*

台風16号 2016 米軍 最新 進路!関東と沖縄接近と本州接近の日時は?

   

台風

出展:www.jyukobo.co.jp

JTWC(米軍)・ECMWF(ヨーロッパ)の予想で台風16号(マラカス)の最新予想です!

気象庁によりますと非常に強い台風16号は、東シナ海
に位置し、北東へ 15km/h(9kt)進んでおります。

中心気圧は950hPa

中心付近の最大風速40m/s(80kt)となっています。

19日18時に屋久島の西約240kmに位置し
中心気圧が950hPaの勢力で中心付近の最大風速が40m/s(80kt)と予想されています。

20日(火)にかけては暴風域を伴ったまま九州を中心とする西日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。その後、21日にかけては東日本の太平洋側にかなり近づく見込みです。

スポンサーリンク

weater underground 社の最新台風16号予想!

出展:/www.wunderground.com

出展:/www.wunderground.com

weater undergroundの5日間の予想勢力を17日にはカテゴリー1と当初言われていた台風16号も、勢いが緩んできています。

米軍合同台風警報センター(JTWC)の予報

wp1816

JTWC(米軍)の予想では台風16号は19日の15時に奄美大島上空を通過して

19日深夜3時に九州地方に接近し、そのまま北上して19日15時には高知県の足摺岬灯台の方に上陸する予定です。

※時刻表木が協定世界時【文中表記ではZ】となっているので、日本時間に直す際は+9時間してください

気象庁の予想

出展:気象庁

出展:気象庁

気象庁の予想では、19日18時に奄美大島の上空と通過して

20日15時には九州へや中国・四国地方に接近上陸する予想をしています。

台風16号の関東【東日本】への直撃は?

20日(火)にかけては暴風域を伴ったまま九州を中心とする西日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。その後、21日にかけては東日本の太平洋側にかなり近づく見込みです。

台風は、カーブする際に速度が落ち、時間がかかるものですが、今回の16号は当初の予報よりカーブが大回りになったことで、本州付近への接近が遅れることになりました。

暴風・高波

 台風の接近に伴い、19日(月・祝)夜から20日(火)にかけては、九州を中心とする西日本では暴風となり、海はうねりを伴った大しけとなる。

【19日(月)にかけて予想される最大瞬間風速】
 奄美   45メートル
 九州南部 35メートル

【19日(月)にかけて予想される波の高さ】
 奄美   7メートル
 九州南部 6メートル

大雨

 

台風の接近に伴い、西日本・東日本に停滞する前線の活動も活発になり、20日(火)にかけては西日本を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。

台風が近づく20日(火)には局地的には猛烈な雨が降って、東日本にも大雨の範囲が広がるおそれがある。

【19日夕方までの予想雨量(多い所)】
 九州南部、近畿     150ミリ
 九州北部、四国、奄美  120ミリ 

【19日夕方から20日夕方までの予想雨量(多い所)】
 九州南部        200から300ミリ
 四国、九州北部     100から200ミリ

 20日にかけて、西日本を中心に土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫、海岸や河口付近の低地では高潮にも警戒が必要だと言います。

出展:http://headlines.yahoo.co.jp/

出展:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

現在、本州付近には、秋雨前線が停滞しています。

秋雨前線付近は、水蒸気の通り道となっていて、次々と発生する雨雲が西から東へ流れます。

台風16号が東シナ海でもたつくと、そのぶん、雨雲のもととなる水蒸気を、秋雨前線に流し込み続ける時間が長引くことになります。

20日の明け方の分布予報(3時間の降水量)

出展:http://headlines.yahoo.co.jp/

出展:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

大雨の場所のしぼり込みは難しいものがありますが、

大雨のリスクがあると知ったうえで、行き先の詳細な予報を調べ、いざ大雨が近づいた際に回避できる備えをしておいていただきたい連休です。

台風16号のまとめ

JTWC(米軍)・ECMWF(ヨーロッパ)・気象庁の各機関の情報をまとめると以下のことが予想されます!

20日(火)にかけては暴風域を伴ったまま九州を中心とする西日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。

21日にかけては東日本(関東)の太平洋側にかなり近づく見込みです。

今回の台風16号は秋雨前線を刺激するので、東日本や北日本でも大雨のおそれがあるようです。

発達した積乱雲が近づいてきた時は、頑丈な建物に非難するなどして

安全確保されてください!

また河川の増水は短期間に起こり得るので1秒でも早く高台や建物に避難する早め早めの行動を心がけてください。

スポンサーリンク

 - 台風