*

松本俊彦精神科医・プロフィール・経歴・清原薬物問題をチャネる! 

      2016/04/14

出展:http://headlines.yahoo.co.jp

出展:http://headlines.yahoo.co.jp

こんにちは!タロットチャネラーのMagicalです!
愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質に迫りタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は薬物依存症研究の第一人者である、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健医療研究所薬物依存研究部長の精神科医でもある松本俊彦さんをチャネプロファイリング致します!

スポンサーリンク

松本俊彦さんのプロフをチャネる!wikiチャネプロファイリング

松本俊彦

出展:http://business.nikkeibp.co.jp

 

名前:松本 俊彦(まつもと としひこ)
生年月日:1967年8月15日(48歳)
職業:日本の精神科医。博士(医学)

神奈川県立精神医療センターせりがや病院(現在は、芹香病院とともに、神奈川県立精神医療センターに統合)を最初の試行フィールドとした薬物依存症の治療プログラムSMARPPの開発と普及に関する研究、ならびに自傷行為の臨床研究、心理学的剖検の手法を用いた自殺の実態解明に関する研究をおこなう。

2015年により国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の薬物依存研究部部長を務める。

日本アルコール・薬物医学会理事、日本精神科救急学会理事、日本青年期精神療法学会理事。
出展:wiki

  • 1993年 – 佐賀医科大学医学部医学科卒業。横浜市立大学附属病院研修医
  • 1995年 – 国立横浜病院精神科シニアレジデント
  • 1996年 – 神奈川県立精神医療センター芹香病院・せりがや病院医員
  • 2000年 – 横浜市立大学医学部附属病院精神科助手
  • 2003年 – 博士(医学)(横浜市立大学)。横浜市立大学医学部精神医学教室医局長
  • 2004年 – 国立精神・神経センター精神保健研究所司法精神医学研究部専門医療・社会復帰研究室長
  • 2007年 – 国立精神・神経センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター自殺実態分析室長
  • 2008年 – 国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部室長(併任)
  • 2010年 – 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センター副センター長
  • 2015年 – 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長


松本俊彦さんのFacebook
です!

松本俊彦先生の著書

「薬物依存の理解と援助」(金剛出版, 2005)
「自傷行為の理解と援助」(日本評論社, 2009)
「アディクションとしての自傷」(星和書店, 2011)
「薬物依存とアディクション精神医学」(金剛出版, 2012)
「アルコールとうつ、自殺――「死のトライアングル」を防ぐために」(岩波書店, 2014)
「自分を傷つけずにはいられない――自傷~回復するためのヒント」(講談社, 2015)
「もしも「死にたい」と言われたら――自殺リスクの評価と対応」(中外医学社, 2015)

「清原薬物問題」を松本俊彦先生が語る!どう捉えるべきか?チャネる!

薬物依存症治療の第一人者の松本山に聞く「病」の実態と課題です!

清原和博・元プロ野球選手が2016年2月2日、覚せい剤取締法違反の疑いで、現行犯逮捕された。世間に大きな衝撃を与えたこの事件でした!

Š出展:http://www.huffingtonpost.jp

Š出展:http://www.huffingtonpost.jp

 

法を犯したとはいえ、薬物依存はれっきとした精神疾患でもあるようです。

出展:http://www.sankei.com

出展:http://www.sankei.com

自宅マンションで覚醒剤を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は2日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者(48)を逮捕した。

同課によると、「覚醒剤は私のもので間違いありません」と容疑を認めている。同課は今後、覚醒剤を入手した経緯や使用の有無などについても裏付けを進める方針。

逮捕容疑は同日午後8時50分ごろ、東京都港区東麻布の自宅マンション内で、覚醒剤0・1グラムを所持したなどとしている。

同課は、同日午後8時ごろから、清原容疑者の自宅の家宅捜索に着手。間もなく白い結晶が入った袋が見つかり、覚醒剤と確認された。

清原容疑者は当時、自宅に1人でおり、暴れたり抵抗したりする様子はなかったという。

清原容疑者は同日午後11時ごろ逮捕され、自宅から警視庁本部に移送された後、病院に移され診察を受けた。
出展:http://www.sankei.com

 

薬物依存者に対して懲罰的な発想が根強いが、果たしてそれで本質的な解決につながるのか。

薬物依存症研究の第一人者である、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健医療研究所薬物依存研究部長の松本俊彦氏に、病の実態や横たわる課題の数々について尋ねています。

清原氏逮捕時の様子をあるテレビ局が独占的に捉えていましたが、薄着であるにもかかわらずかなり汗をかいているなど、少し異様な感じがしました。臨床的にはどんな状態であったと捉えられますか?

出展:https://www.youtube.com

出展:https://www.youtube.com

 

松本:推測でしかありませんが、目がつり上がり、汗も噴き出ているところからすると、覚せい剤を使用してまだ間もない、薬が体の中に入っている状態かなと感じました。

清原氏をめぐっては、長期にわたり覚せい剤を使用していた可能性も高いのではないかと言われています。

 

松本:これも推測の域を出ませんが、たしか2年ぐらい前に疑惑の報道があって仕事が激減する中、本人だって覚せい剤をやめなければと感じていたと思うんです。それでも使っていたということは、清原さんは自分の意志だけではコントロールできない状態、恐らくは薬物依存症の状態にあると推察されます。

薬物依存症とは実際どういう病気なのでしょうか。

松本:端的に言えば、大麻や覚せい剤、シンナーなどの薬物を繰り返し使用した結果、もうやめようと思っていろいろ工夫しても、なかなかうまくいかない、そういう病気です。「心がいつも薬物に捉われている」状態、言い換えれば、脳が依存性薬物に「ハイジャック」され、自分の意志や行動が薬物にコントロールされている状態を示します。

そもそもなぜ人は薬物に依存するのか、依存性薬物にはどんな効果があるのか。例えば、勉強や運動を一生懸命頑張って良い成績を取り、周囲からほめられると嬉しいですよね。

そんな風によい気分を味わった人たちは、嬉しさを自分の糧にして、また勉強や運動を頑張り、ある人はいい学校へ行き、またある人はスポーツで認められるようになります。

脳内の快感中枢を直接刺激する性質を持つ覚せい剤は、言うなれば、この努力の後の周囲から承認された気持ちよさに通じる感じを与えてくれるんですよね。

実際には努力の過程を経ることなくですね。

松本:ええ。その効果は絶大です。人を勉強好きやスポーツ好きにさせるのと同レベルということですから。

勉強をほめられた子供がせっせと勉強に打ち込むようになるのと同じように、薬物で多幸感を体験した人は再びその体験を求めて薬物使用を繰り返すようになるわけです。

もっとも、多くの場合、最初は、週末だけとか、友達とパーティーの時だけなど、自分なりのルールを定めて薬物を使っていて、それなりにコントロールもできています。けれど、誰しも日々の生活の中で嫌なことやつらいことってありますよね。そんなときに薬物の使用量が増えていくんですね。

当の本人は、「自分はつらいことがあってもこうやって気持ちを切り替えて、薬も自分の生活もコントロールでてきている」と思い込んでいる。けれども、実際には使い方がおかしくなって量も増えていく過程で、薬にすっかり振り回されている状態になってしまっています。

価値観の序列が変わり、嘘つきに
    そうして薬物中心の生活になるのですね。

松本:ええ。薬物被害で一番恐ろしいのは、薬の使用によって、本人の価値観の序列が変化してしまうことです。例えば、これまで自分にとって大切だったのは、家族や恋人、友人、仕事、財産、健康、そして将来の夢だった。

けれど、気付くと薬物が最上位に来て、薬を使える仕事、薬を許してくれるパートナー、薬を使うことを見逃してくれる友達などを選ぶようになる。

すると、昔の自分とずいぶん変わってしまって、だんだんと自分らしさがなくなってしまう。周りからすると、「性格が変わった」「別人になった」という話になるわけです。

覚せい剤の使用によって一時的には薬を使ってパフォーマンスが上がることもあります。

これまで学校や職場で全然ほめられたことがなかったのに、薬を使って寝ずに勉強や仕事をしたら周りからほめられた。もちろん周囲は薬を使っていることを知らない。

そんな中、やっぱりほめられるのはうれしいから、「こうすれば頑張れるんだ」と思って、頑張るために薬を使う。

でも、薬を使っても前と同じパフォーマンスで、薬を使わないとがくっとパフォーマンスが落ちている状態なんてすぐにやってきます。

そうなると、自分が自分であり続けるためには薬を使い続けなければならない。でも規制されている薬物であれば、隠れて使うしかないですよね。

だから周囲に嘘をつかざるを得なくなってくる。お金もかかるから、お金を引き出すために、またあれやこれや嘘をつく。

そうこうするうちに本当に嘘つきになってしまうんですよね。

清原氏も、昨年夏に放映されたテレビ番組で薬物使用を否定していました。

松本:そうですね。薬物依存症を抱える人は本当によく嘘をつきます。ただ、大抵の場合、一番だましている相手は他の誰よりも自分なのです。

薬物依存症の多くの人たちが「これが最後の一発」と自分に言い聞かせながら、薬物をいつまでも使い続ける。これが自分に対する嘘です。

もうやめようと決断するのだけれども、なかなか最後にならない。

「ヤバいな、俺。ハマっているかもしれない」と思ったときには、必ず自分よりひどい状態の人間を探して、「ああなったら人間おしまいだな、俺はまだまだ大丈夫」などと、自分で自分をだましているうちに本当に自分を見失ってしまうんです。

自分は必死に頑張っているつもりで、周りにいろんなアピールをする。

けれども、周りからすると、明らかに不信感のある行動を取っていることも多く、そうなると「何言ってんの、コイツ」と受け止められ、信頼をだんだん失っていくわけです。

そのほか、覚せい剤に関しては、薬が切れた後に長く寝てしまうことが少なくありません。薬で中枢神経を刺激し、エネルギーを前借りしている状態ですから。効果が切れればがくっと寝てしまうんですね。

それは、目覚まし時計をガンガン鳴らしても起きない深い眠りだったりする。

そうすると週末だけ覚せい剤を使って月曜からちゃんと仕事をしようと思っても、起きたら月曜の昼や夕方だったりして、職場に行けない。

そんなことを繰り返すうちに、重要なアポイントメントをすっ飛ばしたりして、職場から総スカンをくらって、職を失う。経済的に追い詰められていくと家族も離れていってしまう。最終的には、人生全般に大きな影響を及ぼす可能性が高まります。

出展:日経ビジネス

薬物問題:清原容疑者が逮捕「覚せい剤は刑罰で治らない!、報道・治療の問題点」(松本俊彦・荻上チキ)

清原和博容疑者が覚せい剤所持で逮捕。薬物問題で、いま必要な議論を語っています。

著名人が薬物で逮捕されるたびに個人の人間性や経歴などが注目されがちだが、薬物依存症の治療や再犯防止に関する議論は十分と言えるだろうか。

薬物問題を整理すると共に、薬物報道の問題点とは何なのか、

国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏にお話を伺った。

2016年2月3日放送、TBSラジオ荻上チキSession-22「薬物問題で、いま必要な議論とは」より抄録。
出展:http://synodos.jp/welfare/16235

松本俊彦

出展:http://www.tbsradio.jp

■電話出演

NPO法人アパリ・日本ダルク・アウェイクニングハウス
ディレクターの山本大さん

■番組でご紹介した連絡先

日本ダルク・インフォメーションセンター
<電話> 03-5369-2595

全国の精神保健福祉センター

全国のダルク一覧(薬物・アルコール依存症問題をサポート)

 

出展:http://headlines.yahoo.co.jp

出展:http://headlines.yahoo.co.jp

薬物をやめても、「かつて薬物(を)よく使用していた場所を訪れたり、一緒に使用していた薬物仲間と出会ったり、あるいは覚醒剤の粉末を溶かすために携行してい500mlのミネラルウォーターのペットボトルを目にしたりするだけで、薬物の欲求が蘇ることがあります」というのだ。

薬物依存症とは「脳が依存性薬物に『ハイジャック』され、自分の意志や行動が薬物にコントロールされている状態」と定義。使用をやめた後も、何かの形で薬物を思い出した際に「薬物を使いたい、やめたい」との葛藤がかなりの期間続くそうだ。

http://news.ameba.jp/

薬を辞め続けるための治療法のひとつは、「SMARPP」というプログラムとは?チャネる!

出展:http://www.nhk.or.jp

出展:http://www.nhk.or.jp

松本医師が自ら2014年11月5日の「視点・論点」(NHK)でこう説明している。

2006年に、ワークブックを用いた薬物再乱用防止プログラムを開発し、これまで国内各地での普及に努めてきました。
そのプログラムの名前は「SMARPP」といいます。

この名前の由来は、かつて私が勤務し、このプログラムの最初のトライアルを行った施設である、神奈川県にある依存症専門病院の名前にちなんだものです。

つまり、せりがや病院覚せい剤再乱用防止プログラムの英語名、
「Serigaya MethAmphetamine Relapse Prevention Program」の頭文字、
「S・M・A・R・P・P」をとって、SMARPPと名づけられています。

米国の通所型コカイン・覚醒剤依存症治療プログラムを参考につくられ、患者は通院または入院して集中的に参加する。

認知行動療法のワークブックを使って治療するが、本人が途中でプログラムから離脱しないような配慮が大切で、「患者が『次も来たい』と思うような雰囲気づくり」を心掛けているそうだ。例えばプログラムに参加するとコーヒーと菓子が用意されている、1クール終了したら賞状を渡す、無断欠席者にはメールで「次回の参加を楽しみに待っています」とフォローする、といった具合だ。
出展:http://www.nhk.or.jp

出展:http://www.nhk.or.jp

出展:http://www.nhk.or.jp

その多くの施設では、地域のダルクなどと連携したプログラム運営がなされています。このような連携には様々なメリットがあります。

たとえば、当初はダルク入所を拒んでいた患者さんも、SMARPPに参加しながらも再使用をくりかえすという体験をするなかで、自分が抱えている問題の大きさに気づき、自助グループに参加するようになったり、ダルクへの入所を決意したりするようになります。

SMARPPを実施にあたって、私たちがいつも気にかけているのは、患者が「次も来たい」と思うような雰囲気作りです。私たちは、つねに患者の来院を歓迎し、患者の好ましい行動には「報酬」を与えるように努めています。

たとえば、毎回プログラムに参加するだけで、患者にはコーヒーと菓子を用意され、お茶会さながらの雰囲気を心がけています。

そして、1週間をふりかえり、薬物を使わなかった日に各自のカレンダー・シートにシールを貼ってあげたり、プログラムが1クール終了すると、賞状を渡したりします。

また、毎回尿検査を実施し、陰性の結果が出た場合には、称賛の気持ちを込めてスタンプを押します。一方、尿検査が陽性であった場合には、警察通報をしたり、自首を勧めたりすることはいっさいなく、あくまでも今後の治療の進め方について話し合い材料とします。

プログラムが秘密の守られる場所であるというのは、とても大切ポイントです。
出展:http://www.nhk.or.jp

出展:http://www.nhk.or.jp

出展:http://www.nhk.or.jp

とくダネ! 「番長清原」逮捕前の1200時間追跡で衝撃の事実が発覚!!

覚せい剤など薬物依存症は「治らない病気」?松本俊彦さん談チャネる!

出展:www.yomidr.yomiuri.co.jp

出展:www.yomidr.yomiuri.co.jp

スポンサーリンク

覚せい剤など薬物依存症はそもそも病気だ。それも「治らない病気」だという。

「治らないというと、ぎょっとすると思いますが、糖尿病や高血圧と同じよう に症状と付き合っていく病気です。自分と向き合って、コントロールすることで回復することはできる。これが大事なのです」

そこで重要なのは「欲求を素直に認めること」と強調する。

「水をみて、クスリを思い出していいんです。そこに欲求があることを自覚する。(クスリを)やりたいと認めることが第一歩なのです」。

その上で、「水で欲求するならコーラやお茶を飲む、顔を叩く、誰かに電話をして気持ちを切り替える。治療プログラムを通じて、これをコントロールできるようトレーニングする」。

「治療プログラムを受けたとしても、彼らが安定した断薬生活を送るには、だいたい7~8回の再発機会があるというデータがあります。

つまり、クスリが欲しくてしょうがない、あるいは使ってしまう機会が平均して7~8回はあるということなんです。安定と、再発するかもしれない時期の波を繰り返しながら、だんだんと落ち着きを取り戻すのです」

プログラムの中に失敗はすでに織り込み済みだと話す。松本さんは言う。

強くなるより、賢くなろう」。

依存症の患者って、実は『人に依存しない病』なんです。人は誰しも何かに頼って生きていますよね。依存しない人なんていない。どこかで、社会とつながりを持つことが、回復の第一歩です」

「大事なのはセルフケア。スポーツ選手だって、専属のトレーナーをつけて体をケアしていますよね。治療プログラムも同じです」

薬物依存症患者1人では回復できない。

治療プログラムにつながり、社会とつながり、その中で回復を目指す。これが薬物依存症治療の最前線だ。
出展:http://headlines.yahoo.co.jp

タロットチャネリングで清原和博さんの現在の心境をチャネる!

清原和博さんは「ソードの6」逆位置です!

出展:wiki

出展:wiki

 

感情的にならずに慎重に進むことが大切で何よりも、協力者の理解を得て進むことが
とても重要です。
見えなくても、心の不安があっても、とにかく前に進まなくてはなりません。
そのためには自分の気持ちを落ち着かせることです。
過去のことが思い出されて前に進むことができません。
過去に起こしてしまったことは十字架を背負うことになります。

清原和博さんへのタロットチャネリングメッセージ

今の状態は感情的になっても何も解決しません。気持ちを抑えて、違う立場の人の話を受け入れれば先が見えてきます。
この問題を改めるのに苦労すると思います。ほとんど行き止まりの状況ですが
薬物依存は病気と同じです。自分だけの力ではぬけだせません。
1人で悩まずに協力者を得て更生されてください。

勝手にタロットチャネリングニュースでした!
下記のタロットチャネリング記事もよろしくです! 

スポンサーリンク

 - 未分類