*

金田一秀穂 の家族と同志社の息子、病気履歴をチャネる!   

      2016/02/11

金田一 秀穂ヘッダー

出展:http://takaokad.exblog.jp/

 

こんにちは!タロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質に迫りタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!
本日のチャネ人は金田一秀穂 さんをチャネプロファイリング致します!

スポンサーリンク

金田一秀穂さんのプロフをチャネる!チャネプロファイリング

出展:http://www.kyorin-u.ac.jp/

出展:http://www.kyorin-u.ac.jp/


金田一 秀穂
(きんだいち ひでほ)

生年月日:1953年5月5日
出生地:東京都

東京都立西高等学校、上智大学文学部心理学科卒業。
東京外国語大学大学院博士課程修了。東京外国語大学では日本語学を専攻。
その後、中国大連外語学院、コロンビア大学などで日本語を教えハーバード大学客員研究員を経てその後、
現在は杏林大学外国語学部教授を務める。中国大連外語学院、コロンビア大学などで日本語を教え、ハーバード大学客員研究員を経て、現在は杏林大学外国語学部教授を務める。
また、インドネシア、ミャンマー、ベトナムなどでも日本語教師の指導を行う。

出展:wiki

Qさま等TVでもお馴染の言語学者、金田一 秀穂さん
祖父の金田一京助(言語学者) 、父の金田一春彦(国語学者)に持つ、国語界のサラブレットです!
順風満帆なエリートかと思いきや?上智大学文学部心理学科卒業です。現在国語学者で活躍されていますがストレートになった訳ではないと分かりますよね?
面白いエピソードがたくさんあります!

金田一 秀穂さんが言語学者に至るまでの道程とは?

大学時代心理学を専攻していました。友達と遊んだり、旅行に行ったり、パチンコしたりしていましたが、本も読んでいました。なるべくいろんなことを知りたいと思っていました。ただ、若さゆえの愚かさ、無知、無力感にさいなまれていましたので、もう二度と大学時代に戻りたくありません。オトナはらくちんです。

出展:http://www.kyorin-u.ac.jp/

大学卒業後ニートの経験があります。今や立派な国語学者となった金田一さんですが、悩み葛藤がありました。

何度も言いますが
金田一 秀穂さんは祖父の金田一京助(言語学者) 、父の金田一春彦(国語学者)に持つ、国語界の3代目です
相当見えない重圧があり、本来の自分の使命が見えなかったとチャネる!

有名な人になったり、家系的に代々続いている環境で継がなければならない立場に生まれてきたパターンは
自ら逃れられない運命は金田一 秀穂自身が決めてきています。
学生時代は親が有名な人や芸能人ですと、とても心理状態が不安定になりやすいです。
それくらいに見えない葛藤などを見つめていく時期です。葛藤とはクリエイティブな気質な方は必ず持っていますね。

祖父と父は東京帝国大学の出身の東大生です。晩年は東大や他の大学からも研究を認められて、素晴らしい功績を残した国語学者でした。

金田一秀穂さんの家族をチャネる!


祖父の金田一京助さんは生涯に渡り貧しい生活に耐えながら、金田一はアイヌ語の研究に一生を捧げた人です。
京助さんがいなければアイヌ語は残らなかったかもしれないと言われるくらいにアイヌ語は全く研究する人がいませんでした。

盛岡出身の言語学者・金田一京助(1882~1971)はアイヌ語研究に生涯を捧げ、昭和7年(1932)、「アイヌ叙事詩ユーカラの研究」で帝国学士院恩賜賞を受賞。昭和29年(1954)には文化勲章を受章しています。

出展:http://www.mfca.jp/

出展:http://www.mfca.jp/

 

 

父の金田一春彦さんは国語辞典などの編纂、方言の研究でよく知られている。文学博士 栄典は瑞宝重光章・勲三等旭日中綬章・紫綬褒章。その他の表彰歴として文化功労者、東京都名誉都民などを受章されています。

 

出展:https://www.google.co.jp/

出展:https://www.google.co.jp/

 

アクセントの研究者として有名で、こんなエピソードがあります。

1963年4月25日、吉展ちゃん誘拐事件が発生する。自宅のテレビで犯人の身代金要求電話の録音を聴き、何気なく「この発音は茨城か栃木か福島だよ」と呟いたところ、珠江夫人がNHKに電話しこの発言を伝えたため、マスコミから正式に取材を受けることになった。その後、逮捕された犯人が茨城県と栃木県に境を接する福島県南部の出身だったため、春彦の的確な分析が話題を呼んだ。

アクセントとの学者になったエピソードが印象に残りました。

夕食の席で言語学者・佐久間鼎の『国語の発音とアクセント』が話題になっていた時、自らの発音に基づいて佐久間の学説を批判し、京助から喜ばれる。このとき褒められた経験が自信となり、後年アクセントの研究者として一家を成すに至ったという

やはり父である国語学者として実績のある金田一京助さんの強い影響があるとチャネる!


金田一春彦さんは東大大学院に籍を置いたまま応召して、帝国陸軍の甲府歩兵第49連隊に入営した経験があり
学歴を使い幹部候補生に応募する事をせず、通常の徴兵検査を通し入営しました。
二等兵として軍隊生活を送る事となったので、兵士としては無能であり、新兵に対する激しいしごきに苦しみ、のちにこの時期を自らの人生で最もつらい半年間だったと回想されています。

戦争を経験された経営者の方は、沢山世の中にいらっしゃいますが志が高く貢献の意識の方が多いです。
現代では徴兵制は考えられませんが、この時の苦しい経験があるからこそ、その後の春彦さんの躍進があったとチャネる!
戦争を魂を磨かれる究極の場でもあるのかもしれません。

その後は東大大学院に再入学。3月には単身伊豆大島に渡り、4月までアクセントを調査されて静岡県、山梨県、長野県、愛知県、近畿地方、香川県、徳島県、愛媛県を回っています。
そして国語教師となり、後に1957年1月、岩波新書から『日本語』を刊行し、ベストセラーかつロングセラーとなっています。

金田一 秀穂さん上智大学文学部卒業後ニートをしていた?

金田一 秀穂

出展:http://takaokad.exblog

 

皆さん想像してみてください、これだけ立派な父親がいる子供時代を、3代目として生きる金田一 秀穂さんにしか分からない悩みもあったはずです。特に上智大学文学部時代は自分の道を模索していたのだとチャネる!
心理学科というのも、自分を見つめたかったのかもしれません。卒業後はニートをしていたようです。
ニートは意外と歴史があるのですねマッジもびっくりです。

明治から昭和にかけて大学卒業後も就職せず読書や自分自身の趣味に没頭した人々の事を「高等遊民」と呼んだそうですよ~
今でいうところの「ニート」ですね。なんと金田一さんもこれに憧れ一時期はニート生活を営んでいたと言うのです。

自ら望んでニート生活って 笑
マッジはびっくりでしたが、ま~これだけの著名人の息子さんでニートをする度胸って凄いですよ
この時間は3代目としての金田一 秀穂さんにとって自己内観する期間となりました。

しかしあるとき公園を清掃する年配者の姿に感銘をうけた金田一さんは東京外国語大学大学院にて日本語学を専攻し外国で日本語を教える道を歩んでいく事になるのです。世の中分かりません 笑

その後は国語学部教授になりました。親の七光りだという人も居ますけど、金田一 秀穂さんもそれだけの受け継がれる意志の
重さに打ち勝ったので今があるとチャネる!

 

本人は自身の事を日本語学者だと言います。そして現在外国学部の日本語学の教授として外国語としての日本語という観点から日本語の研究に日々取り組んでいます。

出展:http://subcultoka.jp/

3代目としてのテーマが見つかった瞬間!金田一 秀穂さんは人生が開けました!

独特のキャラクターでテレビ出演も多く、「NHK日本語なるほど塾」で『ようこそ!言葉の迷宮へ』、「世界一受けたい授業」「雑学王」「Qさま」など、お茶の間でも親しまれている。

講演では、「日本語とは?」「日本語の楽しみ方」「言葉の選び方、つきあい方」など、言葉にまつわる興味深い内容が好評。

出展:wiki

マスコミでの露出が出てきたのもお父さまのご意向もあったようです。

父は僕に有名になって欲しかったようで。勧められて雑誌に書いたり、NHKで番組を作ったりしたんですそうしたら喜びましてね。原稿も褒めてくれたし、放送も一緒に見て『立派だ、立派だ』と。その後すぐ父は他界したので、間に合って良かったと思います」

スポンサーリンク

春彦さんも京助さんにアクセントを褒められてがキッカケだったのとニュアンスが似ています。
親子3代の言語、国語、日本語学者、親子リレーの集大成でもある、大変興味深い本をご紹介します。

父を超えるというのは、永遠のテーマですよね。僕自身は拘り無いつもりでしたが、父の没後10年の今年、こういう本を出すとうのは、それだけの時間が必要だったのかなと思います

出展:http://shukan.bunshun.jp

「どんな人でも、急にぽつんと自由勝手にこの世に生まれてきたのではない。誰にも生んでくれた親世代があり、親世代を生んだ祖父世代がある。」と始まる一冊。国語学者一家の系譜から、三代=約100年の日本語の歴史が分かる。春彦氏亡き後に構成された“父子対談”も読みどころだ。

出展:http://shukan.bunshun.jp

 

親の仕事を受け継ぐか否かにかかわらず、現代は「三代目の時代」だと金田一さんは言う。
「うちはたまたま同じ仕事をしていますが、戦争から数えると、今を生きる我々は皆が『三代目』。三代目的なものの見方が役立つ時代ではと改めて思います

出展:http://shukan.bunshun.jp

独特な個性でテレビ番組でも大人気の金田一 秀穂さん、言葉の新しい捉え方を伝えていて、若者言葉の省略を否定することは
ありません。言葉は時代背景や環境の変化などにより、変わっていくもので、辞書に載っている若者言葉もあると仰っています。
それはその時代、その言葉でしか言い表せない“時代の気持ち”の現われであり、
いつの時代も人は、心の中にうまく言葉に出来ないモヤモヤしたものを持っていると言います。
「若者言葉も、言葉で言い表しにくいモヤモヤを、巧みに言葉にしたもの。決して乱れなんかではない!」

タロットチャネリングでカードで金田一 秀穂さんの人物像をチャネる!

 

金田一 秀穂さんは「ワンドの3」正位置です!

出展:wiki

出展:wiki

 

情熱、純粋な気持ち、たゆまぬ努力、それらを基に進んできたので、協力者がいます。
その協力者とともに目指すところへと進みましょう。
既に取り組んでいることがあれば、それは成功へと導かれます。しかしそれは一人だけでは達成できません。

協力者(祖父、父親)のありがたさをもう一度思い出しましょう。
協力者を得られたら次のステージに進むべきです。

目標達成までの道のり(過程)で大きな何かを得られます。
遠くから見ているだけでなく、望みをかなえるために行動しましょう。

 

金田一 秀穂さんの同志社大卒の息子さんをチャネる!

出展:http://www.intvw.net/i

出展:http://www.intvw.net/i

 

名前:金田一 央紀(きんだいち おうき)さん。
生年月日:1981年11月5日
年齢:35歳
出身地:東京都

同志社大学卒業後、イギリスのCentral School of Speech and Dramaに留学
Central School of Speech and DramaでMA(文学博士)取得
帰国後NODA・MAPの演出助手、G2演出ミュージカルの翻訳協力など下積みを経たのち、
東京で劇空間のグルーヴを求めて2011年より金田一央紀さんの主宰の演劇ユニット、アトリエ劇研創造サポートカンパニーを立ち上げ、定期的に外部公演も行っています。
とてもセンスが光るサイトです!演劇集団Hbf.(ハウプトバンホフ)

なかなか面白そうな人ですね~とても自由にやっているとチャネる!
ある意味3代目で一旦完結して,次の新しい語学の表現に邁進されているとチャネリングメッセージが4代目は新しい世界へ挑戦していく!
確かにこれまでの、言語学者の道とは違いますが、枠が取れたよりクリエイティブな活動をしていけるとチャネる!
少し1代目、2代目の続いてきた道から多少それても許される、気にならない
距離感なんでしょうね~
お父様が出演されているバラエティー番組Qさまにも、露出を何度もされています。
有名にしたいとのお父さまの 秀穂さんの意向なんでしょうかね
親子リレーはまだ続きます!

一応娘さんもいるらしいですよ~娘の金田一 ゆいさんは和菓子職人見習いだそうです。

金田一秀穂さんの「入院」と「病気履歴」は?

金田一 秀穂

出展:blog.goo.ne.jp

 

元気いっぱいに見え精力的に活動されている金田一秀穂さんですが、入院などの噂が何故あるのか?しかし一般人ですのでちゃんとしたデータはありませんでした。
「入院」と「病気履歴」もしかして?壮絶な過去を背負っていたりするのでしょうかとチャネっていたら出てきましたね~

小学生の時、病気にかかり2年間休学。この時に、どんなに努力しても病気を治すことができず、入院している患者が次々に死んでいくのをみて、“努力しても無駄だ”と人生を達観するようになる。

出展:http://www.bs4.jp/

2年間の休学とは長いですね~病院という場所は、様々な年代の方々が寄り添って住んでいる
ようなところです。
小学校の頃に入院というお辛い経験をされていますが、金田一 秀穂さんにとって、その後の人生を
歩む時の指針がこの時作られているとチャネる!

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!

スポンサーリンク

 - 未分類