*

『恋は雨上がりのように』ネタバレのまとめと読むべき理由とは?~青春をもう一度思い出せる!~

   

『恋は雨上がりのように』ネタバレ感想をレビューします!作者は眉月じゅん。掲載誌は月刊!スピリッツ。出版社は小学館です!

今までに聞いたことがない設定でびっくりする漫画ですよ!ぜひ読んでいただきたい漫画の一つです!

ZIPでも紹介されたくらい社会現象を起こしています。

⇒『恋は雨上がりのように』無料試し読み!

特に!40代に差し掛かる、男性、女性たちにですネタバレと理由をこれからお話します!

スポンサーリンク


主人公の橘あきらは17歳の高校二年生。高身長で美人。

あるファミレスでアルバイトしていたが、そのファミレスの雇われ店長・近藤正巳(45歳)のことが好きになった設定!!

近藤正巳は加齢臭を漂わせ、頭には10円ハゲ・・・これほど「不釣り合い」という表現は似合う二人はいないのです・・・汗

出展:http://blog-imgs-92.fc2.com/

出展:http://blog-imgs-92.fc2.com/

45歳と17歳の18歳差の甘酸っぱい恋?!普通に考えると受け入れづらいとこあるんですが・・・

この漫画はあきらが滅茶苦茶かわいいキャラであり、店長が感情移入しやすいタイプなんで平気なんです!

へんな嫌らしさがないのですよ!ちょっと甘酸っぱい雰囲気=青春さえもしてくる・・・この漫画のスゴイところ!

店長も可愛いところがあるというかなんというか。見守っていきたい2人なんですよ。

恋愛の部分が初々しいので、そこもありますね。大人の恋愛じゃないんですけど、変な駆け引きがなくて
この18歳の年齢差で、珍しいラブコメという感じなんですね!

主人公のあきらちゃんは、純粋で店長以外は興味なしってとこがはっきりしてていいんですね~

基本は女子高生のあきらちゃん視点で進むけれど・・・店長をもう一人の主人公として読めるから、男性読者でも感情移入して読みやすいです。

特に・・・人生に疲れ気味の中年男性に読むべき本です!中年男性の応援歌なんですよ!

⇒『恋は雨上がりのように』無料試し読み!

人生まで語れちゃうこの漫画がスゴイ!

主要人物が好感もてるっていうのは、読んでて大きいのです!

スポンサーリンク

17歳のあきらは何故、45歳のハゲのファミレス店長と好きになったのか?~出会い~

美女と野獣の2人です!何故あきらちゃんが店長を好きになったのか?

ここがこの「恋は雨上がりのように」の爽やかな題名をあらわしています。

これは・・・あきらちゃんがポッカリと穴が空いていた心に染み入る優しさを感じたからだと思いますよ。

恋はカッコイイとか見た目から始まることが、10代の時は多いのですが、歳を重ねていくと、外見はほどほどになってきて(生理的に受け付けない場合は抜きにする)
心を動かされた時に好きだと錯覚から始まると思います。

半年ほど前にケガで陸上部を引退することになったあきらちゃん・・引退せざる負えない状況に悔しかったかもしれませんが
クールビューティな彼女はそういう態度を周りには見せていません。

特にすることもなく学校から帰宅していると雨がシトシト降ってきます。
この場面もあきらちゃんが今の自分と重ね合わせていると思います。

雨宿りのためにふと立ち寄ったファミレス。ボーッと雨が止むのを待っていた。

そこで当時から店長だった近藤正巳が現れて、「ただ雨が止むのを待っているだけじゃつまらないでしょう」とコーヒーをサービスしてくれるのです!

小粋な手品を見せてミルクのコーヒーフレッシュをだして、「きっとすぐ止みますよ」と笑顔で去っていく。

橘あきらがそのコーヒーを飲み終えて店を出る頃には、雨が止んで太陽が顔を覗かせていた。

出展:http://livedoor.blogimg.jp/

出展:http://livedoor.blogimg.jp/

近藤正巳の優しさだけではなく、ちょっとした手品が自分の心を象徴する雨を止ませた魔法のように写り、橘あきらの中に恋心やトキメキが芽生えた。

まさに恋は雨上がりのように、突然訪れた・・・

その後サービスで出した珈琲にガミガミ従業員に説教され、情けなく頭を下げてる近藤さん様子に、
お店のサービスではなく近藤店長の優しさからしてくれたことだと、気づいたあきらちゃん・・

怪我で落ち込んでいた彼女とって、この優しさはとても心が安らぐ思いだったのでしょう。

そこから公園のベンチで座っている時に、近藤がいる店のバイト募集のチラシを見つけ、バイトを始めることになるのです!

もちろん近藤がその時のことを覚えているはずもなく、あきらは密かに恋心を抱きながら、店長のそばで働くのでした。

出展:http://ameblo.jp/

出展:http://ameblo.jp/

女子高生あきらと冴えない中年近藤の、物語はここから始まっていくのです・・・

人の気持ちは常に揺れ動いているので、17歳の少女から大人に変わるあきらちゃんにとって、とても新鮮に映ったのかもしれません。

人の気持ちはこんななんともない瞬間に人を好きになるのだと思います。

それから、やはり少し気持ちが弱っているときなど、好きになりやすいですね。(ただその時期に付き合い始めると上手く行かないことも多いです)

橘あきらは基本的に無表情。いわゆるクールビューティー。

視線で店長に「好き」ということをアピールしてみるものの、近藤正巳は思わず「そんなに睨まないでくれよ」と一言。

心の中では「まるでゴミでも見るような目だったな…」と半泣き状態。

橘あきらが可愛いけど精神年齢は高い?!

世の中の男性陣はモデル体型の長身美人が好きな人もいますが、これぞツンデレ!っていうキャラクターなんですね!

既に17歳でこの色っぽさが・・・汗

作者・眉月じゅんが意図して、橘あきらをそういったキャラに仕立てたかは分かりませんが。

店長・近藤が飼ってるハムスターの話題で、ある日、店内が盛り上がる。いつもはスルーされがちな店長も、この時ばかりは話題の中心。それを見て橘あきらが嫉妬心を抱くのですが

これからハムスターのことは、全部あたしに聞いて下さい」とキリリッ。

橘あきらの心情としては、それだけみんなと盛り上がれるなら、私とだけワイワイお話しましょうよ的なことなんでしょうけど

表情が怖いですww

店長と接点を持ちたいあまりに・・・この態度にはマッジもかわいいと思いましたが、店長はビビってますww

店長の近藤さんをジッと見つめすぎるあまり、気が付くとあと10cm程度まで近付いて、

この直後のページに橘あきらのテレ顔が来るのも良いです。「わ、わたし、めっちゃ大胆なこと言うたやん」的なことだと思われます。

不意に後ろから店長・近藤が現れた場面では、ビックリしつつも自分の嬉しい表情を隠すために、思わずコブシを握りしめる橘あきら。

近藤は「なぐられんのか?」と心の中でドキドキ。

何故、橘あきらが嬉しい表情を浮かべたかというと、店長がバツイチだったという事実と今まで知らなかった店長の新たな一面を知れたことに対する喜びからだと思われます。

いや・・・スゴイな17歳にしてこの精神年齢の高さ・・・奥さんが居るってことは子供はとか?普通はショックを受けないのでしょうか?

あきらちゃんは恋愛表現は幼いけど、精神年齢は高い?

橘あきらの「純粋一途だけど、不器用」っていう残念すぎる感じが上手に表現されてます。

スポンサーリンク

強引な押しのおかげもあって、あるとき店長とデートすることが決まる。今時の女子高生には珍しく(?)、その予定を手帳に書き込む。

そして橘あきらちゃんは家で一人でいる時に、それをマジマジ見ながら噛みしめるように喜ぶ仕草も可愛らしい。

「家の中」という究極のプライベート空間で、これが描かれてるのがまた良いんだと思います。

橘あきらが店長をデートに誘うクダリ。

店長・近藤は普段「俺」が一人称なんですが、その時だけ「僕は・・・」という一人称を使う。

出展:www.google.co.jp

出展:www.google.co.jp

それを聞いた橘あきらは無邪気に笑う表情が可愛らしい。いつも店長のことを見てるからこそ、すぐ気付けた変化でもあります。

ギャップ感にツボったのもあるんでしょうが、好きな人相手だからこそ笑いのハードルが下がるってのもあります。

あらすじでも触れましたが、橘あきらは陸上部をケガで引退した。アキレス腱が断裂したのか、大きな手術跡がある。

バイト中にちょっとしたことで痛みが再発!お姫様抱っこで店長に病院に連れて行ってもらうのです。

店長に傷を見られたくないのか、靴下を脱ぎたがらないあきらちゃん・・

実際には、足の爪にペデュキュアを塗ってなかったのが理由。17歳の乙女心が可愛いのです!

どうしてもツンデレキャラクターはセリフを使って肉付けしがちですが、橘あきらはセリフに頼らず仕草だけでしっかり表現されてます。

巷のツンデレキャラは多くが病的な言葉遣いで、現実逃避には良いのかもしれませんが

それが笑いに繋がっても、肝心の萌えとは程遠いのが現状だと言います。

でも橘あきらちゃんは自然なんです!不器用だけど真っ直ぐで一途な恋心に、素直に好感が持てます。

またツンデレキャラプラス、18歳差の歳の差カップルが面白いですね。

オッサン店長・近藤のもどかしさに共感する理由~恋は雨上がりのようにはオッサンの応援歌!~

近藤というオッサン店長が切ない。美人の女子高生にグイグイ言い寄られてくるものの・・・踏ん切りがつかない。

なんだか うれしいと感じることが増えた気がする…俺自身、何も変わってないのに」といったセリフからも分かりますが・・・内心はグラグラと揺れ動いています。

もちろん性的な理由ではなく、橘あきらと接する度に過去の青春時代がどんどん蘇ってくる。

店長・近藤正巳は橘あきらちゃんとデートまでしてますが、一線を越えるという踏ん切りが付かない・・・

17歳に手を出すと社会的な制裁が・・・近藤さんの頭を悩ますのですが

この理由は、言い寄ってくる橘あきらちゃんに対して、2巻の「僕はカラッポの中年だ」と返したセリフからも分かりますが、店長・近藤の自信の無さにある。

近藤は小説家の夢があったものの挫折。

しかも大学時代の旧友(九条ちひろ)は小説家として大成功してるので、なおさら現実という壁に打ちのめされています。

妻とは離婚してることも含めて、相当強いコンプレックスを内心で抱えて生きているのです。

40歳となれば・・・人生の分岐点ですね。

近藤さんの将来への焦りと、未来がまだどうにでもなる、あきらちゃんが眩しさ、この対比が切ないですね。

だからこそ、いきなり「美人女子高生に好かれる」という事実を目の前にしても、途中で夢を放り投げたオッサンが大胆な行動を取れるはずがない。

でも、意外に世の中はこんなオッサンが多いはず。

むしろ「一般的な中年男性は自信を持ってない」とまで言ってもいいぐらいなんです。

だからこそ情けないオッサン・近藤に対して、羨ましさ以上に一種の共感を芽生える中年読者も多いいはずです!

『恋は雨上がりのように』はもう一度青春時代を思い出させてくれるサプリメント!

『恋は雨上がりのように』は設定的にロリ向けっぽいと感じる女性読者もいそうですが、むしろ実は甘酸っぱい青春要素が強い漫画です!

橘あきらはキャラクターだけ見ても面白いですが、彼女の不器用だけど一直線な性格が近藤の、また読者の過去の青春時代を想起させる道具にきっちり仕上がってる。

「恋愛に踏み出せない=夢に踏み出せない」ことが上手くリンクできてて、「あんときはこうしとけばよかった・・・」と後悔が湧き上がると同時に、「中年でも今から頑張っても良くね?」と同時にポジティブに前向きになれるような内容でもあります。

もちろん近藤はすぐハッキリと前向きになるわけではありませんが、何ともいえないウジウジ感やグジグジ感がまた青春っぽくて良かったりします。

一般的に「若者と接すると精神的に気持ちが若くなる」と言われますが、まさにその言葉を体現させたような青春漫画です。

『恋は雨上がりのように』の①~⑥巻 無料試し読み

下記のリンクで①~⑥巻まで試し読みが出来ます!

⇒『恋は雨上がりのように』無料試し読み!

ぜひ読まれることを激推しします!元気が出ますよ!

いくつになっても、トキメキを忘れちゃいかんと思います。特に学生時代の恋は、青春時代にタイムトラベル出来るので、純粋なあの頃を思い出させてくれます。

そうすると、ちょっと曲がってしまった自分自身の思考を修正できるキッカケになるのです。

大人になっても、人の心は成長しますが、基本的には変わりませんね。女性は特に25歳で精神年齢はストップします。

男性はずっと成長し続けて40代から本番なんですよ!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

今後も面白い本や漫画がありましたら紹介していきます!

スポンサーリンク

 - まとめ, , 漫画