*

世界で一番醜い女と罵られたけど、ポジティブで心が美しい生き様をチャネる!

   

リジー・ベラスケス

出展:http://spotlight-media.jp/

こんにちは!星読みタロットチャネラーのMagicalです!

愛称は「マッジ」ですよろしくお願いします!

話題のニュース人の本質星座占いとタロットを活用したチャネリングメッセージをお伝えしていく他ではないサイトです!

本日のチャネ人は”世界で一番見難い女性と言われていた”リジー・ベラスケス”さんをチャネプロファイリング致します!

スポンサーリンク

世界で一番醜い女性と言われた、リジー・ベラスケスさんの人生プロフをチャネる!

名前:リジー・ベラスケス

生年月日:1989年(26歳または27歳 2016年執筆時)

出身地:テキサス州サンアントニオ市

病名:難病「新生児早老症様症候群」世界で僅か3人しかかかっていない

 

1989年、テキサス州サンアントニオ市で生まれた

リジー・ベラスケスさんは、4週間の早産でした。

母親の胎内にいた頃、すでに羊水が無く、

医者からは、生まれてきた事自体が、奇跡と言われたそうです。

その為、遺伝子異常による極めて稀な早発早老症を患っており、

世界で僅か3人しかかかっていないという難病「新生児早老症様症候群」になってしまっていたのです。

皮膚は光過敏性の皮膚炎を生じ、老化が早くから始まる彼女の難病は、

体脂肪を蓄積することが出来ない体で、他にも生理的欠陥があり、彼女には栄養を蓄える脂肪組織がまったくありません。

食事から栄養がほとんど取れない為、

1日に5000~8000キロカロリーを摂取しなければならず、毎日約60回(15分ごとに1回)食事を取らなければなりません。

食欲がなくても食べなければ、それだけで免疫力が低下して命の危険もあるという状況です。

リジー・ベラスケス

出展:http://spotlight-media.jp/

しかし、それだけ摂取しても皮下脂肪は0パーセントで、体重は65ポンド(約30kg)以上に増えたことがないそうです。

リジーさんの痩せた全身写真はこちらになります【画像】

急激に進行する白内障で右目は、13歳の時に失明して

残った左目の視力も現在はごく僅かだといいます。

寿命は10歳代後半から20歳代前半とされていて、

現在、有効な治療法は1つも無い。
生まれてすぐ、両親は医者から残酷な事を言われます。

「お嬢さんは、これからの人生、

一生歩く事も、話したりする事も、

ハイハイする事もできない子になるでしょう。

ましてや普通の生活など送るなどは、絶望的です。」

と告知したのです。

医師たちは、この子がどうやって生き延びるか想像もつかないと言います。

この時の事を、Lizzie は後にこう語っています。

「私がここまで生きて来れたのも、すべて両親の偉大な愛があったからです。 両親のお陰です。」

リズさんのファイティングスピリットは両親からのギフト!

医者に残酷な告知をされたLizzie の両親は、

何も言わず、ただただ、小さい赤ちゃんを抱きしめて、

「私の大事な、大事な娘です。」

そう言って、すぐ家へ連れて帰り、抱きしめ続けたと言う。

4週間早く生まれてきた、小さな、小さな赤ちゃん。

ベビ-服はみな大きすぎて、合うものは1つもありませんでした。

そこで、町中のおもちゃ屋さんをまわって、

お人形さんの服を買わなければなりませんでした。

リジー・ベラスケス

出展:http://spotlight-media.jp/

 

娘をただ愛する両親と、そんな親の愛情に答えたいと思う小さな赤ちゃん。

それが奇跡を呼んだのでしょうか・・・

なんと、彼女は医者達の予想を覆して、生きて、生きて、生き延びたのです!

身体は本当にとても小さいままなのですが、内臓も、脳も骨も普通に成長したのです。

 医者は口々に奇跡が起きたと言ったという。

 
ご両親は彼女をとても愛し、リジーを障害者や病人としてではなく、

普通の子どもとして彼女を育てました。

しかし、幼稚園に入園したリジーさんには、更なる試練が待ち受けていました。
リジーは、幼稚園では、普通に振る舞うのですが、周りの反応は、やはり普通とは違いました。

他の子どもから怖がられたり、嫌われたりしたのです。

いじめたり、醜いと言われたり、指を差されて、「怪物だぁ!!」と言うので、悲しくなります。

スポンサーリンク

「何がいけないの?私、何かした?なぜ嫌われるの?」

両親は私を座らせて言いました。

「リジー、あなたが他の子と違うのは痩せているということだけよ。

病気はあるけど、それであなたがどういう子か決まったりはしないのよ」

両親は、

「学校に行きなさい、貴方は何も悪いことはしていないの。

 だから顔を上げて、いつも明るく笑うの。

 そうすれば周りも同じなんだと分かってくれるはずよ。」

と言いました。

私ができたほぼ全てのことは両親のお陰です。

母がファイティングスピリットを教えてくれたおかげで今日皆さんの前でむねをはって話すことができます。 

出典 http://youtu.be

 

リジーは自分がまさか難病に冒されているなどと思ってもいませんでした。

幼いリジーはカトリック信者でした。毎晩、神さまに、

「明日は普通の子になっていますように。」と祈りました。

しかし、毎朝起きると、変わっていない自分を見て、がっかりしたそうです。
幼い頃から何度も入退院を繰り返し治療を続けてきて、病気と闘いながらも普通の生活を送ろうとしていたリジーさんにまた大きな壁を
神様はお与えになるのです。

 

世界で一番見難い女?

スポンサーリンク

高校生のときに2度の大きな手術を受けました。しかし、病状は改善されませんでした。

そんな彼女が、17歳になったある日、

彼女が今まで想像もしなかった様な、突然の悲劇が彼女を襲って来たのです。

学校にいる自分の顔を、誰かによって盗撮された映像が、
インターネット上に勝手に投稿され、世界中に公開されていたのです!

 それも、タイトルが、「世界で一番醜い女」として8秒間の無音の動画でした!400万回以上も再生され

そのコメント欄には、彼女を傷付ける、千ものコメントが書き込まれていましたが・・・内容は・・・

 「リジー お願い どうかお願い 

世界の為だと思って 拳銃で自殺してね。」(米国)

 

「彼女の両親が彼女を捨てていないのはなぜだ? 

 彼女は生まれてすぐに、殺されるべきだった。」(中国)
「世界にお願いしたいです、コイツの頭に拳銃の玉をぶち込んでくれ!」(米国)

 

「世界一不細工な犬がこんなかんじじゃなかったか??」(日本)

 

「マジでwこえーだろw 下手な死体画像より怖い」(日本)

 

「子供の頃に、みんな捨てるんじゃなかったのかよ!」 (中国)

 

「うわっ、なんだこいつ? 干物のたたりか?」(日本)

 

「世界一醜い犬コンテスト三連覇の犬に似てるよな 」(日本)

 

「飯食いながらこれ見たら吐いたわ?」(日本)

 

「そいつを火で燃やしてしまえ!」

 

「彼女は、自殺すべきだ!!」

見るに耐えない恐ろしい内容の悪罵が世界中から集まっていたのです。

これを見たリジーは、毎晩、泣き続けました。

もう自分の人生は終わった。と思ったと言います・・・・

まだ17歳の少女にとって、その言葉の数々が、どれだけ残酷で衝撃的なものだったのか、マッジにも想像が絶します・・・。
本当に辛い時間だったと感じます。

そんな時だった。アメリカ合衆国ミズーリ州で一人の少女が、

ネットいじめに遭い、自殺に追い込まれていた情報をリジーさんが得るのです。
少女の名はメーガン・マイヤー(13)ちゃん。

当時彼女は、注意欠陥障害(ADHD)やうつ病を患っていたが、

近所に住むローリ・ドリュー(47)という主婦から壮絶なネットいじめを受けて亡くなったのだ。

「お前のような人は生きる資格がないぜ!死んだら少しは世の中スッキリすらぁ。」

「ミーガンはデブだ」

「お前なんか、この世にいなくていい」

というようなことまで書いてあったそうです。

リジーは、そのニュースを聞くと、自分の事の様に悲しみ、

娘を失くした母親と、一緒にこういった卑劣ないじめに立ち向かおうと決心する。

そして、いじめを失くす活動に取り組む事にしたのです。

この決意はリジーさんの新たな人生の始まりでした!

リジーさんのポジティブで美しい生き様をチャネる!

私は長い間、泣き暮れましたが、どこか吹っ切れて見返してやろうと思いました。

リジーさんは今回の酷い仕打ちの中でしっかり真実を悟ることができたのです・・・

自分自身を決めるのは、他人ではなく、自分自身であるという事を。

その日から、彼女はありのままの自分を、全世界に発信する事にした。

病気の事、自分に向けられた悪意にひどく傷ついた事。

生まれてから経験したさまざまな苦しみを、彼女はYouTube上でその全てを告白しました。
“醜い”とは、一体なんでしょうか?

人生に幸せを感じられるのは、どんな時なのでしょうか?

私が思うに、外見や病気は関係ない。

自分の人生は自分の選択で決まるんです。

自分らしさは、目標や成功、やり遂げたことで決まるのであって、

私を誹謗中傷した人達には、決められない事なんです。
「世界で一番醜い女性」と呼ばれた彼女は、今や勇敢にTEDにも出演されスピーキングしています!

▲2013年12月にテキサス州オースティンで開催された「TED X」で大衆を前にスピーチを行いました。

幼少期から今に至るまでを赤裸々に、ときにユーモアを交えながら話すその言葉の一つ一つにはとても説得力がありました。

(※字幕が表示されない場合は「字幕on」にしてご覧下さい)

自分の中に幸せを見出し、自分の人生を自らコントロールするようになれば、いじめる側の者達は常に負けるのだ、と彼女は言い放ちました!

 私の話を聞いてくれる人がいる限り、私はいくらでも出かけて行って話しますよ。

私の母が、ファイティングスピリットを私に教えてくれたおかげで、

皆さんの前で、胸を張って話す事が出来るんです。

1000人の前で講演をしていても、

そこに来た、たった1人の絶望した人を勇気づけることが出来るならそれでいいんです。

私にとって、その1人を助ける事が重要なんです。

病気や壮絶ないじめの体験など、自分の事をありのままに打ち明けました。

YouTubeにアップしたところ、爆発的にヒット!

彼女のYouTubeチャンネルのフォロワー数は、30万人以上にまで膨れ上がったのだ。

こうして、リジーは同じような悩みを経験をしている多くの若者に勇気を与え、

孤独を乗り越えた彼女のメッセージは、世界中の人々の心の支えになった。
 
「世界で一番醜い女」として笑われた彼女は、

今や、逆に世界で一番美しい強い心と称賛される様になりました。


医者たちも「彼女の前向きな気持ちが、彼女の人生を支えている」と語り、
「彼女が生きている事、それだけでも奇跡だ」と称賛しています。

2年前には、体内で血液が生成されない状態に陥り、血液の半分を輸血で補ったリジーさんだが、今まで自分の体の事で、ヤケになった事は、一度も無いという。

「病気は祝福すべきもの。

 病気は私に、人生の大切さを教えてくれる。」

 

と、あくまで前向きです!

ある記者が彼女に、

「貴方の病気は、長く生きても20代後半までしか生きられず、

 しかも残念ながら、

 治療する方法は、現在の医療では見つかっていないそうですよ。」

と言うと彼女は、

「That’s OK!」(それでもいいわ)

それでも、私は幸せです。左目はまだ少し見えるのよ。

それに、髪も綺麗でしょ。 と、微笑んだ。

 彼女はいつも、スピーチの最後は、皆にこう語っている。

“If I live my life the way I do,

  you can do it too, no matter what.”

 

こんな私でも、生きているのだから、
貴方だって、大丈夫。 何でも出来るのよ。

私をからかったり、いじめたり、醜いと言ったり、怪物だと言った人たちに良い意味で変わった私を見せつけるんです。

ネガティブな言葉をかけられたら私はそれらを逆手にとって、それらをはしごに見立てて、目標へと登っていくんです。

それが私がしてきた方法です。

利用するんです。否定的な意見を力に変えるんです。

人生を良くするために使ってやるんです。
そうしたら絶対に打ち勝つことが出来ます。絶対にです。絶対にできると約束します。

出典 http://youtu.be

人を勇気づけられる講演者になること、本を書くこと、大学を卒業して家族とキャリアを持つこと目標にして生きてきたという彼女。

それらを叶えるために、「あなたにはできない」と言った人たちの否定の言葉を燃料にして、彼女は心の火を燃やし続けました。

その結果、家族を持つことというのはまだ先になるかもしれないが、その他は達成したと話すリジーさんの姿がとても誇らしく見えました。

占い師のがや博史さんの記事も添付させていただいています。
ありがとうございます。

タロットチャネリングでリジー・ベラスケスさんの人物像をチャネる!


リジー・ベラスケスさんは
カップの9」正位置です!

カップの9

満足する結果を得られます。多くの喜びを手にし、心も満たされます。

満足とは他人と提供しあい、交換することで得られるものです。

他人を満足させることができれば自分も満足できます。

自分の持っているもの、置かれている立場を有効活用して相手を満たしましょう。その結果自分も満足できます。

相手のニーズを知り、提供することができれば大成します。

リジー・ベラスケスさんへのタロットチャネリングメッセージ

カップの9は願いが叶うカードと言われています!リジーさんは自分がどんな状況でも幸せを感じることが出来るスピリットがあり、世界中の人々に力を与えているのです!
素晴らしい使命を達成されました!

今後ももっともっとリジーさんが活躍する場が広がってくるでしょう。
人を勇気づけられる講演者になること、本を書くこと、大学を卒業して家族とキャリアを持つこと目標にして生きてきたというリジーさんですが、全て叶えれる事が出来ました!今後彼女を支える大切な人があらわれるとチャネる!

タロットチャネラーMagicalの勝手にチャネリングニュースラボでした!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

下記のタロットチャネリング記事もよろしくです!

スポンサーリンク

 - 波乱万丈, 病気