*

情熱大陸の大野真司・乳がん専門医の経歴と評判!年収は?ピンクリボンの活動と家族をチャネる!

   

大野真司

出展:http://haruhaya0829.com/

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は大野真司先生♪

3月26日放送の情熱大陸【大野真司/乳がん最前線と治療法…がんに強い病院No.1未来の患者を救え】で放映されます!

大野真司先生は、年間1000件以上という日本一の手術症例数を持っています!

最低でも1日に3件程度は手術を行っている、スーパー乳がん医師なんです!

星座占い✖タロット✖チャネリングを勝手にをチャネプロファイリング致します~☆

スポンサーリンク

大野真司・乳がん専門医の経歴プロフをチャネる!

【名前】大野真司(おおの・しんじ)

【生年月日】1958年5月31日

【年齢】58歳・2017年3月現在

【出身地】福岡県北九州市

【星座】双子座

【タロットカード】カップのキング

【高校】福岡県立修猷館高等学校卒

【大学】九州大学医学部卒業

【趣味】料理?(メニューは少ない?)・ウォーキング

【職業】医師・がん研究会有明病院 乳腺センター長

【肩書】
 
・日本乳癌学会指導医、専門医

・日本外科学会指導医・専門医

・日本癌治療認定医機構暫定認定医

【経歴】

1984年 九州大学医学部卒業

1986年 九州大学医学部附属病院医員(第二外科)

1989年 米テキサス大学腫瘍学研究員

1993年 九州大学医学部附属病院助手(第二外科)

1997年 九州大学医学部附属病院併任講師(第二外科)

2000年 国立病院九州がんセンター乳腺科部長

2014年 同センター臨床腫瘍研究部長、臨床研究センター長

2015年 公益財団法人がん研究会有明病院院長補佐・乳腺センター長

※名医navi-Japanより抜粋しています。

アメリカで専門学を学ばれている大野真司先生は

 

治療のみならず、全国各地で講演会も行い、普及と心のケアを行っておられます!

年間1000件以上という驚異的で、日本一の手術症例数を持ち、

患者一人一人に最適の治療を選択し高度なチーム医療を実践しえおられます。

「患者と家族の満足」を医療のゴールと考えているそうです。

ここまで考慮されていると、“お医者さん”の粋を超えて、人生の伝道師になっております。

「疾病や身体」だけでなきく「こころ」・「社会・生活・家族」を診る

「チーム医療」の実践に努めているそうです。

大野真司先生の乳がん専門医としての技術的な腕も確かなのですが、それと勝るくらいの、患者さんへの気持ちを考えた医療活動をしているのが、他の医師とは違うとマッジは感じました。

大野真司先生の働いている病院はどこ?評判は? 

大野先生が現在働いている病院は、がん研究会有明病院という東京都内にある病院で、がん克服を目標にがんに対する様々な研究を行っている機関でもあるのです!

かなり大きな病院ですね~!

がん研究会有明病院

出展:https://ja.wikipedia.org/

【正式名称】 公益財団法人がん研究会 有明病院

【前身 】癌研究会附属病院

【許可病床数】 700床・一般病床:700床

【機能評価】一般500床以上:Ver5.0

【開設者】 公益財団法人がん研究会

【管理者】 山口俊晴(病院長)

【開設年月日 】1934年

【所在地 】

東京都江東区有明三丁目8番31号

2015年4月から、乳がん医療を専門とする東京の「がん研究会有明病院・乳腺センター長」を務められているのです。

大野真司先生は、周りのスタッフとともに団結して、高度なチーム医療を実践しておられるそうです。

ここは日本最大のがん専門病院と言われ日本だけでなく海外からも患者が多いそうです。

がん治療のプロフェッショナルが集まっている病院なのです!
大野真司先生もその中の一人ということですね。

「患者が主役のチーム医療」を方針に掲げており、がんに強い病院
というだけあってセカンドオピニオンで受診される方も多いといいます!

特に婦人科の口コミ・評判はヤフーヘルスケアなどでも見ましたが
ほとんど良い評価ばかりですね!

これも大野真司先生の活動が病院の評判をあげている要素の一つだとチャネる!

大野真司先生のピンクリボンの活動が評判を上げている!?

同センターでの治療のほかにも、「ピンクリボン運動」や「女性がんフォーラム」での講演活動などを行われています。

中でも、NPO法人「ハッピーマンマ~乳がんから女性を守る会」の代表理事を務められているのですが、
治療を行うだけではなく、様々な角度からがん克服のための活動をされています!

出展:http://marimon5050.com/

例えば・・・姫路城や清水寺をピンクにライトアップするイベントにゲストとして参加したり、福岡のドーム球場をピンク一色にするイベントに企画から参加したりと、異色な存在だと医師の仲間からは一目置かれているのです!

大野真司先生は、こういう外部活動で「患者さんの精神面を考えた活動」で評価されていると感じます。

ハードな手術で治療する技術面だけでなく、ソフトである、患者さんの精神的ケアや、多方面の人たちとの交流を大切にしています。

何故?大野真司先生は患者さんのソフト面を、ここまで重要視されているのでしょうか?

記事を読み進めていただけると、答えが明確になるでしょう。

大野真司・乳がん専門医とはどんな仕事?治療法とは?

日本人女性がかかる「がん」の圧倒的第1位である「乳がん」は、年間約9万人が罹患し、今や全日本人女性の11人に1人がかかる病と言われています!

有名人でも、小林麻央さんや北斗晶さんなどの乳がん報道があったことも記憶に新しいですね。

北斗さんはまだ40代で患い闘病生活をしています。
そして小林麻央さんも30代です。

大野真司さんが乳がんのリスクについてこんなコメントをされています。

30代の乳がんは20年前に比べて、2倍ほどになりました。
しかし、50代以降ではそれ以上に増えていません。

乳がんは20年前には40代、10年前には50代に多いとされていました。
それは団塊世代がその年代だったからです。

今後は70代、80代の乳がんが増えるのかもしれません。

若年層の乳がんは確実に増えてきているのだとチャネる!

そんな乳がんに対して近年の治療法はどうなってきているのか?

 近年は・・・手術や放射線や化学療法などを組み合わせて行う「集学的治療」というものが主流になっており、患者の状況に合わせて適切な方法がとられているそうです。

 そもそも・・・乳がんの治療は大きく分けて2つあり、1つは「局所療法」、もう1つは「全身療法」というものがあります。

「局所療法」は手術や放射線療法のことで、乳がん発生部やその近辺の治療を目的とされています。

「全身療法」は、化学療法やホルモン療法、分子標的治療薬などがあり、局所療法と組み合わせて実施されたり、ガンが転移することを防ぐために行われたりします。

ただ、やはり中心となるのは手術であり、医師とよく話し合ったうえで対処法を検討していくことが大切なので、大野真司さんのような”乳がん専門医”の活躍の幅は広がっているとチャネる!

スポンサーリンク

大野真司・乳がん専門医の年収とは?

医師の平均年収は1,479万円と厚生労働省調べで言われているようです。
月収:123万円

大学病院の医局に進んだ場合は、講師で700万円台、助教授で800万円台、教授で1000万円といわれています。
平均年収は:800~1000万
開業医になると平均で平均年収は1200万円~2000万円台と大幅に増える可能性があります!

勤務医と開業医は全く収入が違うのは有名ですね!

大野真司さんは勤務ですが、乳がん専門医としてトップクラスの方ですので年収は1000万以上はあると勝手にチャネる!

他にも外部活動で講演会や、NPO法人など多方面からの収入が今後増えると思われます。書籍も出されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

外科医が修得すべき乳がん手術 [ 大野真司 ]
価格:10800円(税込、送料無料) (2017/3/26時点)

 

大野真司先生が重視するサバイバーシップは、アメリカでの衝撃の一言からはじまった

“サバイバーシップ支援”とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、がん体験者の方への社会生活における支援のことを表しています。

大野真司先生はがん診断を受けた人が抱える問題を社会が協力して乗り越える、サバイバーシップを重視し活動されています。

この“サバイバーシップ支援”が何故必要なのか?

大野真司先生は患者の病気だけではなく、その後の人生にも向き合っている医師です。

医療者ができるのは、診療面でのサポートで、生活面に対してより身近な支援ができるのは、周囲の人やがんの体験者の方だからなのです。

目標の1つはがんになっても安心して暮らせる社会の構築です。

例えば、これまではがんであることを隠して仕事を続けていた人もいたことでしょう。

1/3くらいの人は職を失ってしまうという現実もあるようです。

しかし、これからはがんであることを職場の信頼できる人に伝え、通院のために仕事を休めるような環境が望まれます。

患者さん同士が支え合うピアサポートなしに、よいケアはできないと私は考えます

出展:http://www.nyugan-infonavi.jp/interview/dr_oono_2.html

大野真司先生は、全国の都道府県にピアサポートを作ろうと動き出されています!

ピアとは仲間という意味です。

大野真司さんが再発乳がん女性の2人を連れて米国臨床腫瘍学会(ASCO)に2010年に座談会を行った時に

「アメリカでは医療者がどんなサポートをしてくれるのか?」と尋ねたようです。

それに対し、米国側からは

サポートするのは医療者ではなく患者です。それは体験者の役割ですよ

答えが返ってきたことに衝撃を受けて、医療者に求めていたことが、実は体験者のなすべきことだったと気づかされたと言います。

大野真司先生はこのサポートするのは医療従事者ではなく、体験者である患者さんや一般の方々であると、認識しているからこそ、外部の活動も自分のライフワークとして熱心に取り組まれているのです。

ピアサポートの活動が円滑に運ぶようにするために「若年乳がん患者のサバイバーシップ支援プログラム」のサイトの中でも啓発活動を行っています。

⇒「若年乳がん患者のサバイバーシップ支援プログラム」

大野真司先生の結婚は?嫁、子供について

大野真司先生のご家族についてだが、一般人ですので特に具体的な情報はありませんでした。

ご家族は福岡で暮らし、大野先生は東京で暮らしているため、基本的には離れ離れで単身赴任を余儀なくされているようです。

ただ、頻繁にLINEをおくるなどしてコミュニケーションをとっているようですよ!

元々、国立病院九州がんセンター乳腺科部長として活躍されていたので、地元の人と結婚した可能性が高いとチャネる!

大野真司先生星座占いで性格チャネリング!

大野真司先生はふたご座です!

⇒【星座占い】ふたご座さんの本質のまとめチャネる!

自分からどんどん新しいことに挑戦して、引っ張っていく事ができる能動タイプです!自分を表現することが好きです!

吸収するよりも出していくことが得意だとチャネります!

いろんな人との情報や人とのコミュニケーションを大切にしています。
風通し良く横に広がるイメージですね!

タロットチャネリングで大野真司先生の人物像と今後をチャネる!


大野真司先生は
カップのキング」正位置です!

⇒タロットカード「カップのキング」の意味

大野真司先生へのタロットチャネリングメッセージ

緒豊かで優しく、人の気持ち、心や感情を大切にする男性です。

他人の気持ち、他人への配慮、気配りが第一で他人に対して優しさと思いやりを持って関わります。

周囲に対して穏やかに優しく接し、みなを心から支えることで達成に向かおうとします。

まさに技術も一流ですが、患者さんのことを繋いでいく、コミュニケーションの星のふたご座さんらしい特徴と愛情の深いカップの

資質を持っている医師の中でも、珍しいタイプだとチャネる!

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

プロフェッショナルな人たちの関連記事です!

⇒竹内久典、意外な経歴のパン職人・生瀬ヒュッテの場所と確実な予約方法!年収は?【プロフェッショナル】

⇒石原仁司のwikiプロフ・経歴と年収!京都“未在”のミシュラン三ツ星、究極のおもてなしをチャネる!【プロフェッショナル】

⇒産科医 荻田和秀はコウノドリのモデル経歴、出身高校、年収が凄い!医師でジャズピアニスト?真相をチャネる!【プロフェッショナル】

⇒【伝説】池川義輝(焼き鳥職人)プロフと年収は?”近火の強火”鳥しきメニューと場所・予約裏ワザをチャネる!

スポンサーリンク

 - 伝説の人, 医師, 医療, 起業家