*

精神科医・利田周太wikiプロフ・大学・経歴・医者の年収をチャネる!

   

利田周太理事長

出展:http://byoukiwakaru.

こんにちは!タロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質に迫りタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は薬物依存症治療を専門に行う
「医療法人社団利田会 周愛利田クリニック」の利田周太理事長チャネプロファイリング致します!

スポンサーリンク

利田周太さんのプロフをチャネる!Wikiチャネプロファイリング

出展:http://www.shuai-toshida.jp

出展:http://www.shuai-toshida.jp

周愛利田クリニック院長・理事長 / 院長
   利田 周太 (としだ しゅうた)

熊本県出身 岸和田育ち

帝京大学医学部 同大学院卒業
医学博士 精神保健指定医・精神科専門医、指導医

北区嘱託医
北区医師会精神科医会会長

帝京大学病院精神科、都立松沢病院勤務を経て

昭和59年 周愛利田クリニックを開院

東京で初めてのアルコール依存症外来をはじめる。

全国初のアルコールデイケア治療をはじめる。
アルコール依存症、薬物依存症治療

その他各種依存症外来治療の先駆者

平成16年 周愛巣鴨クリニック分院開院

利田 周太

出展:http://www.shuai-toshida.jp

 

これまで30年に渡り、地域医療に邁進、

診療の傍ら精神保健福祉センター、各種関連施設及び保健所への指導にあたる。

周愛利田クリニックとは?チャネる!

利田周太

出展:http://www.shuai-sugamo.jp

周愛巣鴨クリニック」は依存症治療のパイオニアである
利田周太理事長が院長も勤める「周愛利田クリニック」(北区 上中里)が20周年を迎えるのを機に、
2004年に分院としてオープンしました。

医療法人社団利田会 周愛巣鴨クリニック

出展:http://shuai-sugamo.jp

今年本院は30周年、分院のこちらは10年目を迎える

メインはアルコール依存症の治療で、患者さんが安心して生活できる環境を整え、社会復帰をしていくためのプログラム「デイ・ナイト・ケア」を実施している。

「精神保健福祉士、ケースワーカー、看護師、心理療法士などの優秀なスタッフがそろい、本院のノウハウを生かしたケアを行っています」と秦先生。

精神科への抵抗をなくしてもらおうと、HPでは院内の3D画像が見られるような工夫もされている。

精神科も他の病気と同じで早期発見早期治療が大事である。

利田周太理事長が語る!
覚せい剤に対する依存、精神依存について
チャネる!

20160215164913uyiy4

周愛利田クリニックの利田周太院長

出展:http://www.asyura2.com

 

清原容疑者が、150回分の使用量にあたる覚せい剤、およそ5グラムを入手していた疑いがあること分かった分かり…
清原容疑者は、逮捕前日の2016年2月1日にも覚せい剤を調達していることから、
わずか1カ月間で、150回分を使い切ったとみられているとの報道がありました。

周愛利田クリニックの利田周太院長は、
相当な量ですよね
人によっては、死んでいてもおかしくないような量だった
耐性といって、同じ量を使っていたのでは、同じような効果が得られなくなる」などと話した。

覚醒剤やめられるか?チャネる!

周愛利田クリニックの利田周太院長は

覚せい剤に対する依存、精神依存といったものは薬では治りません。終生ついて回る」と話している。

しかし、回復する方法はあるといい、
「精神科的なカウンセリング、集団治療、グループワーク」などで周囲の協力も重要だそうだ。

さらに、「(覚せい剤への)病的な依存が形成されているわけですから、周りの人たちは病気であると理解し、
彼が治療に向かうことを暖かく見守って援助する。

治療上、必要があれば手を差延べるという気持ちが大事です」と話す。

利田理事長 周愛巣鴨クリニック

出展:http://doctorsfile.jp

利田理事長によると、1~3か月の入院治療のあと、

数年にわたり外来治療を続けていきます。

この通院治療を継続していくと、
3カ月で『耳』ができ、人の話を聞けるようになる。
半年で『口』ができ、自分の話がきちんとできるようになる。
1年で違和感がなくなり、
3年たつと安定し、5年たてば完全に社会復帰できる
とのことです。

利田理事長の収入!医者の世界の収入をチャネる!

利田周太

出展:http://gendai.ismedia.jp

中規模の公立病院で働く勤務医の年収は、1427万円
公立病院の院長の平均年収は、1960万円
医療法人の形態をとる院長の年収は、2532万円
と言われていますが

それは、医者という商売が、
昔ほどリッチなもではなくなってきている!
 一般にはまだ誤解されているが、
現代の日本の医者はけっして金持ちではない

実家が医院経営でそれを継ぐ必要のある者をのぞいて、現代では医者という職業は、金銭面でも社会的ステイタスにおいても、さらに学問という面においても、それほどのやりがいのある職業ではない。

生命科学が大躍進し、ヒトゲノムの解析まで達成される時代に、旧来の医者の生き方は、もう通用しない。

ただ、この不況下、大学を出ても職がなく、結局はフリーターになってしまうなら、いまだに、医者なら食いっぱぐれないだろうと考える向きもある。

しかし、この考えも、もうじき現実ではなくなる可能性が高い。

 なぜなら、日本では少子化がすごいスピードで進んでいるからだ。

スポンサーリンク

 一般病院の場合、
新卒医師の平均的な初任給は、約38万円
(病院の大きさによって違う)である。

 これを聞くと、一般の大卒より高給だと思われるかも知れないが、医学部は6年教育で大学院の修士課程終了と同じで、かつ国家試験の合格者であることを考えるなら、世間で思っているほど高給でもないはずだ。

 次に一般病院で肩書のない医師の給与だが、
平均年齢40歳で約100万円時間外なども含む)と見ていい。

ちなみに、医科長とか診療部長クラスになると、
120万円ほどになるが、平均年齢は45歳を超える

さらに、副院長となると約140万円院長で約150万円
といったところである。
だが、病院という大組織のトップとしてみると、それほど高い水準ではないだろう。

 ところがこれが大学病院となるとぐんと低くなる。研修医が大学病院に残らなくなったのはこのせいもあり、研修生は、かつてはアルバイトをしなければ生活できなかった。

大学病院では研修生を終えると助手になるが、35歳で40万円といったところ。時間外もつくが、それは数万円だ。

学講師は、平均年齢40歳で約50万。助教授が平均年齢47歳で約59万円、教授が平均年齢57歳で73万円である。

 これなら、大手一流企業のほうがよほど給料がいいはずである。

だから、医者は、給料とは別の名目で稼ぎ、謝礼もあてにして生きるようになる。所謂、賄賂ですね…

 では、開業医はどうかというと、月平均収入は、
一般的に約200~250万円と言われている。

だから、年収としては3000万円ほどになるが、
医者なら誰もが開業できるわけではない。

現在、開業医の平均年齢は約60歳に達し、また、どんな小さな病院でも開業するには約1億円の資金がかかる。

開業資金を借金でまかなったら、経営など成り立たない。

タロットチャネリングで利田周太理事長の人物像をチャネる!


利田周太理事長は
ペンタクルスの6」正位置です!

出展:wiki

出展:wiki

社会貢献しましょう。今手にしている富は個人のがんばりだけで手に入れたものではありません。
社会のために自分を提供すべき人になります。
あなたが得るべき報酬はあなた個人のためだけの分ではありません。
将来に活動する時のための資金も、今あなたが得るべき報酬です。

利田周太理事長へのタロットチャネリングメッセージ

ウソ、偽りを見抜きましょう。本当に必要としている人に与えるべきです。
あなたを本当に必要としている人は、あなたとは別の場所にいます。あなたは彼らを救うためにその場所に近づかなくてはなりません。
活動の場を広げてください!

タロットチャネラーMagicalの勝手に
チャネリングニュースラボでした!
下記のタロットチャネリング記事もよろしくです!

スポンサーリンク

 - 未分類