*

カズオイシグロ経歴wikプロフ!家族・両親や嫁 子供について!村上春樹もおすすめ作品まとめ!

      2017/10/16

カズオイシグロ

出展:https://www.cnn.co.jp/

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人はカズオ・イシグロさん!2017年のノーベル文学賞を受賞されました!

それほど日本では知名度は高くないのですが、村上春樹などと並び、国際的には高い評価を受けている作家の一人なんです!

「わたしを離さないで」がカズオイシグロさんの最高傑作と言われています!

カズオ・イシグロさんとは?どんな経歴wikiプロフィール?日本人なんでしょうか?家族や妻、子供についても

星座占い✖タロット✖チャネリングを勝手にをチャネプロファイリング致します~☆

スポンサーリンク

イシグロカズオさんの経歴wikiプロフ!

【名前】カズオ・イシグロ(日系イギリス人)

【本名】石黒一雄(いしぐろ・かずお)

【生年月日】1954年11月8日

【年齢】62歳(2017年現在)

【星座】さそり座

【タロットカード】隠者 正位置

【出生地】長崎県

【出身地】イギリス・ロンドン

【両親】

父・石黒鎮雄(いしぐろ・しずお)海洋学者・1920年4月20日生まれ、日本国籍の日本人

母・石黒静子(いしぐろ・しずこ)・日本国籍の日本人

【結婚】1986年にイギリス人、ローナ・マクドゥーガル(Lorna MacDougall)と結婚

【子供】長女・ナオミイシグロ 大学院生 25歳

【影響を受けた小説家】谷崎潤一郎

【気になる現代の小説家】村上春樹

【影響を受けた日本映画】小津安二郎 成瀬巳喜男

【小学校】グラマー・スクール

【大学】

   1978年ケント大学英文学科卒業

   1980年イースト・アングリア大学大学院創作学科を卒業

イシグロカズオの作歴・受賞歴

1982年、処女作『遠い山なみの光』(原題:A Pale View of Hills) で王立文学協会賞を受賞。

1986年、第2作『浮世の画家』 (原題:An Artist of the Floating World) でウィットブレッド賞を受賞。

1989年、第3作『日の名残り』 で世界的に権威のあるイギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞。
同作は1993年にジェームズ・アイヴォリー監督・アンソニー・ホプキンス主演で映画化(英米合作)。

1995年、第4作『充たされざる者』 (原題: The Unconsoled) を出版。

1995年に大英帝国勲章(オフィサー)

1998年にフランス芸術文化勲章を受章。

2000年、第5作『わたしたちが孤児だったころ』 (原題:When We Were Orphans) を発売し、即ベストセラー。

2005年、第6作『わたしを離さないで』 で2005年のブッカー賞、全米批評家協会賞、コモンウェルス賞、BBCブッククラブ賞の最終候補に選出。

また発売直後に、タイム誌のオールタイムベスト100(1923~2005年発表の作品が対象)に選ばれる快挙を達成。

その他、アメリカ主要紙誌5誌から2005年のベストブックの一冊に選定され、後に映画化。

2008年には『タイムズ』紙上で、「1945年以降の英文学で最も重要な50人の作家」の一人に選ばれる。

カズオイシグロは日本人?家族について

両親ともに日本国籍を持つ日本人なんですが、父親が海洋学者で北海の油田調査のために、カズオ・イシグロが5歳の時(1960年)一緒に渡英しているので、日本語はほとんど話すことが出来ないそうです!

幼いころに母親がシャーロック・ホームズやアガサ・クリスティを日本語で読み聞かせしてくれたのが英文学に最初に触れたきっかけだったようです。

そんな教育熱心な母親に育てられたカズオ・イシグロは

大学は、イギリスの国立ケント大学(University of Kent)で英語と哲学の学士号をとって卒業され、国立イースト・アングリア大学(University of East Anglia)で修士号を取得しています。

カズオ・イシグロの在籍したイースト・アングリア大学は世界トップレベルの研究活動が行われていることでも知られる国際的に有名な大学のようです。

面白いお話があります・・・日本語を喋ることは出来ませんが、母親の幼いころの読み聞かせによって、ヒアリング出来るようですが、ある条件があるのです!

本人曰く・・・女性が喋る日本語は分かるようです~男性のは全く分からないと言うのですww

そんなこともあるのでしょうかね・・・マッジも不思議です。

最初からカズオ・イシグロは作家を目指しておりませんでした。

”ミュージシャン”を目指していたようですが、父親が海洋学者だったこともあり、文学者へ進路を変更されたようです。

作家に転身して、1982年に処女作『遠い山なみの光』 (原題:A Pale View of Hills) を発表し、いきなり王立文学協会賞を受賞するなど、彗星のごとく注目の作家としてデビューされました。

その後次々に傑作を発表し、一気に国際的に評価の高い作家の一人となった天才作家なんですね!

日本に対する思いが深い人のようです。

日本の法律は二重国籍を禁止しているので、日本国籍を放棄し、1982年にイギリス人に帰化しております。

カズオイシグロの妻とは?カズオイシグロの馴れ初め

1986年にイギリス人である、ローナ・マクドゥーガルさんと結婚されています。

二人の馴れ初めは、ロンドンのホームレスを支援する団体のソーシャルワーカーとして働いていたローナさんは、同じく働いていたカズオイシグロさんと出会ったようです。

奥様も慈善団体で活動するくらいですから、ステータスがある女性だと思われますね~お家柄も良さそうです。

THE TIMESのサイトに妻との仲睦まじい、ツーショット画層がありました!

2014年10月5日です!何かの表彰式に出席されたのだと思われます。

カズオイシグロ 家族

出展:https://www.thetimes.co.uk/article/ishiguros-novel-delayed-by-wife-r609m5hts2z

カズオイシグロと嫁との子供は?

ノーベル賞作家カズオイシグロさんの子供は娘が一人のようですよ!

お名前は、ナオミイシグロさん!現在25歳で現役の大学院生です。

名前も日本人でも外国人でも、共通してあるお名前ですね~考えて名付けされています。

25歳で働かずに学生していられるのは、まさに富裕層の娘さんですよね

出展:https://twitter.com/NaomiIshiguro

下記のお写真は、2012年の頃、20歳のナオミイシグロさんです!

黒髪で小柄な身長で、アジア人の体型を感じます!

ツィートには、本を読むこと・書くことが大好きなようで、本のことがたくさん書かれているので、将来は父親と同じ道を選ぶかもしれません。

出展:https://twitter.com/NaomiIshiguro

最近のツイッターは、イギリスのEU離脱に反対する活動写真が多く見受けられました。

ナオミイシグロさんはEU離脱反対の運動を支持していた?

ナオミさん自身はイギリスで生まれ育っていますが、父親のカズオイシグロさんは日本からの移民で帰化されています。

移民問題で揺れ、閉鎖的に向かうイギリス世論に反対意見を示していたのは、当然かもしれません。

イシグロカズオの作風とは?作品に日本の影響がある理由

1989年に国際交流基金の短期滞在プログラムで再来日された時に大江健三郎さんと対談した時に、最初の2作で描いた日本は想像の産物であったと語られています。

「私はこの他国、強い絆を感じていた非常に重要な他国の、強いイメージを頭の中に抱えながら育った。英国で私はいつも、この想像上の日本というものを頭の中で思い描いていた」

時には日本人の作家として語られることがあるようにも思われていますが・・・

「もし偽名で作品を書いて、表紙に別人の写真を載せれば『日本の作家を思わせる』などという読者は誰もいないだろう」

彼自身はこのように・・・日本の作家であると思われることを否定しているように見えます。

しかし・・・日本人のDNAを持っているイギリス人のような方だと思われます。

本人も想像上の日本というのが前提にあると認めているので、作品もイギリス人のフィルターを通した、日本の人物設定をしていると言われています。

幼少期の大切な時期は10歳までとすれば、5歳まで日本に居て、その後イギリスの教育を受けられているので、両方の文化の影響を受けているのだと考えられます。

カズオ・イシグロの繊細な表現は、日本人的な部分が作品に現れているようで、大きな特徴は、その静謐で繊細な文体だと言われています。

どこかもの静かで落ち着いているような佇まいがあり、登場人物の「控えめさ」「繊細さ」を描くのがとても上手なようです。

本人は否定しているようですが・・・文章の中にどことなく漂う、控えめで哀愁のある文体にはやはり”日本人的な表現”なのかもしれません。

「私にとって日本は外国ですが、感情面では特別な国。もう一つのふるさとなのです」

本人も上記のように語られているので、彼にとっての想像上の日本であっても、影響を受けているのは間違いないと感じます。

スポンサーリンク

カズオイシグロと村上春樹はどちらが優れているか?

村上春樹さんは2006年にノーベル賞の登竜門といわれるチェコの文学賞「フランツ・カフカ賞」を受賞して以来、ノーベル賞発表シーズンになると、作品が世界50言語以上に翻訳されている村上氏は毎年のように名前が挙がっている存在です。

今回も英大手ブックメーカー、ラドブロークスの予想オッズは5倍で、2番人気だったと言います。

カズオ・イシグロさんは村上春樹と比較されているようですね~

カズオイシグロも、最も気になる”現代作家”として村上春樹の名を挙げております。

村上春樹自身も

「新しい小説が出るたびに、ほかに読みかけの本があっても途中でやめて、何はさておきページを開いて読み始めるという作家が何人かいる。カズオ・イシグロもそのような作家の一人である」

出展:(村上春樹「雑文集」)

と言っているのでお互いに良い意味で、尊敬しているのでしょう。

ただカズオ・イシグロ本人は、日本人作家に影響を受けているというよりも、シャーロット・ブロンテ やドストエフスキー、ディケンズと共通している部分が多いと感じているようです。

どちらが優れているのか?これは一人ひとりの読者が感じることであって、優劣をつけること自体ナンセンスだと、マッジは感じます。

ただ、カズオ・イシグロは日本人の作家と同じ土俵にされて、比べられるのは納得がいかないのでは?と感じました。

カズオイシグロにあって、村上春樹にはない表現とは?

村上春樹の母校である兵庫県立神戸高校では、13年連続で同窓会OBが集まり、吉報を待つようなイベントがあるようです。

そもそも・・・村上春樹がノーベル文学賞を取るのではないかと言われている最大の原因は、2006年に受賞したカフカ賞です。

この賞は、ノーベル賞に一番近い賞と言われていて、04年、05年と2度、この賞の受賞者がノーベル賞も受賞することが続いたからだそうです。

ただ、村上春樹の作品はノーベル文学賞の理念である、人間と自然、国家や民族、歴史などに対する洞察や想像力、精神性の深さといった要素を意味する

「理想主義的傾向」とはマッチするか否かは判断がむずかしいとされているようです。

村上春樹の作品の特徴として、現実と異界が接触しており、その間の行き来によって物語は推進力を得ているので、世界中に読まれている、ある種の普遍性がある小説なんですが・・
春樹の小説の構造類型に「理想主義的傾向」が認められるかと考えると、よくわからないとも言われているようです。

実際のところは、誰もわからないとマッジは感じます。

ただこれからも・・・村上春樹はノーベル文学賞の発表の度にニュースになるのかもしれません。

本人はどんな気持ちで居るのでしょうか?

今回カズオ・イシグロには賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られております。

村上春樹も相当な印税があるはずなので、もちろんお金ではありません。

名誉の賞でもありますが、ノーベル文学賞を取るために作品を書くようなことにはならないでしょう。

自分の作風の小説で、どこまでも勝負したいと思うはずです。

スポンサーリンク

村上春樹もおすすめ?!カズオイシグロの作品

村上春樹は「本が出たら必ずすぐ読むのはカズオ・イシグロと(米作家の)コーマック・マッカーシー」と語るなど、カズオ・イシグロファンだということを明らかにしていたそうです!

わたしを離さないで

カズオ・イシグロさんの最高傑作と言われる作品です!

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

  • 作者:カズオ・イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2008-08-22

キャシーは自分が育った閉鎖的空間であるヘールシャムを回想しますが、そこには謎がありました。芸術に力をいれていたり、毎週受ける健康診断があったり。そして、施設の外の世界に関することになると、ヘールシャムの保護官たちは奇妙な態度を示します。

キャシーが青春時代を過ごしたヘールシャムの謎とは一体何なのでしょうか。そして、彼ら「提供者」とは一体何を提供していたのでしょうか。

出展:https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1609

日の名残り

イギリスがカズオ・イシグロを認めた作品で知られています。

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

  • 作者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2001-05-01

ファラディ氏に仕える執事スティーブンスが前の主人のダーリントン卿と、ダーリントン・ホールで過ごした35年間を回想します。主人であるダーリントン卿と、執事であるスティーブンスの関係、好きだった女性との関係。過去と現在を往復しながら、「人生とは何か?品格とは何か?」を自問し続ける回顧録です。スティーブンスは新しい主人に仕える区切りはつくのでしょうか。

まるで、カズオ・イシグロの体験談のようなリアリティを感じさせる小説です。ダーリントン卿、ミス・ケントン、ファラディ登場人物が等身大で描かれていて読者の目の前に、人物たちがあらわれていくような錯覚を覚えます。

出展:https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1609

忘れられた巨人

忘れられた巨人

忘れられた巨人

  • 作者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2015-05-01

カズオ・イシグロの『忘れられた巨人』の主人公は、老夫婦のアクセルとベアトリス。彼らは村で浮いた存在なのでした。そこで、離れて暮らす息子を訪ね、その村に移住しようと老夫婦は旅へ出かけます。しかし、アーサー王伝説の世界が舞台になっていて、簡単に息子に会うことはできません。剣や魔法、妖精やドラゴンが出てくる世界の冒険は一筋縄ではいきません。彼らは、無事に息子と会うことはできるのでしょうか。

出展:https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1609

わたしが孤児だったころ

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

  • 作者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2006-03-01

『わたしが孤児だったころ』の主人公、クリストファー・バンクスは、10歳の頃に両親が失踪し、イギリスにいる伯母に育てられます。バンクスは、ずっと両親の失踪が心にひっかかっていました。そして、上海にとらわれている両親を救い出すために幼いころからの夢であった探偵になります。

出展:https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1609

浮世の画家

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)

  • 作者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2006-11-01

作品の主人公である小野益次は、引退した日本人画家です。彼は愛国的な画風で知られています。

物語は彼の回想録です。回想は、まずは自らの徳の高さを他人に認められたエピソードから始まり、娘の結婚の話、娘婿との間に生じた軋轢、そして自らの過去の修行時代や、子どもの頃の厳格な両親との軋轢の話にまで遡ります。

小野は、そのすべての体験において自分は、自らの信念を貫いてきたというふうに語ります。己の信念の肯定が、彼の精神を少なからず支えている重要な役目を負っていることは確かでしょう。彼は自尊心の強さゆえに、自己の肯定と自らの存在意義を否定することはできないのです。

出展:https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1609

遠い山なみの光

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

  • 作者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2001-09-01

故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作です!

カズオイシグロ星座占いで性格チャネリング!

カズオイシグロさんはさそり座です!

⇒【星座占い】さそり座さんの本質のまとめチャネる!

人の心をメインに考えて行動できる優しい人です。
芸術的感性があり、とても繊細ですので、裏切られたら相当傷つくとチャネる!

タロットチャネリングでカズオイシグロの人物像と今後をチャネる!


カズオイシグロは
隠者
」正位置です!

⇒★タロットカードの意味★「隠者」

カズオイシグロへのタロットチャネリングメッセージ

正位置:崇高な精神、単独行動、深い知識、思いやり…

カズオイシグロさんの哀愁あふれる日本の繊細な日本の世界は、日本人作家をしてよりもイギリス人のフィルターであり、日本人のDNAも息づく絶妙なバランスで成り立っています。
ますます彼の作品は人気になっていくでしょう。
日本の良さをある意味、欲していて、知らないからこそ美しい世界を文学的に描けるのでしょう。
控えめさ・・奥ゆかしさを敢えて表現する、日本人が忘れているものを、イギリス人のマインドの彼の中から映し出している不思議な現象です。

日系イギリス人のカズオイシグロから日本人の本質を教えてもらうことが多いのです。

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

クリエイターの知られざる経歴記事です!

⇒ヤマザキマリの凄絶離婚?夫は?息子は京都大学?画像と母や父・家族についてまるごと調査!

⇒天才宮藤官九郎と嫁・八反田リコが凄い(画像)娘の名前、学校と年収、作品をチャネる!

⇒レスリー・キー(プロフ・経歴)高良健吾が逮捕されるほどの写真集?画像をチャネる!

スポンサーリンク

 - クリエイター, 作家,