号・10号.11号とトリプル台風が発生してきているので、珍しい状況です。

台風9号は関東や北海道地方へ

台風10号・11号は沖縄地方に向かう進路になっているようです

台風10号の最新ニュースはコチラの記事をお読みください!

⇒【最新】2016年台風10号米軍・気象庁予想!奇妙は進路で東北地方に上陸?

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想

ECMWFの予想では10日間の予想ですので変わる可能性が高いので引き続き注意が必要です!

1471562106mRbRrc_mAdQp0Se1471562103_thumb11

日本に直撃する台風は11号?台風9号・10号の進路

8月21日(土)03時

もっとも早く日本近辺に到達して接近するのは台風11号です。

牡鹿半島に最接近するのは8月21日03時です。

出展:http://www.xn--kprw2hc6dg1f318f.jp/

出展:気象庁HP


8月21日(土)15時

台風9号は、静岡県から関東、東北を縦断して、青森県八戸近辺にあります。

この後は、北海道南部襟裳岬付近に上陸してまたもや網走方向に縦断します。

21日には台風11号が縦断したコース同様になる見込みで、わずか2日後の度重なる縦断での被害拡大が大変心配です。

台風10号は、進行方向を南に変えて一端は沖縄から遠ざかります。

出展:www.台風情報局

出展:気象庁HP

出展:www.台風情報局

出展:気象庁HP


■8月22日(日)15時

台風9号は静岡県御前崎市付近に向けて進行中です。
この後は上陸して列島を縦断するようです。

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

台風10号はやや進路を右寄りに変えて沖縄方面に向けて進みます。

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

台風11号は既にオホーツク海を抜けています。

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP


■8月23日(月)15時

次に23日15時の時点ではどうでしょう。

台風9号は、静岡県から関東、東北を縦断して、青森県八戸近辺にあります。この後は、北海道南部襟裳岬付近に上陸してまたもや網走方向に縦断します。

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

21日には台風11号が縦断したコース同様になる見込みで、わずか2日後の度重なる縦断での被害拡大が大変心配です。

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

台風10号は、進行方向を南に変えて一端は沖縄から遠ざかります。

■8月24日(火)15時

そして、24日15時の時点になると、

台風9号は、既にオホーツク海に抜けています。

台風10号は、再び進路を南西に戻して沖縄に接近していきます。

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP


■8月25日(水)の15時

最終の予報ですが
台風9号はオホーツク海をさらに北に進むようです。
台風10号は進路を西に変えて沖縄本島に急接近します。

出展:www.台風情報局

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

出展:気象庁HP

 

台風が三つ巴になって日本列島に襲いかかりつありますが、それぞれの動きがからみ合って複雑な動きとなるため、日々の状況からの切り口で見てみました。

8月21日15時以降には、早くも台風11号が北海道を襟裳岬付近から上陸して、網走付近まで縦断する予報になっています。

そして、8月22日夕刻には、台風9号が静岡県御前崎付近より上陸して、関東、東北を24時間で縦断します。

23日夕刻のは、再び北海道襟裳岬付近から上陸して、網走付近まで縦断する予報になっています。

北海道は、最近ほぼ同じような進路で台風7号の被害にあったばかりで、その傷跡が残るままに、またしても2回、しかも1日を挟むだけでの直撃を受けることになります。

災害がこれ以上拡大しないことを心から祈るばかりです。

そして、まだ未知数ですが、25日夕刻には、台風10号が沖縄本当に向かって最接近する予想です。2016年は、沖縄本島に接近した台風はまだありませんが、台風10号がその最初になりそうです。

以上、簡単に日を追っての台風状況を考察してみました。

北海道では改めて21日と23日は厳戒態勢が必要になります。

今回は、本州でも22日から23日の縦断に備えての台風対策が必須になるでしょう。

今回は西日本は台風被害を免れる見込みですが、全国的にこの先も台風情報に十分注意をして、抜かりのない対策を十分にすることが肝要になります。

スポンサーリンク

追記・2016年8月23日

大雨 北海道はいっそうの警戒を!

 台風9号は、23日(火)にかけて東北を通過し、北海道に再上陸するでしょう。北日本を中心に大雨や暴風、高波に厳重な警戒が必要です。

 

 台風9号周辺の発達した雨雲により、東北地方では非常に激しい雨の降っているところがある。
 北海道でも23日は台風や前線の影響で、局地的に猛烈な雨となる見込み。

【23日夜までの雨量(多いところ)】
 北海道  200ミリ
 東北   150ミリ

予想される雨量は、23日の夕方にかけて北日本で200ミリ、関東甲信で150ミリ、北陸で120ミリです。
 
特に、台風11号などの影響ですでに大雨となっている北海道は、土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫にいっそうの警戒が必要となる。

暴風・高波

 東北地方の海上では猛烈な風が吹き、大しけとなっているところがある。
 23日昼すぎにかけては、北海道でも海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。

【23日に予想される最大瞬間風速】
 東北   40メートル
 北海道  35メートル
【23日に予想される波の高さ】
 東北   8メートル
 北海道  7メートル

出展:高知大学気象情報頁

暴風に加え、竜巻などの激しい突風のおそれもあるため、屋内でも窓から離れるなどできる限り安全確保に努めたい。

 

最大瞬間風速は関東甲信、東北で40メートルと猛烈な風が吹くおそれがあります。北日本では23日の午前中を中心に大雨や暴風、高波に厳重な警戒を続けてください。

一方、西日本は晴れて猛烈な暑さが続くでしょう。ただ、太平洋沿岸では停滞する台風10号の影響で波はうねりを伴って高いでしょう。

随時更新していきます

スポンサーリンク

 - 台風