*

筑紫哲也は韓国人?語り継がれるNEW23の伝説とは?

      2017/03/25

筑紫哲也

出展:http://www.zabun.jp/message/p_02.html

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は日本を代表するジャーナリストだった、亡き筑紫哲也さん!

TBSのニュース番組『筑紫哲也 NEWS23』(現・NEWS23)のメインキャスターを務められていました。

ロマンスグレーと言われ、落ち着いた渋い声で幅広い視聴者から人気がありました。

評論(特にコラムコーナー「多事争論」)が人気を集めていたことが懐かしいです。

この『多事争論』の内で、マスメディアが視聴者との信頼関係の上で存在していることに触れ、TBSは今日、死んだに等しいと思います。今日の午後まで私はこの番組を今日限りで辞める決心でおりましたと発言したのは大きな反響となりました・・・

マッジもずっと気になっていた方ですので、改めて恐れ多くも

星座占い✖タロット✖チャネリングを勝手にをチャネプロファイリングさせて頂きます。

スポンサーリンク

筑紫哲也さんのプロフをチャネる!

【名前】筑紫哲也(ちくし・てつや)

【生年月日】1935年(昭和10年)6月23日(満73歳沒)

【死没】2008年(平成20年)11月7日午後1時50分永眠(享年73歳)

【星座】 蟹(かに)座

【タロットカード】魔術師

【出身地】大分県日田市小野村

【高校】静岡県立沼津東高等学校⇒東京都立小山台高等学校

【大学】早稲田大学政治経済学部経済学科

【趣味】大学在学中は合唱部・無類の麻雀好き・ヘビースモーカー(10年以上ハイライト→マルボロ赤→マイルドセブンスーパーライト)

【職業】日本のジャーナリスト・ニュースキャスター

【配偶者】筑紫房子

【子供】長男・筑紫拓哉 1973年、アメリカ生まれ ロードアイランド造形大学卒。2005年、平間至賞優秀賞受賞。現在、京都造形大非常勤講師。
 
    次女・筑紫ゆうな・既婚 イラストレーター 大人になってからNYにも在住したことがある

【肩書】

朝日新聞記者 (1959 – 1984)

「朝日ジャーナル」編集長 (1984 – 1987)

朝日新聞編集委員(ニューヨーク駐在、1987 – 1989)

TBS『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター (1989 – 2008)

立命館大学客員教授
「週刊金曜日」編集委員 など
    

【 受賞歴 】

昭和54年 第16回ギャラクシー賞受賞(主催:放送批評懇談会)

平成5年 第30回ギャラクシー賞受賞(主催:放送批評懇談会)

平成11年 国際エミー賞優賞(主催:アメリカテレビ芸術科学アカデミー)

平成16年 日本ジャーナリスト大賞受賞(主催:日本ジャーナリスト会議)

平成17年 第13回橋田賞受賞(主催:橋田文化財団)

平成18年 平成17年芸術祭テレビ部門芸術祭大賞受賞(主催:)

平成20年 日本記者クラブ賞受賞「テレビジャーナリズムの確立に多大の貢献」

筑紫哲也、NEWS23までの奇跡

昭和34年3月に早稲田大学卒業後してから、同年4月に朝日新聞社に入社されています。

支局勤務を経て東京本社政治記者になりました。

筑紫哲也 若い頃

出展:http://editorsnote.cocolog-nifty.com/

上記は1968年(昭和43年)の米国統治下の沖縄特派員時代の筑紫哲也さんです。

この頃沖縄返還を控えて情報収集をしていたのでしょう。

1971年(昭和46年)ワシントン特派員

1975年(昭和50年)外報部次長に出世されています。

1978年(昭和53年4月)から1982年(昭和57年)9月までテレビ朝日「こちらデスク」キャスターとして活躍されていました。

当時、まだ新聞社に在籍していて、系列のテレビ局でレギュラー番組をもたされた格好でした。

この時に多くの人が筑紫哲也を知ったきっかけになったようです。

その後は1983年4月(昭和58年)テレビ朝日系「TVスクープ」キャスターに抜擢され6月までのわずか3ヶ月で降板すると

1984年(昭和59年)1月から朝日ジャーナル編集長として、1987年(昭和62年)3月まで務められています。

編集長自ら現場に取材に行っていたので、デスクにはいつもいなかったというくらい、ジャーナリストとして現場を愛し、動かれていました。

筑紫哲也

出展:https://www.youtube.com/

1988年ごろの筑紫哲也さんです。
ユーゴスラビアのザブレブをいうヨーロッパのナイーブアートを紹介しています。
この頃は53歳です・・めっちゃ若いですね~

⇒【動画】旅の街から(筑紫哲也,ザグレブ)

1989年(昭和63年)4月から平成元年7月まで朝日新聞編集委員としてニューヨーク駐在してから
平成元年7月に朝日新聞社退社されています。

次の年の昭和64年は7日しかなかったのですが

その年の平成元年10月に、TBSテレビ系「筑紫哲也ニュース23」キャスター編集長を、平成20年3月までの約20年間を務めれられていました。

これほど長く出演されていたとは・・・マッジも改めて驚きました。

1997年10月~2005年3月まで使われていたオープニングの曲です。
懐かしいですね~

TBS夜の看板報道番組「筑紫哲也のNEW23」での伝説とは?

1989年には「TBSビデオ事件」が起こったのはあまりにも有名なお話です。

1989年10月26日に、TBSのワイドショー番組『3時にあいましょう』のスタッフが、弁護士の坂本堤がオウム真理教を批判するインタビュー映像を放送前にオウム真理教幹部に見せたことで、9日後の11月4日に起きた坂本堤弁護士一家殺害事件の発端となったとされる事件であり、TBSが引き起こしたマスコミ不祥事・報道被害です。

TBS側スタッフがオウム幹部にビデオを見せたことは、情報源の秘匿というジャーナリズムの原則に反し、報道倫理を大きく逸脱するものとして批判されました。

また、TBSがビデオをオウム幹部に見せたことで坂本弁護士が殺害されたという非難もあり、TBS以外の報道機関や世論もこれを認め、TBSを批判して責任を追及されてました。

さらには、オウム幹部の公判において当事者の供述やメモが明らかになったことを受け、事実を認めるまでの5か月以上にわたり、

「内部調査」を根拠に疑惑を否定し続け、この間の調査の不透明さから、TBSは事実を把握しているのに意図的に隠しているのではないかと疑われました。

スポンサーリンク

当初、調査委員会設置時には報道局を中心とした善後策がまとめられていたが、1995年(平成7年)10月19日の日本テレビの疑惑報道で事態は一変するのです。

一連の経緯を把握していなかった一部経営幹部が、日本テレビに抗議を指示。

幹部らの独断に近い形で『ニュースの森』内での抗議声明の放送が決定してしまう。

この抗議声明の放映により、TBSは疑惑を否定せざるを得ない状況に追い詰められてしまったのだった。

それから調査委員会は経営幹部中心となるが、その調査は該当プロデューサーらからの聞き取りのみで、その発言を鵜のみにした「結論ありき」のものだったようです。

しかも、該当プロデューサーはTBSの内部調査と検察の事情聴取に異なった証言をしており、TBSの調査委員会はこのことすら把握できていなかった・・・

一連の経緯からビデオ問題は、ジャーナリズムや報道機関への信頼を大きく揺るがす非常に重大な事件となりました。

こうした杜撰(ずさん)な対応による危機管理の失敗も、TBS批判をさらに加速させる要因となりました。

『TBSビデオ問題』では、当時のTBS社長・磯崎洋三が過ちを認めた、1996年(平成8年)3月25日の記者会見の後、その日の「多事争論」にて
筑紫哲也さんは、当日の番組コーナー『多事争論』内で、マスメディアが視聴者との信頼関係の上で存在していることに触れ、

TBSは今日、死んだに等しいと思います

過ちに対して(中略)つまり、その後の処理の仕方というのが殆ど死活に関わるということを、これまでも申し上げてきました。

その点でもTBSは過ちを犯したと私は思います」「今日の午後まで私はこの番組を今日限りで辞める決心でおりました」と発言し、

「身内に甘い」と評されるテレビ業界にありながら、TBS局内で自身の報道番組から身内に対して痛烈批判をしています。

出展:http://www.geocities.jp

当初、TBSはこの事実を否定していたようです。

そのような事実があったと別の報道機関に抗議するという、昨今の朝日新聞社のような過ちを犯してもいたとか・・・

その朝日から招聘(しょうへい)された形で、TBSの看板報道番組『TEWS23』のキャスターを務めていた筑紫哲也氏が『TBSは死んだ』と番組で発言したのです。

筑紫哲也の意外な性格!

大学の時にはグリークラブに所属していたので、ご機嫌がいい時には鼻歌を唄っていました。

筑紫哲也といえば愛煙家で有名でした!

ハイライトとマルボロの赤を1日3箱吸っていました。

肺がんとなり禁煙した後でも、

一服できないと面白くない」とか「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。たばこの喫煙は人類が発明した偉大な文化で、たばこの代わりはありませんよ。

これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね」とも話し、自身の「がんの原因はストレスで、たばこはきっかけにすぎない」と、全く落ち込むことがなかったとか・・・

マッジにはこのエピソードが筑紫哲也さんという人間が出ているなぁ~と思います。

それから筑紫さんは一見オシャレのように見えました。

白髪頭のスタイルはロマンスグレーと呼ばれていましたが、テレビ出演の時はスタイリストの選んだスーツを着ていたようです。

実際はあまり自分のファッションには興味がなかったこと、筑紫哲也さんの愛息子が語っております。

スポンサーリンク

筑紫哲也の息子が語る、がんを患った父親像とは?

家にいる時はパンツ一丁で平気で歩き、髪はボサボサ、、ハイライトをくわえ、貧乏揺すりをしながら鷹のような眼光でなにやら原稿を書いていたようです。

家で父と出くわすと、ほとんどがこの姿でおっかなかったと言います。

筑紫哲也 息子

出展:http://book.asahi.com/s

家では無口で、子供さんから「パパ」と呼ばれず「筑紫さん」と呼ばれていたそうです・・・

そんな息子との共通点は「無類の麻雀好き」という点だったそうです。

「勝負師・筑紫哲也」という顔もあったようですね~

同僚、作家、芸術家、政治家、文化人、ミュージシャン、芸能人、そして母と僕、様々な人を相手に卓を囲んでいたそうです。

麻雀の神様、作家の阿佐田哲也さんのお相手を務めたほどであるのだから・・・相当好きだったのでしょう。

麻雀と煙草は、定番ですからね~

筑紫哲也さんの息子・拓哉さんは語られています。

父の麻雀伝を聞くのがなにより好きだった。朝日新聞社員という顔の裏側で覗かせる、アウトローな数々のエピソード。

早稲田のエースは完全に疑わしいが、「勝負師・筑紫哲也」は尊敬に値しそうである。病気になって、麻雀を打てなくなったことはじつに気の毒だった。

もう一度、朝までとことん、父と勝負をしてみたかった。

出展:http://book.asahi.com

2007年(平成19年)5月14日放送の『NEWS23』で初期の肺癌であることを告白、治療に専念するため『NEWS23』への出演を一時休業しています。

同年10月8日には休業後初めて番組に復帰。以降はスペシャルアンカーとして数ヶ月おきに番組へ出演。最晩年には出演時にニット帽をかぶるようになったようです。

この頃に親子で交わした会話があります。

突然、父が胸のうちを明かすようなことを言った。

僕はさぁ、存分に人生を楽しんできてね。病気になってからは、何一つそれが叶わなくなったわけだけどね。後悔することがあるとすれば一つだけ。家族ともっと一緒に過ごせばよかった・・・」。父の目から一筋の涙が溢れている。

「よかった。やっとわかったんだね」。と母は返した。

出展:http://book.asahi.com

この頃は画期的なガン治療をする医師が鹿児島に居るということで、息子さん一緒に療養していたようです。

肺ガン発覚から18カ月の闘病生活・・一時は完治までいきましたが、ガンは再発してしまいました・・

鹿児島での治療も最後までやり尽くして・・・東京へ戻り11日目の昼すぎ、息をひきとったようです。

桜島を背に、家族でそろって撮った最後の一枚(息子の拓也さん提供されたもの)

筑紫哲也

出典:http://book.asahi.com

最後の多事争論の動画を紹介します。

末期の癌に侵されていても、人に伝えたいエネルギーは満ち満ちていたようにお見受けします。

⇒【動画】筑紫哲也NEWS23 最後の多事争論

ある意味・・・今の日本の現状を予言するように語られています。

マッジはリアルタイムにこの最後の多事争論を見ることが出来ました。

筑紫哲也は左翼、韓国人疑惑もあった?

北朝鮮寄りだと批判されたり、沖縄問題に関しても積極的に発言を続けていました。

特に沖縄問題では、朝日新聞記者の時代から積極的に報道し続けたこともあり、『NEWS23』の番組内でも何度も在日米軍基地問題を取り上げています。

沖縄問題は『日米関係の象徴的存在』というだけではなく、「少数派であることを恐れてはならない」と最後の最後まで主張し続けた筑紫自身にとっても重要なテーマでした。

元沖縄県知事の大田昌秀は筑紫の死去に際して「沖縄にとってかけがえのない恩人を失い、大きなショックを受けている」といったコメントを発表しました。

1970年前後の学生運動に大きな影響を与えた週刊誌「朝日ジャーナル」の編集長(1984〜87)を務めたことがあった筑紫さん

今の団塊世代の学生時代(1970年前半)、学生たちは「朝日ジャーナル」を小脇に挟んで歩いていた。

しかしながら、記事が“反米親ソ”の旧社会党の機関誌的であったため、どんどん読者を減らし、1992年廃刊になったと言われています。

この週刊誌に煽られ、どれだけ多くの学生が左翼運動に関わり、人生を狂わしたことかとの意見もあるので、筑紫哲也は左翼であるとも言われていたようです。

筑紫哲也の著書

  • 『筑紫哲也の 乱世を生きよ!―大変な時代を生きるヒント』:日本経済新聞社
  • 『筑紫哲也の この「くに」のゆくえ』:日本経済新聞社
  • 『沖縄がすべて』共著:照屋林助 河出書房新社
  • 『筑紫哲也の世世世(ゆーゆーゆー) パート3』:沖縄タイムズ社
  • 『日本23時―今ここにある危機』:小沢書店
  • 『マイ・アメリカン・ノート ポトマックの両岸』:朝日新聞社
  • 『メディアの海を漂流して』:朝日文庫
  • 対談集『若者たちの神々』1〜4 :朝日新聞社 1984年から1985年の若者たち50人。
  • 対談集『若者たちの大神』:朝日新聞社 1986年から1987年の若者たちの“大神とされる50代以上”の22人との対談。
  • 対談集『新人類図鑑』1・2:朝日文庫 筑紫と対談時10~20代の若者34人との対談。
  • 対談集『元気印の女たち』:すずさわ書房 39人の活躍する女性たちとの対談。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スローライフ [ 筑紫哲也 ]
価格:777円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若き友人たちへ [ 筑紫哲也 ]
価格:777円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

筑紫哲也さん星座占いで性格チャネリング!

筑紫哲也さんはかに座です!

⇒【星座占い】かに座さんの本質のまとめチャネる!

仲間意識が強く敵と見方がハッキリ区別しているとチャネる!心を許すと心を開くとチャネる!
特にかに座のさんの家族や仲間を大切にすると喜ばれます!

筑紫さんは仁義に厚い人だったのではと思います!
そして案外、どんどん新しい物を追い求める一面も持ち合わせていますが、外側というよりも位、内側に対する冒険だったのではと思います。

内面が豊かであるからこそ「多事争論」が人気だったのだと思うのです。

タロットチャネリングでさんの人物像と今後をチャネる!


筑紫哲也さんは
魔術師」正位置です!

⇒タロットカードの意味「魔術師」

筑紫哲也さんへのタロットチャネリングメッセージ

筑紫哲也さんは彼のジャーナリストとしての社会的な発言には、毀誉褒貶・賛否両論あったが、ニュースキャスターとしての手腕はNEWA23の番組で確実となりました。
とてもユーモアがあり、観察者のプロだったとのお話もあります。

そういう意味でも魔術師のように自らの研究課題を一生懸命追求する研究者でもあり、自らの技を極めるための修行者、職人気質でもあるのですが

独創的なアイディアを考え出して、コーディネイトする能力もあり、ジャーナリズムのアーティストだったとチャねります。

お亡くなりになってから約10年経ちますが、未だに筑紫哲也さんの言葉は、生き続けています。

最後に筑紫哲也さんの「Go Slow! スローで行こう」のメッセージを載せます。

自然と接すれば、人間の力ではどうにもできないことがある、ということを体感できます。

自然を遠くから見ているだけでは痛い、寒いという実感が湧きません。

人間も自然の一部であることを知ってこそ、命の尊さや助け合う心が育まれるのではないでしょうか。

そして、簡単に殺人を犯したり、自殺することもなくなるのではないでしょうか。

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

アナウンサーの関連記事です!

⇒フジテレビのコネ入社は藤井弘輝だけじゃない?2世アナウンサーをまとめてチャネる!

⇒柴田阿弥の実家は医者で金持ち?弟は野球ドラフトで指名?アナウンサー転身の理由をチャネる!

⇒岡副麻希アナは「黒い桐谷美玲」!天然で話し方が下手で嫌われている噂をチャネる!

スポンサーリンク

 - アナウンサー, 伝説の人