*

川崎タツキwikiプロフ刺青・薬物依存から更生したのは嫁・優香の存在!現在・居酒屋 チャネる!

   

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

こんにちは!タロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質に迫りタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は川崎タツキさんをチャネプロファイリング致します!

スポンサーリンク

川崎タツキさんのプロフをチャネる!wikiチャネプロファイリング

川崎タツキ

出展:www.kouenirai.com

階級:Sウエルター級
所属:草加有澤ジム
デビュー:2000.7.10
通算成績:26戦21勝5敗16KO
生年月日:1972.4.3
身長:170cm
血液型:O型
出身:東京都足立区
スタイル:左ファイター
ニックネーム:足立のタンタン
過去3戦
2008.9.1後楽園ホール
オープン戦8回戦
新井恵一(高崎)
7R0分26秒負傷判定負け

2008.4.2後楽園ホール
日本Sウエルター級タイトルマッチ10回戦
王者・石田 順裕(金沢)
6R1分41秒TKO負け

2007.9.3後楽園ホール
オープン戦10回戦
新井恵一(高崎)
10R判定勝ち

1972年4月3日 東京都足立区に生まれる

1977年梅田小鳩幼稚園入園 1979年足立区保木間小学校入学。小学校1年生の時から少年野球。
足立北リトルリーグ(バンブーショット)

1983年2月 小学校4年生の時に母親が他界
1985年足立区立渕江中学校入学

1986年中2の夏に家出と喧嘩で鑑別所へ
1987年中3新設校(足立区六月中学校)へ転入。

入学前の春に野球で全国大会へ!(3回戦敗退)
(ボーイズリーグ硬式野球足立フェニックス)

夏に傷害事件を起こして、赤城少年院へ
1988年3月 赤城少年院内で合同の卒業式。

少年院出院後、極道の世界へ
 1989年銃刀法・火薬類取締法で逮捕。

小田原少年院へ 1992年優香(妻)と出会う

1993年覚醒剤に手を出してあらゆる薬物を始める
1996年薬物の幻覚・妄想から自殺を図り、精神科に入院
(沖縄ダルクへ)
1997年沖縄から帰京

1999年ボクシングに誘われる
2000年7月 28歳でプロデビュー
11月 父が病死。

2004年入籍
2008年2月23日 長女(瑠依紗)誕生
2010年12月1日 パワーオブドリーム(格闘技ジム) 会長就任

 

足立区最強の中学生!川崎タツキ!チャネる!

川崎の地元は、有澤ジムのある谷塚駅の隣、足立区竹ノ塚である。中学生の頃はケンカで誰にも負けたことがなく、
足立区のタンタン」(タンタンはあだ名)の噂は
遠く埼玉 や千葉にも知れ渡っている程だった。

しかし、いわゆる不良グループや暴走族とは
距離を置く不良少年だった。

「大勢でつるんで悪さするというよりは、一人でいることが多かったです。よくお父さんとケンカして家を飛び出してたんですけど、寂しいから一人で飲屋街をふらふら歩くんです。

それで帰る所もなくて雑居ビルの階段で丸まって寝てました。その頃は寂しかったという記憶が大きいですね」

川崎が小学生の時に母親が病死して以降、もともと厳格だった父親はさらに厳しくなり、川崎が反抗期になると父親とのケンカは日に日に激しくなっていった。

「お父さんとケンカすると荷物をボストンバックにつめて飛び出すんですが、おねえちゃんの持っていた、松山千春、かぐや姫、長渕剛のカセットテープとラジカセも一緒に持って行くんです。

なぜか寂しい歌ばっかりで、それを聴いて泣きながら自転車に乗ってました。今でもカラオケで歌うと泣いちゃいますね」

ケンカで無敗伝説を作っていた男と、泣きながら一人自転車に乗っていた少年。
当時この2つの姿を重ね合わせることができたのは3つ上の姉・由里歌だけだったのかもしれない。

川崎が初めてボクシングに出会ったのもこの頃だ。
幼なじみが地元の有澤ボクシングジムに入ったことを知って
自分もやりたくなったという。
川崎はたちまちボクシングにのめり込み毎日欠かさず練習に通 った。

「ケンカが強くなりたいというのもどこかにあったと思うんですが、それよりもプロの人達を見て俺もああいうふうになりたいと思った。自分の力を思う存分ぶつけてみたい。

ケンカだとなんでもありじゃないですか。でもボクシングはきちんとルールがあって、ケンカとは全然違う。ケンカが強くても通 用しない世界だというのはなんとなく感じてました」

しかし、中学三年の時に起こした暴行事件で逮捕され、
川崎は初等少年院に送られた。

当然ボクシングもできなくなった。
意外にも少年院での川崎は真面目で模範生だったという。

「もちろん早く出たいというのもありましたが、それよりもキッチリやったほうがかっこいいと思ってました。そういうところで反抗したりズルしたりするのはかっこ悪いんじゃないかって」

ボクシングにしろ、少年院での生活にしろ、川崎は自分がやると決めたらとことんそれをやり遂げる性格
その性格は川崎の強みであるが、後にそれが最悪の結果 をもたらすことにもなる。

ヤクザ、そして薬物依存・チャネる!

初等少年を出た後、中学の頃から出入りしていた組の構成員となった川崎は拳銃不法所持で再び少年院に送られた。今度は中等少年院だ。そして退院後は本格的にヤクザの道を歩むことになる。

「それまで先輩後輩という関係があまりなかったんですが、ヤクザになってはじめてそういう関係ができてとても新鮮だった。

これは後から思ったことなんですけど、家族というものにすごく憧れるような気持ちがあったと思うんです。

それが、ヤクザの世界にそういうものを感じていて、なんか家族みたいだなって思っていました」

親分から可愛がられた川崎は、極道の世界では重要な役である親分の運転手に抜擢された。

「自分が親分になるよりも、自分が尊敬する人を助けてあげるような、そういう役の方があってるなと、そんな感じがありました。

少年院でたまたま大河ドラマの『武田信玄』を見てたんですが、その中に出てくる軍師の山本勘助に憧れてたんです」

川崎が実の父親とうまくいかない渇望から、ヤクザの親分に父親像を求めたのはごく自然なことだったのかもしれない

。しかし、彼のある種純粋な思いは半ば裏切られる結果 となった。
そして川崎は
ヤクザの世界でも禁断のクスリの世界に手を染める
ことになった。

「組に対して次第に反発心みたいなのが起こったんです。家族だと思っていたのに裏切られたような感じがあった。

俺の事だれも重要に思ってくれてないんだって。寂しい気持ちと悔しい気持ちが一緒になって頭にきちゃったんです。

ヤクザやっていること自体アウトローなんだけど、クスリやってもっとアウトローになってやるってヤケになっちゃったんです」

もともと物事にとことんのめり込むタイプの川崎は、クスリの世界にもどっぷり浸かるようになった。

自宅に閉じこもって、起きている間ずっと部屋を改造したり自作のオブジェの制作に没頭した。

レイブパーティーのデコレーションも手がけクスリをキメて踊り狂った。

「周りの友達が僕の作った物をスゴイなんて言う人がいて、自分もすっかり芸術家だと思ってました。完全に勘違いしてましたね(笑)」

しかし、最初はクスリで天国の気分を味わっていたが、次第に覚醒剤特有の症状が現れてくる。

そしてある時を境に川崎の生活は地獄に変わった。幻覚症状と極度の被害妄想にとらわれ、ついには自殺未遂を起こした。

当時一緒に住んでいた姉が自殺した川崎を病院に連れて行き、そのまま精神科に入院することになった。

恋人・優香への愛により更生を決意!リハビリ生活をチャネる!

川崎タツキ

出展:http://www.loft-prj.co.jp

川崎はクスリを絶つため

民間の薬物リハビリ施設である沖縄ダルク
入寮することになった。

自分ではどうすることもできない状態
生きているのが不思議だった。

水の中でゆらゆら揺れている葉っぱみたいなものです。だからそこで身を任せるしかなかったんですね。」

ダルクでのリハビリ生活が1年近く過ぎ、薬物依存の症状も抜けてきたころ、川崎は沖縄に来てから初めて姉に電話をかけた。

このまま沖縄に残って生活していくことを伝えるためだった。しかし、姉の口からは思いがけない言葉が返ってきた。

「でも、優香が待ってるよ」

優香は川崎が東京でつきあっていた恋人だ。
薬物中毒になる前からつきあっていたが、クスリのせいで長い間音信不通 になっていたのだ。

川崎もまさか優香が自分のことを待っているとは思いもしなかった。その言葉を聞いた川崎は即座に帰郷を決めた。

「とっくに見放されたと思っていました。それが待っていてくれていると聞いて、本当に嬉しかったです」

再びボクシングの道のために、背中の入れ墨を消す
チャネる!

帰郷した川崎は住み込みの仕事を見つけ、愛する優香のため毎日懸命に働いた。もうヤクザに戻る気はまったくなかった。

そんな川崎に次なる転機が訪れる。
地元竹ノ塚で偶然に旧知の古川誠一、そしてボクサーのカズ有澤、コウジ有澤と出会ったのだ。

すっかり更正した川崎のことを古川らは自分のことのように喜んだ。

そして、数日後、古川から思いがけない提案をされたのだ。もう一度ボクシングをやってみないかと。

悩んだ川崎は優香に判断を委ねた。
優香がやってもいいと言えばやるし、ダメだと言えばやらないつもりだった。返事は…OKだった。

プロになるためには、ハードなトレーニングは当然として、
どうしても背中の大きな刺青を消す必要がった。
200万円の手術費はすべて友人・知人からのカンパで賄われた

こちらが刺青を消した背中の画像だ!

スポンサーリンク

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp 

 

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

古川、カズ、コウジもカンパ集めに尽力した。
刺青は完全には消えなかったが、ジムの有澤会長の熱心な説得で、最初は難色を示した日本ボクシングコミッションもファンデーションを塗るという条件でプロデビューのOKを出した。

それからの川崎は一心にボクシングに打ち込んだ。

26歳というボクサーとしては遅いデビューだが、
これまでの回り道が決して無駄だったとは言えないと思う。

 

川崎タツキ

川崎タツキ チャンピオン 元覚せい剤常習者からプロボクサーに

 

ここに至るまで川崎は多くのことを経験し、そして学んだ。

「ボクシングの試合ができてることもすごいと思うんですが、なんかそれだけじゃなくて、自分はボクシングができて、すごく変われた。たくさんの人と出会えたし、それだけでも嬉しいという気持ちがあるんです。

感謝しなくちゃいけないなあと。自分が今あるのはみんなのおかげなんだってホントに思うんです」

「昔は勝つことって簡単に考えてたんですけど、本気でボクシングをやって初めて勝つことの難しさを思い知らされました。負けた時はもちろん悔しいんですけど、それよりも相手を尊敬する気持ちの方が強いですね。」

川崎のデビュー1戦目。観客席には由里歌、優香の他に父親の姿もあった。

息子タツキのデビュー初勝利を見届けた後、父親は病気で他界した。
父親から息子への最期のプレゼントはリング・シューズだった。

現在、川崎タツキはSウェルター級2位にランクされている。一度つまづいたら負け組にされてしまう今の世にあって、人生は失敗しても何回だってやり直せるということを川崎タツキは当たり前のように見せてくれる。

そして今、川崎は日本タイトルを目指して日々練習に励んでいる。

居酒屋焼肉店で働きながらの選手生活!
川崎タツキさん!チャネる!

川崎タツキ 居酒屋

出展:http://plaza.rakuten.co.jp

 

今日は「4月のタイトル戦応援に行くぞ~頑張れ~
」という事で、夜に川崎タツキの働く焼肉屋「ソウル」へ!

居酒屋焼肉店「ソウル」で働きながら選手をする明るい笑顔の
川崎タツキさん!
純粋な人なんですよね!

心に残る名ボクサー川崎タツキ・チャネる!

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

2008年に川崎タツキさんは引退されています。
日本ランキング1位、東洋太平洋1位まで昇りつめたが、「50年ぶりのWタイトルマッチ」で惜しくも敗退。

「みんなに優しくしてもらえて幸せです。何が何でもベルトが欲しい。夢は世界チャンピオン。目標は日本チャンピオン」と屈託なく笑っていたが…

その強烈なサウスポーからのファイタースタイルのボクシングで連戦連勝を重ねるも、3度挑んだタイトルマッチはどれも敗れてしまった…

「タンタン」…は、完敗でした…

飛び込んで駄目、引いて駄目…が、あの鮮血に染まった顔面で、突き放されても突き放されても飛び込み続けた…
「悔しくとも悔しくとも」、しかし、そこにはきっと、「確固たる自分」があって、その「自分」を乗り越えるために、また、「愛する人」のために、駄目でも駄目でも飛び込み続けた…わけですが、その『生き様』、確かに見届けた…
もちろん、プロボクシングであり、ランカー対決でもあるわけで、その「勝ち負け」は重要であるが、それが全てではない…そう、「勇気」をこんなにも分けていただいた…
これは「惨敗」と評される内容であり、決して「次に繋がる」とは思わない…もう36歳…

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

来年はボクサー定年であります…個人的には、勇気を持って「引退」の二文字を口にして欲しい…が、それは本人が「自分」と向き合って決めることだし、周囲との相談も必要でしょう…

あの「川崎タツキ」のように、一生懸命に歯を食いしばって生きているか!?
ぐっ…生きることとは「悶える事」と見つけたり……って、もう散々それは考えてきただろう!?

次、次だ…次の段階へ、進め!!!
出展:http://ameblo.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

日本ボクシング界には37歳定年制!チャネる!

川崎タツキ

出展:http://www.adachi-asahi.jp

日本ボクシング界には37歳定年制がある。

現役王者・元王者(日本・東洋・世界)以外は37歳を過ぎると日本のリングで戦うライセンスを失効する。

残念ながら川崎タツキは来年2009年4月3日にはライセンスを失効し、定年を迎える。

しかし、日本王者の証を手にする事は出来なかったが、タツキの試合には常に観る者を興奮させる“熱”があり、タツキは観客に“生きる力”を発して来た。

 12月1日(月)、後楽園ホールで“ボクサー・川崎タツキ”は現役最後のリングを迎える。

これまで幾多の血と汗を流し、そして新たに命を授かったリングをタツキは去る。王者としての記録はないが、ボクシングファンの記憶に川崎タツキの名と戦いは鮮明に残り、語られる事であろう。

 12月1日、“川崎タツキ”のラストファイトに括目せよ!!そして、熱い戦いをありがとう…。

川崎タツキ

出展:http://blogs.yahoo.co.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

ヤクザもやりました! 違法薬物もやりました! 刺青も入れました!」とボクシングのパンチドラッガーの為か、少し口調ははしる。

私の身体は、父母が遺してくれた“遺体”です。背中に刺青が入ってますし、ボクシングでダメージもありますし、薬物で歯は総入れ歯です。でも、今は身体を大切にしています

川崎はそう語りながら、
生まれた子を思うとき、これからどう生きていくのかと迷う」と本音を口にした。
出展:http://www.zakzak.co.jp

川崎タツキ

出展:http://ameblo.jp

タロットチャネリングで川崎タツキさんの人物像をチャネる!


川崎タツキさんは
ソードのナイト」正位置です!

出展:wiki

出展:wiki

馬を操り颯爽とナイトが突っ走っています。彼は強い意志、方針、信念に従って、勇敢に攻め込んでいく切り込み隊長です。

しかし馬が走っている向きが逆ですから、少し焦っているかもしれません。

ヤケクソになっていないか注意する必要があります。自らの意志、信念、方針に基づいて力強く行動していきましょう。

あふれ出るアイディアを次々こなしていきましょう。
何かに駆り立てられるように突っ込んでいるのなら、少し落ち着くことが必要です。

川崎タツキさんへのタロットチャネリングメッセージ

とても仁義に厚い人です。裏切られると自分を切りつける激しい性格の人です。今までの人生はとても寂しがり屋で愛に飢えている人でもありましたが、今は1人ではありません。

大切な人たちのために愛を繋いでいくことを優先してください。
波乱万丈な人生経験やそれを支えた恋人(現在の妻)との思い出より、薬物問題や家族愛をテーマにした講演を行うことはあなたの使命です。

タロットチャネラーMagicalの勝手に
チャネリングニュースラボでした!
こちらの記事もよろしく!
松本俊彦精神科医・プロフィール・経歴・清原薬物問題をチャネる! 
下記のタロットチャネリング記事もよろしくです!

スポンサーリンク

 - 未分類