*

ジョンレノンとオノヨーコの馴れ初めはW不倫!子供はショーンレノンだけじゃない?!

   

ジョン・レノン オノ・ヨーコ

出展:markburbey.blogspot.com

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は世界的なアーチスト、誰もが知っているジョンレノンさん!

歴史上最も偉大なミュージシャン・ジョンが1980年に暗殺されてから既に30年ちかく経ていますが・・ある意味神聖化されつつあります。

しかし・・・意外な彼の経歴や短気な性格はあまり知られていません。

女性スキャンダルやW不倫から始まったオノ・ヨーコさんとの結婚秘話や、不倫相手の本命は?ヨーコさんではなかったとの衝撃な情報もあります。

ジョンがヨーコとの息子を溺愛していたことは有名ですね~「ビューティフル・ボーイ」はショーンさんのことを唄っております。

あまり知られていないのですが・・ヨーコさんも不倫問題や男性関係でも自由奔放な若い頃があり、オノ・ヨーコさんにとっては、ショーン・レノンさんは初めての子供ではありませんでした。

ジョン・レノンさんにとっても、次男になるのです。

ジョン・レノンさんやオノ・ヨーコさんの馴れ初めや、子供たちについて

星座占い✖タロット✖チャネリングを勝手にをチャネプロファイリング致します~☆

スポンサーリンク

ジョンレノンのwiki経歴プロフをチャネる!

【名前】ジョン・ウィンストン・レノン→ジョン・ウィンストン・オノ・レノン

【生年月日】1940年10月9日~1980年12月8日(享年41歳)

【星座】てんびん座

【タロットカード】運命の輪 正位置

【出身地】ドイツ・リバプール

【中学・高校】1952年9月にグラマー・スクールのクオリー・バンク校に入学

【大学】リヴァプール・カレッジ・オブ・アート (Liverpool College of Art) 

【家族】

父親・アルフレッド(1912~76)は商船の乗組員として航海中で不在

母親・ジュリア(1914~58)

【育ての親】

母親の姉・メアリー(1903~91)(ミミ伯母)夫婦に育てられる。

母親の姉の夫・ミミの夫・ジョージ(1903~55)

【結婚】

1962年8月23日 シンシアパウエルと結婚 1968年11月8日に離婚

1939年3月20日 オノヨーコと再婚

【子供】

1963年4月8日 長男・ジュリアン・レノン(2017年現在54歳)

1974年10月9日 次男・ショーン・タロー・オノ・レノン(2017年現在43歳)

【略歴】

ジョンレノンの女性スキャンダルの原因はマザコン気質と家族関係!

芸術家で天才は周りの人が振り回されるケースが多い印象ですが・・・ジョン・レノンさんも複雑な家庭で育ったため、”マザコン気質”で年上の女性と恋愛関係になることが多かったようです。

ジョンの幼いころは父親はほとんど家に居なかったようで、母親も他の男性と同性していたようで、実の両親の愛に飢えていたのかもしれません。

母親の姉・メアリー夫婦に育てられております。

しかし一度だけ父親と暮らしたことがあるようです。

1946年、実の父親、アルフレッドが帰国し、引き取られ数週間一緒に暮らしましたが・・・母・ジュリアがジョンを連れ戻したようです。

しかし・・・実の母と暮らすことはジョンは出来ずに、再びミミ夫妻=母親の姉・メアリーに育てられたのです。

結局は、父は蒸発し、行方不明になりました。

ジョンレノンさんは、実の両親に育てられなかったからか、少年時代は反抗的でケンカ騒ぎを起こす事が多かったと言いますね。

音楽はジョンと両親を繋いだ大切な絆だった

1956年にエルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴き、ロックンロールの洗礼を受け、初めてのギターとなるギャロトーン・チャンピオンを新聞の通信販売で購入しました!

この頃、実の母親のジュリアが近くに住んでいることを知ったジョンは、ジュリアの家へ行き来するようになったようです。

夫・フレッドからバンジョーのコードを教わっていたジュリアは、ジョンにバンジョーのコードをいくつか教え音楽に関心を向けさせたと言います。

1957年、第1作にあたる「ハロー・リトル・ガール」を作曲していますす。

(この曲は、1962年にデッカのオーディションの際に歌われ、「アンソロジー1」で公式に発表されております。)

当時からジョンはギター・ヴォーカルを担当していたが、実際に教わったのはバンジョーのコードだったので、弦を4本(あるいは5本)しか使っていなかったようです。

クオリー・バンク校でポール・マッカトニーと運命の出会いをしています!

さらにポールからジョージ・ハリスンを紹介され、スキッフルバンド「クオリーメン」のメンバーとして加入を認めています。

まだこの頃は「ビートルズ」の名前では活動しておりませんでした。

ジョンレノンの母親への思い・・愛を乞うひと

1958年7月15日・・ジョンが18歳の時に、非番の警察官が運転する車が母・ジュリアをはね死亡させる悲劇が起きています。

このジュリアの死はジョンに大きく影響しております。

幼少時代に母親の愛に飢えていたジョン・レノンですが、成人してからの女性関係が荒れた原因だとも考えられます。

14歳の時に、母を乳癌で亡くしていたポールはジョンとの友情を固める要因ともなっております。

1958年9月、ジョンはクオリー・バンクを卒業後、同校校長の取り計らいでリヴァプール・カレッジ・オブ・アート (Liverpool College of Art) に入学しています。

そこで最初の妻となるシンシア・パウエルと出会っております。

ジョンレノンの最初の結婚と息子

1960年には歴史的な音楽グループ「ザ・ビートルズ」として、レコード・デビューを果たします。

1962年8月にはジョンとシンシアは入籍して、翌年には長男・ジュリアン・レノンが生まれており、私生活は順風満帆(じゅんぷうまんぱん)に見えたのですが・・・

両親と生活したことが無いジョンは、ジュリアンにどう接して良いか分からないので「『どうしたらジュリアンが喜ぶか教えてくれないか? やり方が分からないんだ』とジョンに質問された」とポールは述べているようです。

息子のジュリアンも後に「ポールはかなり頻繁に遊んでくれたよ、父さんよりね。僕らは良い友人だった。その頃の僕とポールがいっしょに遊んでいる写真は、父さんとの写真よりもはるかに多い」と告白されています。

1966年にビートルズがライヴ・ツアーを休止した後、11月にはロンドンのインディカ・ギャラリーで、彼は後に2人目の妻となるオノ・ヨーコに出会っております。

スポンサーリンク

オノ・ヨーコはwiki経歴プロフ!自由奔放のお嬢様!

【名前】 小野 洋子(おの・ようこ)

【生年月日】1933年2月18日(84歳 2017年現在)

【星座】みずがめ座

【出身地】 東京府(現:東京都)

【職業】芸術家・音楽家・平和活動家

【活動期間】 1961年 –

【家族】

父・小野英輔
母・小野磯子
妹・小野節子・元世界銀行シニアアドバイザー・芸術

【3度の結婚】

1956年(23歳)結婚・一柳慧(いちやなぎ・とし)1933年2月4日生まれ・兵庫県神戸市出身の作曲家・ピアニスト

1963年8月8日(29歳)再婚 1969年2月2日離婚・アンソニー・コックス・ジャズミュージシャン・映像作家

1969年3月20日(35歳)再再婚・ジョンレノン

【子供】

長女・キョーコ・チャン・コックス・1963年8月8日(54歳・2017年現在)

長男・ショーン・タロー・オノ・レノン・1974年10月9日(2017年現在43歳)

オノ・ヨーコの若い頃は不倫と結婚を繰り返していた情熱家!

オノ・ヨーコさんは銀行家の小野英輔さんの元に長女として生まれ、父親は当時横浜正金銀行のサンフランシスコ支店副頭取を務めており、それぞれの祖父は元日本興業銀行総裁、元貴族院議員を務めるなど大変裕福な家庭で育っております。

オノ・ヨーコの曾祖父は安田財閥の創始者・安田善次郎です。安田財閥といえば、金融部門で他の財閥の追随を許さないほど潤沢な金融資本をもつ日本四大財閥の1つでもあります。

妹さんの小野節子さんも大変優秀な方で、最近テレビにも取り上げられていますね~

⇒オノ・ヨーコの妹・小野節子の経歴プロフが凄すぎる!結婚した旦那や子供は?チャネる!

上記のブログに華麗なる家系図を詳しく載せております。

ヨーコさんは、2歳のときにはサンフランシスコ、小学校の頃には父の仕事の都合でニューヨークに移住していますが、それぞれその後再び日本へ戻っており、その後小学校~大学(20歳まで)までは日本で暮らしています。

ヨーコさんは学習院大学の哲学科に在学していましたが、20歳のとき父親の赴任先のニューヨークへの移住を機に中退し、サラ・ローレンス大学に入学して音楽と詩を学んでいます。

1956年、オノ・ヨーコさん23歳の時に、ピアニストの一柳慧さんと最初の結婚で大学を退学されています。

ヨーコさんも1962年から1964年まで日本に帰国し前衛芸術の活動を始めますが、当時日本ではまだ理解が少なく、評論家からも批判されたヨーコさんはノイローゼ気味となり辛い日々を過ごされたようです。

そんな時に、ジャズミュージシャン・映像作家のアンソニー・コックスさんと出会い救われて・・不倫関係になるのです。

1962年11月28日にアンソニーさんと結婚しようとしていますが、一柳さんとの離婚が法的に成立しておらず無効になっています。

1963年3月1日に再度結婚しようとしましたが「無効」とされてしまい・・同年6月に正式にアンソニーさんとの結婚が成立しているのです。

おそらく離婚裁判で泥沼の不倫劇があったことは否定できないでしょう。

同年8月8日には娘キョーコ・チャン・コックスが生まれているので、コックスさんと結婚を試みた時には、既にお腹には赤ちゃんがいたので、”不倫””できちゃった結婚”だったのでしょう。

前夫の一柳慧さんは1961年からは帰国して日本で活動し、80年代からは邦楽器のための作品を毎年のように発表しており、これまでに紫綬褒章や日本芸術院賞・恩賜賞など多数受賞しています。

ヨーコさんの奔放な性生活はとどまらなかったのです・・・

スポンサーリンク

ジョンレノンとオノヨーコの馴れ初めはW不倫

オノ・ヨーコさんは前衛芸術を理解をしてくれない東京を去り、ロンドンを活動拠点にします。

この頃にシンシアさんと結婚していたジョンレノンと「W不倫」したようです。

ジョンレノンとオノヨーコの馴れ初めは・・・

当時、日本や東洋文化に興味を持っていたジョンは、禅や空の概念に強い好奇心を寄せており、これを色濃く反映させたヨーコのアートに強い興味を示したようです。

ヨーコの個展に出掛けたレノンが見たヨーコの作品に、YESという言葉を虫眼鏡で見る仕掛けがあり、ジョンがそれをいたく気に入った逸話は有名です。

実はオノ・ヨーコさんはジョン・レノンにつきまとう熱狂的なファンの一人だったようです。

計画的に近づいたようです。

最初はヨーコの存在は、ジョンをイライラさせたようです。

ジョン・レノンが愛した不倫相手はオノ・ヨーコではない理由!

1970年のビートルズの解散は、オノ・ヨーコが原因と言われています。

ジョン・レノンは、オノ・ヨーコと結婚するまでに、イギリスの大スターだった”アルマコーガン”と既に関係性があったようです。

ジョンの前妻のシンシアが暴露しております。

「今、冷静に振り返るとジョンがなぜ彼女に惹かれたのかわかます。アルマは彼より8歳年上で、叔母さん的存在でした。ヨーコも7歳年上だったし、彼女たちはどちらも強いキャラクターでした」

育ての親の母親の姉・メアリーさんの影響が大きかったのでしょう。

母親・ジュリアよりも11歳も年上でした。

「アルマが卵巣癌で34歳で亡くなった時、ジョンは慰めようもないほどでした。

彼にとって、彼女はミミおばさん(母親代わりにジョンを育てた叔母)の代わりになる人だった」

アルマが亡くなると、オノ・ヨーコさんはチャンスを掴んで、新しいミミおばさんになったようです。

ジョンが女性に何を求めているのか研究して、自分を変えていったとシンシアが言っております。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの結婚

ジョンはどんどん、歳上で甘えられる、ミミおばさんの代わりのヨーコの魅力にハマり・・

1968年2〜4月のインドでの修行中も、ヨーコと文通しいて、5月にヨーコへの思慕を募らせたジョンは、シンシアの旅行中にヨーコを自宅に招き入れ、以後ヨーコはジョンとの同棲生活をとうとう始めたようです。

ジョンの前妻、シンシアはその年の7月に離婚申請し、11月8日に離婚が成立しております。

そして、8ヶ月後の1969年3月20日にオノ・ヨーコとジョン・レノンは再婚されています。

ジョンとヨーコは一度別居状態になっている過去があります・・・

ジョンレノンは性欲も強くオノヨーコさんも公認済みの愛人もいた!

1973年10月にジョンはロスに移り住み、ここでの複数の女性と関係性を持っていたようです。

ジョンレノンは、性的欲望も強かったようで、度々ヨーコさんは、女性関係で苦しめられていました。

ヨーコさんは解決策として、秘書として雇われていたメイパンをジョン・レノンの愛人として公認し、正妻として、ジョンレノンとの関係性を保っていたとも言われております。

なかなか女性で割り切って愛人を公認するのは凄いです。

ただジョンは後に「失われた週末」と言っており、約1年後の1974年11月に再会し、1975年1月には再び一緒に生活をしております。

このときには、ジョンにとって次男が生まれております。

ジョン・レノンのオノ・ヨーコの子供はショーン・レノンでキョーコは公にされていなかった理由!

1974年10月9日、レノンの35歳の誕生日に二人の息子ショーン・タロー・オノ・レノンが生まれています。

ショーン誕生後、オノ・ヨーコと夫婦の役割を見直し、育児と家事をレノンが担当し、家計とビジネスをヨーコが担当することになったので

この数年間で、不動産や畜産などへの投資を積極的に行い、ビジネスの才覚を発揮したと言われています。

1963年8月8日には娘キョーコ・チャン・コックスが前夫の間で生まれていましたが、

ヨーコがイギリスを拠点にして活動を始めた際は、ジョン・レノンや、夫以外の複数の男性と関係を持ち、再婚相手のコックスや娘のキョーコさんを苦しめた事実があります。

前夫とコックスからキョーコを引き取ろうとし、泥沼の法廷闘争までも行ったようです・・・

前夫、コックスはその混乱の渦中で、事件を起こし逮捕されるような事態に陥いるくらい精神的に追い詰められていました。

当時5歳の娘キョーコは、母親の自己中心的で、人の道を踏み外した行動が、父を苦しめていることがよく理解できたため、愛情深い父を守ろうとヨーコに対し「あなたにはもう会いたくない」と宣言してヨーコのもとを去ったと言います。

そして父と娘は共にヨーコと連絡を絶ち、親娘は世間に本名を隠し暮らすようになったのです。

このことでヨーコは前夫と実の娘と絶縁状態が長く続いておりました。

娘と全く会えなくなり、程なくヨーコは娘の親権を放棄せざる負えなかったのです。

ですからずっと、公には娘のキョーコさんのことは語られていなかったので、お子さんはショーンさんだけのイメージがあります。

キョーコが20代になり子供を産む時になり、母親のヨーコに連絡を取りました。

それは、キョーコが「子供におばあちゃんとの接点がないのは不憫だ」と思ったからだと言います・・

ジョン・レノンの死の後は、コックスやキョーコと親しく連絡を取り合っているようです。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ星座占いで性格チャネリング!

ジョン・レノンはてんびん座

⇒【星座占い】てんびん座さんの本質のまとめチャネる!

人から言われてよりも、自ら気づき動いていく人!
誰かの指図で動くのは苦手だとチャネる!

ベタベタした関係は苦手です!サッパリ自由がきく関係を好みます。

人間関係においては調和を保とうと多方面にいい顔をすることで不信感を抱かれたり、他者からの視線や評価を感じ取る能力が強すぎると、気疲れをしやすくなるところがあります。

オノ・ヨーコはみずがめ座

オノ・ヨーコさんは、うお座に近い、みずがめ座になります。

⇒【星座占い】みずがめ座さんの本質のまとめチャネる!

周りから見て独創的に見える考え方を持っていますが、他者から同調される必要はなく同意も求めていません。

それが人によっては反抗的な態度としてとられてしまうことがあります。

ですがうお座の性質もあるので傷つきやすい人でもあります。

タロットチャネリングでジョン・レノン&オノ・ヨーコの結婚のパートナーシップについて

 

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
運命の輪」正位置です!

⇒★タロットカードの意味★「運命の輪」

ジョン・レノン&オノ・ヨーコのタロットチャネリングメッセージ

正位置:チャンスを掴む、運命、良い変化、出逢い…

オノ・ヨーコさんの母性的な愛に惹かれたジョン・レノンさん、ヨーコさんもジョンさんと出会い、初めて大人の女性として「忍耐」と学んだのかもしれません。
二人は親子関係のように共依存した時期もありましたが、ショーンさんが生まれてから、ジョンにも初めて家庭という愛に恵まれて、充実していたのかもしれません。

ジョン・レノンは、自身のことを「自分は40歳以上生きられない」「たぶん頭のおかしいやつにやられてポックリいくだろう」と、若い頃に予言しているようですが、結果的には最悪の結果で亡くなっております。

暗殺された時は、世界中の人たちがショックを受け、忘れらない永遠の別れになりました。

しかし彼の音楽は未だに地球の何処かで流れ続けており、輝きを増しております。

オノ・ヨーコさんに出会い、ジョン・レノンは性格が穏やかになったというお話もあります。

二人一緒に映し出されている写真と音楽が、とても素敵で、オノ・ヨーコさんはプロデューサーの役割を担っておりました。

マッジはジョンの優しい声がいつも・・何かを求め”愛を乞うひと”に聴こえてきます。

誰よりも愛に飢えて、母を求めていた彼は、インナーチャイルドが求めていた曲が多かったのでは?と勝手に思いました。

唯一実の父親と母親との繋がりが「音楽」だったことも運命だなと感慨深いです。

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

⇒オノ・ヨーコの妹・小野節子の経歴プロフが凄すぎる!結婚した旦那や子供は?チャネる!

スポンサーリンク

 - アーティスト, 不倫騒動, 伝説の人, 有名人の妻たち, 波乱万丈, 熱愛・結婚, 離婚