*

壇蜜の現在と過去・意外な経歴を暴く!ブス専の彼氏とは結婚?愛人と呼ばれる性格をチャネる!

   

出展:http://headlines.yahoo.co.jp

出展:http://headlines.yahoo.co.jp

こんにちは!タロットチャネラーのMagicalです!
愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質に迫りタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は壇蜜さんをチャネプロファイリング致します!

スポンサーリンク

壇蜜さんのプロフをチャネる!wikiチャネプロファイリング

名前:壇蜜(だんみつ)

本名:齋藤 支靜加(さいとう・しずか)

愛称愛人

生年月日:1980年12月3日(35歳 2016年執筆時)

血液型:O型

身長:158cm

スリーサイズ: 85 – 60 – 89 cm(Eカップ)

出生地:秋田県横手市→幼少時に東京に移住

出身地:東京

資格:日本舞踊名取、英語の教員免許、調理師免許、エンバーミング(遺体の修復、防腐を行う遺体衛生保全士資格)を取得

恋愛対象:バイセクシャルを公言している。

家族:父親・ツアーコンダクター
母親・保育士

学歴:小中高一貫教育の昭和女子・大附属昭和女子高等学校・昭和女子大学 英米文学卒
大学時代に8ヶ月のボストン留学経験
卒業後、調理師学校(服部栄養専門学校)和菓子職人の修行を3年

職業:グラビアアイドル

所属事務所:フィットワン

出展:http://www.oricon.co.jp

出展:http://www.oricon.co.jp

両親とも夜の8時か9時くらいまで働いていたので、私は自宅からバスで10分くらいのところにあった父の実家に預けられていました。それで、夜に父か母が迎えにきて一緒に帰ることが多かったです。

遠慮していたのか単に嫌だったのか、祖父母の家でごはんは食べたくないと思っていました。だから、夜遅くなっても自分の家で父母と一緒に食事していましたね。

父や母がそばにいることで安心感を覚えたことって、今思えばそんなになかったです。
迎えに来てもらって帰れるのはうれしかったですけど、「やっとお母さんに会える」って甘えたりはしなかったですね。

祖父母の家にいとこが数人いたんですけど、私は一人っ子なので、自分と同じような年の子どもがいるのが落ち着かなかった。大人たちは「一緒に遊べて楽しかったでしょ?」などと言いますが、全くそういう感じでもなくて。

子ども同士って情報が足りないから、話が盛り上がらないし、自分が足りない部分を嫌でも認識させられる。
その点、大人は子どもが足りないことに気づかないように接してくれるから、「やっぱり、大人と話しているほうが楽だな」って子ども心に思っていました。
出展:http://style.nikkei.com

出展:http://style.nikkei.com

出展:http://style.nikkei.com

学校生活が始まると、学校にあまりなじめなくて、家で洗濯物を畳んだり、食器を洗ったりと家事を自分からするようになりました。

母と祖母は「うちの子は勉強ができない、子どもらしくない」と愚痴ったことはありますが、「うちの子は全くお手伝いしない」と言ったことはないです(笑)。

中学生になると、祖母が実家のある秋田に戻りました。父は沖縄に単身赴任で、母はフルタイムで仕事。

家事をできるのは私一人だったので、とにかく家のことをきちんとできていないと恥ずかしいと思って、よりお手伝いに力を入れるようになりましたね。

共働きで、両親が子どもをほったらかしているから子どもがグレたとか、援助交際始めたとか言われるのは絶対に恥ずかしいと思って(笑)、きちんと家を整えることに全力を注ぎました。
出展:http://style.nikkei.com

小学生の頃に読んだ『ゴルゴ13』をきっかけに、性的な事柄に興味を持ち始める。

出展:http://mamacafetime.seesaa.net

出展:http://mamacafetime.seesaa.net

小学2年生の時に見た『ゴルゴ13』のワンシーンから大きな影響を受けた。

「女の人がひもで縛られて毒グモを
乗せられているのを見て、『大人はそうなのか!』と
目覚めました」ということだったが・・・
後に否定。

中学生の時には既に大人びた雰囲気を醸し出しており、同級生によって「愛人」というあだ名がつけられていた。

 

出展:http://spam8888.com

出展:http://spam8888.com

出展:http://topicks.jp

出展:http://topicks.jp

大学のカリキュラムで8ヶ月のボストン留学経験があります。

出展:http://livedoor.4.blogimg.jp

出展:http://livedoor.4.blogimg.jp

英米文学を学ぶ女子大生だったが、一つの内定ももらえず就職活動に失敗

就職先を探すがやりたいことが見つからず、母と母の友人と3人で和菓子店を始めようということになり、調理師学校(服部栄養専門学校)に通い卒業し、和菓子職人の修行を3年していた。

出展:http://ameblo.jp

出展:http://ameblo.jp

出店の準備に取り掛かった頃、母の友人が突然亡くなる。

その時のショックから調理師になるのを思い直した。

私の人生を大きく変えたのは、母と私の共通の恩師の突然の死でした。

出展:http://sonae.sankei.co.jp

出展:http://sonae.sankei.co.jp

突然の死だったので、最期の姿は見れなかったんですよ。お葬式も「家族葬」で小さく、ということでした。
最期のお顔もみていないんです。

私はグリーフ(悲嘆)と動揺に襲われました。どこかで生きているんじゃないかと、勘違いしたままの気持ちもありました。

恩師の死のショックをどこか消化できなかった私は、「いっそ、死に近い仕事をしてみたらどうだろう?」と冠婚葬祭の専門学校に通い始めました。

「死」ってどこかタブーな存在なんでしょうね。葬儀学校に行くと決めてから、母親を説得するのに1年もかかりました。

ただ、タブー視されているものを見ないで、それを「タブーだ」ということはどうしてもできなかったんです。だからこそ、その道に進んでみようと思ったんです。

出展:http://sonae.sankei.co.jp

銀座の倶楽部でのホステスをする。

初めて銀座のホステスを務めたのは、今から約10年くらい前だというから20代初めの頃だ。壇が務めたクラブは、銀座6丁目にある老舗高級クラブ「P」。このクラブは親会社が六本木を拠点とするクラブチェーンということもあって、Pにも六本木のクラブのシステムを導入。

そのため、銀座では“番外地クラブ”と呼ばれていた。ホステスの年齢層が銀座のほかのクラブに比べると低く、若いホステスを目当てに芸能人やスポーツ選手が出入りしていたことで有名だった。

バブル時代は、ド素人同然のヘルプの1日の保証が10万円といわれることもあった。

そんなPで壇は「しずか」という源氏名で2年ほどヘルプとして働いていたという。

Pの元従業員は「影が薄い子で、お客もついてませんでしたね。今の壇を見て、顔もまるで別人のように変わったと思いましたよ」と話してくれた。

おそらく、壇が変貌を遂げたのは20代半ば。新潮で銀座のママが証言したように、Pからママの店に移ってから、彼女は花開いたのかもしれない。

新潮では「彼女はとにかくメガネフェチなんです。メガネをかけたお客様の席に着くと、体を寄せて指先でメガネを“ちょんちょん”と突く。その無邪気な仕草で皆さん、メロメロになっちゃうわけです」とも報じている。

さらにPを辞め、28歳で芸能界デビューするまでに、かなりの男性経験を積んだことは想像に難くない。
出展:http://news.livedoor.com

人の死に携わる仕事に就きたいと冠婚葬祭の専門学校「日本ヒューマンセレモニー専門学校」へ入学し、エンバーミング(遺体の修復、防腐を行う遺体衛生保全士資格)を取得する。

意外な芸能界デビューのキッカケをチャネる!

スポンサーリンク

葬祭専門学校では1年間は座学でした。葬儀概論やグリーフ、解剖学、エンバーミング(遺体衛生保全、死体防腐処理)理論などを学びました。

もう1年は、研修労働という形で、実際の葬儀社で働きながら技術や知識を習得していくんです。研修労働期間中にエンバーミングした遺体は200体ぐらいかなぁ。

エンバーマーとして働くことを目指した葬祭専門学校生活でしたが、この業界は意外と就職が厳しいんです。
「エンバーマーにはなれないけど、葬祭系の仕事ならあるよ」という感じでした。
でも、私にとってそれは何か違う。エンバーマーの仕事の空きを待とうかと考えたこともありました。フリーターをしながら、お金貯めることも可能だし。

でも、研修労働時代って、お金が本当にないんですよ(笑)。
アルバイトでイベントの仕事をやるようになり、芸能の世界へとつながっていったんです。
出展:http://sonae.sankei.co.jp

2009年9月、専門学校在籍中の28歳の時にゲーム『龍が如く4 伝説を継ぐもの』のオーディションを受け、キャバ嬢役で出演。

出展:http://imgcc.naver.jp

出展:http://imgcc.naver.jp

当時は齋藤支静加という芸名(本名)でした。

 2010年3月、『週刊SPA!』の一般公募型グラビア企画「美女タレント発掘プロジェクト どるばこ」に、余っていたプロフィール写真を送付して、グラビアデビュー。
出展:http://img02.ti-da.net

出展:http://img02.ti-da.net

 

たまたまオーディション用のプロフィール写真が余っていたのと、葬儀学校の卒業が重なって、自分のなかでは、ほんの記念のつもりで応募したんです。

その時の私は『チャンスが欲しい!』というよりも、『良い思い出にしたい』という気持ちでした」
出展:http://nikkan-spa.jp

【画像】壇蜜さんの素人時代の蔵出しショット

2010年7月、当初は芸能活動は考えていなかったが、芸能事務所にスカウトされたことと、撮られるということに悦びを感じたことで、グラビアアイドルになることを決意。芸名も「壇蜜」に改名。

デビュー後はグラビアアイドルとして活動。

2012年以降、多数のテレビ番組へ出演。バイセクシャルの公言や、「脱ぐことは天命」など、エロチシズムを感じさせるトークや独特な表現で認知度を増している。
出展:wiki

出展:http://imgcc.naver.jp

出展:http://imgcc.naver.jp

 

「脱ぐことは天命」
「最近、原則を3つ作ったんです。
(1)必要とあらばちゃんと脱げて、
(2)文句を言わず、
(3)AVにいかない人。」

出展:http://nikkan-spa.jp

2012年12月、第15回みうらじゅん賞受賞。

2013年4月、事務所をフィットワンに移籍。
出展:wiki

2013年からはグラビアアイドル系のタレントが数多く所属する大手芸能事務所、
フィットワンに移籍。

その後はバラエティーで自身の冠番組を持つなど、活躍の場を大きく広げる事になります。
出展:matomeyomi.blog

青春ブレイクスルーの壇蜜さん♪

壇蜜さんのすっぴん画像をチャネる!

出展:http://pds.exblog.jp

出展:http://pds.exblog.jp

 

出展:http://matome.naver.jp

出展:http://matome.naver.jp

 

名前の由来をチャネる!

「壇」は「仏壇」の「壇」。仏教や神道で使う言葉で「供物を供える場所」「儀式をする場所」という意味です。「蜜」は、仏教用語で「供物」という意味があります。

壇蜜さんの彼氏をチャネる!

出展:http://spam8888.com

出展:http://spam8888.com

自ら「ブス専」と語る壇蜜さんの彼氏は本当に。。。だったそうです(笑)

普段、お金持ちのおじさま方を相手する壇蜜さんにとって、若い普通の男性が新鮮だったのでしょうか。

その元彼とはSMイベントで知り合い交際をはじめ、2人ともハプニングバーの常連で結婚も視野に入っていたのですが、壇蜜さんの人気が出てきたため事務所に強制的に別れさせられたようです。

壇蜜さんも2016年で36歳になりますのでそろそろ結婚適齢期に来ています!

彼氏さんとは結婚までは至りませんでしたが・・・壇蜜さんもいろいろと
今後のことを性格的に考えているとチャネる!

 

壇蜜さんの現在をチャネる!

出展:http://tebataki.blomaga.jp

出展:http://tebataki.blomaga.jp

正直、もう退くことに対しての意識をし始めてます。

それをこうしてメディアの前で口にもできているので、自分の中で覚悟もできてる証拠かなと。

人の情報は4年で枯渇するってのを聞いて、すごく共感したんです。そこで意地張って頑張る人もいますが、私は毎日終わることを考えてます(笑)

私は本当に才能がない人間だと思っているので、自分の力に対しての限界は理解している。

だからこそ、枯渇の話はすごくマッチする。自分に自信があれば「やっていける」と強く思えるんでしょうが、自分の才能のなさがわかるので、その話と一致してしまうんです。

しがみつこうと思って、しがみつける世界ではないと思っていて…。

やっぱりファンありき。ファンが私に対して銭を落としてくれないと生活できない。極端な話、飼っている猫ですら、ファンのお金で養えてるわけですから。

私の生活の延長上にファンがいて、そのファンはいずれいなくなると思う。そうなると、この世界で生活できなくなる感覚ですね。

出展:http://www.oricon.co.jp

出展:http://style.nikkei.com

出展:http://style.nikkei.com

上記は2013年の壇蜜さんのインタビュー記事です!既にこの頃には引退まで意識していた!
マッジも壇蜜さんの冷静さにびっくりです!

特に2015年に入ってからは一気に露出が減少。

一部では「干されたのではないか?」と言われるほどに。
何かトラブルでもあったのではないかと思って調べてみたところ、
そのような事は見つからず・・・

しかも壇蜜さんはプライベートでは非常に礼儀正しくスタッフからの受けも良かったとの事ですから、
何かトラブルがあったという事も考えられません。

一般的にグラビアアイドル、セクシーキャラで売っているタレントには賞味期限があると言われています。
ここで言う賞味期限とは、本人の年齢とかそういう意味でありません。
世間に露出をしてからの賞味期限です。

一気にブレイクし、瞬く間にたくさんのテレビに出演した壇蜜さんは
視聴者から飽きられるのも早いことも壇蜜さんは予言していました。

今って何かいうとすぐみんな叩くでしょ。だから何も喋りたくなくなっちゃう。あとちょっと疲れたのもあるのかな。そんなだから、いわゆるオワコンと言われることにも抵抗はないですね。

出展:http://tebataki.blomaga.jp

「不気味な子供だった」と自ら話す壇蜜さん性格をチャネる!

小さい頃から自分は人と違うことを受け入れていたが、世界にどのように自分を表現できるのかを悩んできた女性だとチャネる!

下記の文章は彼女の性格を表しています!

これは4歳、保育園の運動会のかけっこで、ビリになった時の写真です。この写真には、おそらく不気味な子供だと想像できるすべてがつまっています。

まず男か女かさえわからない。明らかに周囲の子と見劣りする体形、そして左足と左手が一緒に出ているなど、明らかにこの年齢の子ができることができていません。

当時の私はとにかく「遅い、ぐずる、鈍い」で、子供らしさがなく、保母だった母親が心配し始めた頃です。

例えば「風船あげるからおいで」と言われ、みんながワ~ッと行く時に、絶対行かれないんです。恥ずかしいし、「風船を無料でくれるなんてどうかしてる」と考える子で。

一人っ子で両親や祖父母と大人の中で育ったからか、常に立ち止まって考える癖がありました。

そういうテンポののろさに加え、当時、母親の方針で髪の毛を短くビシッとそろえた髪形が、まるで「キン肉マン」に出てくるウォーズマンのようで、周囲の子供から浮いて、いじめられていましたね。いつも泣いたりぐずったり。

夜寝るときは横に端っこを握るためだけの毛布がないと寝られませんでした。

でも頭の中にはオズの魔法使いの国のような想像の王国があったし、自分には友人ができない世の中のシステムになってると思っていたので、特につらくはなかったです。

変わったのは中学から。勉強を教えてくれるキレイなお姉さんが家に来てくれ、成績が徐々に上がり自信が出ました。

そして、前髪をピンで留め、おでこを出した私は、付属中学に外部から入ってきた子たちと友だちになれたんです。

通学を一緒にし、お菓子を食べながらたわいもないおしゃべりをする。そんな友達がいるって、なんて幸せと思いました。

東西南北どこに住む人が一番幸福かというと、北の人が春の暖かさを感じられもっとも幸せといいますが、マイナスからの遅咲きスタートの私はまさにそうでしたね。
出展:http://headlines.yahoo.co.jp

出展:http://www.asahi.com

出展:http://www.asahi.com

お父さんが撮影した保育園のかけっこの写真。一番後ろの子が壇蜜さん

タロットチャネリングでカードで壇蜜さんの人物像をチャネる!

壇蜜さんは「カップの8」正位置です!

出展:wiki

出展:wiki

 

今の状態に満足していないのなら、次のステージに行きましょう。

益がないのなら、未練があってもそこから立ち去らなければなりません。

最初に思い描いていたものと現状が違うのなら、思い切ってそこから立ち去らなければなりません。

継続が美徳ではありません。今取り組んでいることを完遂させる必要はありません。

壇蜜さんへのタロットチャネリングメッセージ

過去に取り組んできたこと、大切にしてきたこと、積み重ねてきたものに対してもう関心が薄れています。
感情的にはまだ未練があるかもしれませんが、次のステップ、次の目標に向けて進むべきです。

壇蜜さんは自分の置かれた立ち位置を理解され、今後は上手に仕事を選び芸能活動をされます。
女優として活躍できる素質もあります。どんな人と一緒に作品を作るかで運命が変わるでしょう。

投資家としても向いているのでカリスマ的存在になるかもしれません。

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!
ここまでお読み頂きありがとうございます!

下記のタロットチャネリング記事もよろしくです!

スポンサーリンク

 - グラビアアイドル, タレント, 波乱万丈, 熱愛・結婚